ヒトサラマガジンとは RSS

自然豊かな癒しの地、東京・立川で「適地適作」の食材を楽しむ|【DAICHINO RESTAURANT】

新宿から電車で25分ほど、自然豊かな立川にある「ソラノホテル」内のメインダイニング【DAICHINO RESTAURANT(ダイチノレストラン)】。フレンチを専門とする総料理長の竹田氏と、日本料理の名店で修業を重ねた料理長の福原氏が食のジャンルにとらわれず、和食を軸に様々な国のエッセンスを掛け合わせた料理を提供しています。

ダイチノレストランのスペシャリテ

自然を眺望しながら癒しの時間を過ごせる「ソラノホテル」内レストラン

立川駅から徒歩8分の場所にある「ソラノホテル」。その1階にあるレストランが【DAICHINO RESTAURANT】です。店内は一面ガラス張りになった開放的な造り。ライブ感溢れるオープンキッチンが見えるテーブル席や、自然を眺望できるテラス席など、その時々のシーンに合わせて、自然豊かな風景と広々とした空間で癒しのひとときを楽しめます。

    ダイチノレストランの店内

    昭和記念公園のパークビューを一望できるテラス席

同店がある立川は、地元のみならず、多摩地域、更に秩父、甲信地方など豊かな産地に近い場所にあります。こうしたローカルの魅力をダイニングを通して感じ、楽しんでいただくために、シェフたちが食材選びにおいて最も大事にしているのは「適地適作」です。「その土地土地の、気候や土壌などの自然環境に最も適した作物を選んで栽培する。そういった食材が一番おいしいのでは?」という考え方です。そこで食材は、立川をはじめ秩父、甲信地方などの近隣地域で栽培された野菜などを使用。旬の素材を新鮮な状態で提供できることこそ、この店ならではの魅力です。安心して楽しんでもらえるよう、レストラン内に設けられているセラールームでは、料理に使われる多くの食材がディスプレイされています。

    ダイチノレストランの素材

    近隣地域で栽培された色とりどりの野菜

「適地適作」でつくられた旬の素材が持つ魅力を存分に

フレンチを専門とする総料理長の竹田氏と、日本料理の名店で修業を重ねた料理長の福原氏がタッグを組みつくり出すのは、季節ごとの旬の味わい。「適地適作」で生み出された素材の持つ本来のおいしさが一番味わえる調理法にこだわった一皿を提供しています。

30種類以上の色鮮やかな旬の野菜を味わえる『大地のサラダ』

    ダイチノレストランのスペシャリテ

    季節の野菜がたっぷり

「適地適作」で生み出された旬の野菜を30種類以上も使用。炊いたり、揚げたり、グリルするなど、素材の味が活きるよう調理された野菜は、旨み溢れる和風ジュレや、黒オリーブと醤油のパウダーと一緒に味わいます。

様々な旨みが口に広がる『ホワイトアスパラガスの天麩羅 削りたて鰹節とパルミジャーノを掛けて』

    ダイチノレストランのアスパラ料理

    みずみずしいおいしさが口いっぱいに広がります

春からは、じんわり甘味が広がる、柔らかくジューシーなホワイトアスパラガスの天ぷら。そこにパルミジャーノチーズのコクと塩味、指宿産の鰹節の豊かな風味が合わさることで、渾然一体となった旨みが口の中に広がります。

テロワールを追求したお酒をセレクト

    ダイチノレストランのお酒

    料理との相性は抜群

また、料理に合わせるお酒も「適地適作」の考えに沿ってセレクトしています。例えばホテルスタッフも栽培に携わった長野の無農薬米でつくられたオリジナル日本酒「立飛のそら」。きりっとした飲み口と、鼻に抜ける爽やかな香りが特徴です。その他にも、世界各地から仕入れた、大地の味を表現しているワインもお楽しみいただけます。

自然を間近に臨む癒しの地で、大地の力を感じる料理の品々を堪能する時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

料理人プロフィール:竹田 光良さん

    ダイチノレストランのシェフ

    1976年生まれ。大阪あべの辻調理師専門学校卒業後、静岡市のフレンチレストランで修業。その後【銀座レ・ザンジュ】にてフレンチなど幅広いジャンルの料理を学ぶ。2007年、「ザ・リッツ・カールトン東京」のレストランの副料理長に。2013年から「ザ・ウィンザーホテル洞爺 リゾート&スパ」のメインダイニングの料理長として着任し、食材との向き合い方を学んだ後、2018年に「ソラノホテル」総料理長に就任。

料理人プロフィール:福原 義昭さん

    ダイチノレストランのシェフ

    1981年生まれ。【吉兆 嵐山本店】にてキャリアをスタート。10年間にわたり本店にて腕を磨く。その後【吉兆 洞爺湖店】に勤め、2011年に副料理長に就任、「ミシュランガイド北海道」の2つ星獲得に貢献した。2016年、【HANA 吉兆】副料理長に就任。百貨店テナントでの料理開発などを経験。2018 年、「SORANO HOTEL」開業準備室に入社し、【DAICHINO RESTAURANT】料理長に就任。自ら生産者のもとへ赴くなど、食材選びに余念がない。

※店舗情報は取材当時の情報です。最新の情報や営業時間は店舗にご確認ください。

この記事を作った人

ヒトサラ編集部

この記事に関連するエリア・タグ

編集部ピックアップ

週間ランキング(6/26~7/2)

エリアから探す