ヒトサラマガジンとは RSS

更新日:2022.04.14グルメラボ

伝統に新しい感性を吹き込んだ現代のフランス料理|【フランス料理 レ セゾン】新橋・汐留

フランスの三つ星レストラン【レ クレイエール】で料理長を務めたティエリー・ヴォワザン氏がシェフを務める【フランス料理 レ セゾン】。帝国ホテルが誇るメインダイニングとして、新橋・汐留エリアのフレンチを代表する存在です。格別な料理と心地よいサービスが、上質なひとときを演出してくれます。

フランス料理 レ セゾンの内装

重厚感とモダンさを兼ね備えた上質な空間

    フランス料理 レ セゾンのある帝国ホテルロビー

    【フランス料理 レ セゾン】は帝国ホテルが誇るメインダイニング

JR有楽町駅から徒歩5分の地に立つ、帝国ホテル。超一流のレストランが集うホテル内で、随一の品格を誇るメインダイニングが【フランス料理 レ セゾン】です。フランスの伝統に日本らしさを取り入れた、現代のフランス料理が味わえる至福の空間。大切な人との語らいや、素敵な思い出を紡ぐ場にふさわしいお店です。

    フランス料理 レ セゾンの内装

    さまざまなシーンを華やかに演出するモダンな店内

2005年にフランソワ・ル・グリによって内装が一新され、上品な華やかさが光る洗練された空間に。重厚感とモダンさを兼ね備えながらもリラックスできる雰囲気は、接待や記念日など、どんなシーンでも間違いなく特別な時間を演出してくれます。

日本とフランスの食材が見事に融合

フランス・シャンパーニュ地方の三つ星レストラン【レ クレイエール】で料理長を務めたティエリー・ヴォワザン氏が来日し、2005年から【フランス料理 レ セゾン】のシェフに就任。クラシックなレシピをもとに、日本ならではの季節感や食材を融合させ、ここでしか味わえない新しいフランス料理を生み出しています。

その中から、【フランス料理 レ セゾン】を代表する3品をご紹介します!

『鱧とジロール すだち』

    フランス料理 レ セゾンの鱧とジロール すだち

    日本の食材・ハモを使った新感覚の一皿『鱧とジロール すだち』

フランス料理のクラシックな組み合わせ“魚ときのこ”を、日本ならではの食材・ハモで表現した一皿。ハモは日本料理同様に骨切りし、皮目から焼いてふっくらと仕上げています。ハモときのこのだしをベースに、すだちの果汁を加えたほどよい酸味のソースとのハーモニーも絶妙です。(※季節により提供のない時期があります)

『トリュフのパイ包み焼き』

    フランス料理 レ セゾンのトリュフのパイ包み焼き

    ナイフを入れた瞬間立ち上る香りがたまらない『トリュフのパイ包み焼き』

シェフのヴォワザン氏が師事したフランスの三つ星シェフ、ジェラール・ボワイエ氏直伝の贅沢な一品。フォアグラを塗ったトリュフを丸ごとパイで包み、軽く焼き上げています。黒トリュフをたっぷり加えたソースペリグーとともにいただくと、さらに幸せな気分になれるでしょう。ぜひ、アラカルトでご注文を。

『マスのアラミニッツ』

    フランス料理 レ セゾンのマスのアラミニッツ

    富士のマスを使ったオリジナルメニュー『マスのアラミニッツ』

フランス・シャンパーニュ地方の三つ星レストラン【レ クレイエール】のスペシャリテ、『スモークサーモンのアラミニッツ』を日本風にアレンジ。サーモンを富士のマスに置き換え、1分ほどさっと燻してスモークし、キャビアクリーム、みかんのチャツネ、クミンのビネグレッドを添えました。(※季節により提供のない時期があります)

落ち着いた個室で極上のワインを

    フランス料理 レ セゾンのワイン

    13カ国600種類のワインを最高の状態で提供

600種のワインのうち、422種がフランス産。なかでも87銘柄から選べる、シャンパーニュの品揃えは圧巻です。ワインに詳しくなくても、ソムリエが料理や好みに合うワインを提案してくれるのでご安心を。グラス一杯から頼めるので、気軽に相談してください。

    フランス料理 レ セゾンの個室

    どんなシーンでも安心して使える個室も完備

より落ち着いて食事を楽しめるよう、2~12人まで利用できる個室を完備。通常のコースメニューはもちろん、杉本東京料理長が一日一組をもてなすオートクチュールコース「アンティミテ」も開催されます。家族のお祝い事や、大切な接待などにもオススメです。

店名が示す通り、季節感を大切にしている【フランス料理 レ セゾン】。季節ごとの素材がもつおいしさを最大限に引き出すため、トリュフなどフランスから取り寄せるものもあれば、日本ならではの食材を用いることも。600種類を超えるワインと合わせ、これぞフランス料理という極上の味を、存分に堪能してください。

料理人プロフィール:ティエリー・ヴォワザンさん

    フランス料理 レ セゾンのティエリー・ヴォワザン氏

フランス・シャンパーニュ地方の名店【ボワイエ・レ・クレイエール】のオーナー、ジェラール・ボワイエ氏に師事し、その後【レ クレイエール】のシェフに就任。2005年1月より、帝国ホテル 東京【フランス料理 レ セゾン】のシェフを務める。食材の四季を大切にし、卓越したセンスで織り成す料理は高い評価を得ている。

※店舗情報は取材当時の情報です。最新の情報や営業時間は店舗にご確認ください。

この記事を作った人

ヒトサラ編集部

この記事に関連するエリア・タグ

編集部ピックアップ

週間ランキング(5/13~5/19)

エリアから探す