ヒトサラマガジンとは RSS

更新日:2023.03.01デート・会食

ホワイトデーにオススメ!華やかディナーが楽しめるお店5選|東京

麗らかな季節の到来を告げる春のイベント・ホワイトデー。とっておきの時間を過ごしたいなら、非日常感の演出も大切です。そこで今回は、思わず写真が撮りたくなるようなカラフルでキュートなメニューが楽しめるディナー店をセレクト。フレンチから鉄板焼きまで幅広く集めてみました。

ジョンティ アッシュのマカロン

恵比寿【春秋ユラリ】

和洋のエッセンスが光る職人技と四季の恵みが織りなす“新和食”

    春秋ユラリの内観

    穏やかに乱舞する光の粒に包まれる2種類の店内

恵比寿駅西口の目の前に位置する“新和食”のお店【春秋ユラリ】。著名デザイナーが手掛けた店内は、「波紋」と「木漏れ日」2つのモチーフを提案。いずれも唯一無二な上質な癒しの空間を展開しています。さらに個室や半個室も完備。プライベート空間で特別なひとときも過ごせます。

    春秋ユラリの料理

    旬の野菜と鮮魚を盛り合わせた鮮やかなひと品『お造りの盛り合わせ』

和の技法を軸に、洋やエスニック等のエッセンスを大胆に取り入れた「素材の料理」がコンセプト。新鮮な海の幸や季節の野菜が競演する『お造りの盛り合わせ』をはじめ、料理人自らが山地に足を運んで探し求めた一品が味わえます。旬素材の魅力を『ディナーコース』で堪能して。

白金台【ジョンティ アッシュ】

上質空間に包まれて味わう、型にはまらない自由な絶品フレンチ

    ジョンティ アッシュの内観

    個室にはソファが置かれ、寛ぎのひとときを演出します

白金台駅の近く、プラチナ通りにしっとりと馴染むフレンチレストラン【ジョンティ アッシュ】。店内はモノトーンの落ち着いた内装で、8名までの個室も完備。昼は注ぎ込む爽やかな陽光を感じながら、夜はムーディーな雰囲気の中、絶品のフレンチディナーを心ゆくまで堪能できます。特別な日にふさわしい一軒です。

    ジョンティ アッシュのデザート

    旬のイチゴが主役の春らしいキュートなデザート

『北京ダックの技法で焼き上げた銀の鴨』といった、国産のみならず世界の旬食材を遊び心あふれるメニューを提供。フランス料理の技法をベースに、素材の魅力を活かした逸品が味わえます。静岡県袋井市ベリーベリー園中島さんの『イチゴのマカロン』などの個性豊かなデザートも自慢です。

表参道【丑花】

個室の鉄板焼きでドラマチック・ダイニングを独り占め

    丑花の内観

    全個室に配された鉄板でシェフが腕をふるいます

表参道駅から徒歩10分の南青山にある鉄板焼肉のお店【丑花】。黒とゴールドを基調にしたモダンな店内は全席個室に鉄板焼台を併設しているので、鉄板焼きの醍醐味であるシェフの手さばきを、プライベート空間で目の当たりにすることができます。都会の喧騒を忘れる贅沢なひとときを堪能できます。

    丑花の花束のウフブルイエ

    食用花を巧みにあしらった色彩豊かな一品も見逃せません

神戸牛を始め、仙台牛、宮崎牛などの全国各地の厳選された最上級和牛が鉄板焼きをはじめ、お寿司、タタキで楽しめます。鉄板焼きはもちろん、丁寧に引いただしのジュレに厳選の海の幸を重ねた料理長スペシャリテ『花束のウフブルイエ』など、華やかなメニューもテーブルを彩ります。

明治神宮前【ラ・グランド・メゾン JINGUMAE TOKYO】

新たなフレンチを提供する、緑に包まれた都会のオアシス

    ラ・グランド・メゾン JINGUMAE TOKYOの内観

    大きな窓から緑が見晴らせるダイニング

明治神宮前駅から明治通りを進んだ閑静な一角にあるフレンチレストラン【ラ・グランド・メゾン JINGUMAE TOKYO】。自然環境に優しい佇まいをコンセプトにしたダイニングは、窓から見える緑に溶け込むような北欧風の空間。自然が望める半個室もあり、メンバーに合わせて使い分けることができます。

    ラ・グランド・メゾン JINGUMAE TOKYOの料理

    人参とは思えない!フラワーアレンジメントのような一品

持続可能なガストロノミーを発信し、食の未来に「より良い食べ方」を探究。例えば、4種類の人参それぞれに相性の良いピューレを合わせ、キャビアの塩気で野菜の甘みを引き出す『根菜の花とキャビア』といった、食材を余すところなく表現した体に優しいフレンチが味わえます。

代々木公園【PATH】

シェフとシェフパティシエの二人が生み出す、渾身の一期一会の料理

    PATHの内観

    店の外から見ても存在感を誇るカウンター席をはじめ、センス溢れる店内

駅から徒歩4分。緑豊かな代々木公園近くにある【PATH】は、朝は極上モーニングが味わえるカジュアルなカフェ風、夕方からはネオビストロやワインバーのように、時間帯に応じて多彩な顔を見せる個性的な一軒。自然光が差し込むカウンターや奥のテーブル席で、自在に楽しむことができます。

    PATHのデザート

    トラディショナルなアップルパイと斬新なアイスがひと皿に

渋谷の【ビストロ ロジウラ】を育て上げた原さんと、フランスの三つ星レストラン【トロワグロ】で腕を振るっていたパティシエの後藤さんが共同でオープン。独創的な料理はもちろん、『ホットアップルパイとスパイスアイス』といった、ディナーの締めを飾る“食後”ならではのデザートも人気です。

※店舗情報は取材当時の情報です。最新の情報や営業時間は店舗にご確認ください。

この記事を作った人

ヒトサラ編集部

この記事に関連するエリア・タグ

編集部ピックアップ

週間ランキング(5/20~5/26)

エリアから探す