ヒトサラマガジンとは RSS

蓋を開くとスモークがあふれる八寸や「美桜鶏」の水炊きを味わうくずし割烹|東京・飯田橋【縁楽】

JR飯田橋駅から徒歩5分の好アクセスで、しっとりと落ち着いた風情が漂う、古民家風和食店【縁楽】。日本料理店で海鮮料理を学び、銀座の水炊き専門店、神楽坂のチーズ&ワインのビストロを経て料理長を務める高橋護さんが腕を振るう、独創的な割烹料理が味わえます。

縁楽のお造り盛り合わせ

飯田橋駅から徒歩5分。風情あふれる古民家

    縁楽の外観

    やわらかな書体で【縁楽】と書かれた看板が目印

JR総武線・飯田橋駅から徒歩5分のしっとりと落ち着いた風情が漂う、古民家風のお店が【縁楽】です。日本料理店で海鮮料理を学び、銀座の水炊き専門店、神楽坂のチーズ&ワインのビストロを経て料理長を務める高橋護さんが腕を振るう、独創的な割烹料理が味わえます。

    縁楽のテーブル席

    落ち着きと温かみを感じられるテーブル席

和を基調とした古民家風店内は、1階に肩肘張らずにくつろげるカウンター席、2階には、屋根裏風のゆったりとした座敷を設けた、遊び心あふれる空間になっています。ランチタイムはママ会に、ディナータイムは大人の女子会の会場としても人気です。

健康を第一に育てられた鶏を、濃厚スープの水炊きに

    縁楽のお造り盛り合わせ

    瞬間燻製を行い、蓋を開けると香りが広がる『本日のお造り盛り合わせ』

ゲストを視覚からも魅了する、オリジナリティの高い和食は、サプライズ演出も楽しみのひとつ。目で楽しみ、旬のおいしさを舌で味わえます。なかでもオススメは、「健康な鶏こそ、食べて美味しい」というコンセプトのもと、鶏の健康を第一に考えて生み出されたブランド鶏「美桜鶏」の水炊きです。その濃厚なスープと共に、やわらかな肉と野菜を堪能した後に、〆の雑炊か鶏そばを満喫できます。

ここからはその中でも、お店オススメのメニュー3つをご紹介します。

『鶏そば』

    縁楽の鶏そば

    美桜鶏を8時間以上じっくりと煮込み、鶏の旨味を凝縮して造られる絶品料理『鶏そば』1,000円(税込)

和食店ならではの技法を使って、「美桜鶏」を8時間以上じっくり煮込んでつくられたスープが味の決め手に。鶏の旨みが凝縮されたスープを麺に絡ませて味わえます。

『美桜鶏の水炊き』

    縁楽の美桜鶏の水炊き

    やわらかくジューシーな「美桜鶏」を、新鮮野菜と味わう『美桜鶏の水炊き』1,980円(税込・2人前~)

南アルプス連峰の大自然の恵みを受け、ノンストレスで育てられた「美桜鶏」はやわらかくジューシー。新鮮な野菜と一緒に7時間以上煮込むことで、旨みが溶け込んだ濃厚スープは箸が止まらなくなるおいしさ。

『季節の八寸』

    縁楽の八寸

    旬のメニューを木箱にたっぷりと詰めた『季節の八寸』1,200円(税込・チャージ料金込み。※チャージ料金 お造り付きは660円税込)

木箱の中に小皿が並んで登場! いろいろ食べられるのが楽しい『季節の八寸』は、燻製数の子とクリームチーズ、ポテトサラダ 鮪の酒盗のせ、切り干し大根のオレンジ煮など、季節によって異なる皿が集結。訪れるたび、新たな味わいに出会えます。

非日常感たっぷりな屋根裏の座敷席も

    縁楽の2階座敷席

    2階の屋根裏座敷席は、非日常感漂う大人の隠れ家

2階屋根裏の座敷席は、控えめな明るさの照明の中、しっとりとくつろげる空間。落ち着いた雰囲気の中で、ゆっくりと会話に集中できるので、“ここぞという勝負のかかった接待”やデートにもおすすめです。

料理人プロフィール:高橋 護(タカハシ マモル)さん

    縁楽の高橋料理長

    1986年、新潟県生まれ。民宿を営む家に生まれ、料理や接客業を身近な仕事として育ち、「北陸学園」へ進学して調理師免許を取得。上京後は、会席・炭火焼料理の【うかい鳥山】へ入社を決める。その後、日本料理の【葉山 日影茶屋】で海鮮料理を学び、銀座の水炊き専門店へ。神楽坂にあるチーズ&ワインのビストロ【Bonheur】では料理長を経験。2019年12月、【縁楽】では店長としても活躍している。

※店舗情報は取材当時の情報です。最新の情報や営業時間は店舗にご確認ください。

この記事を作った人

ヒトサラ編集部

この記事に関連するエリア・タグ

編集部ピックアップ

週間ランキング(5/16~5/22)

エリアから探す