ヒトサラマガジンとは RSS

更新日:2023.08.09食トレンド

新千歳空港で行列ができる人気寿司店が東京初進出! JR東京駅構内・黒塀横丁【札幌魚河岸 五十七番寿し 東京駅店】

2023年8月4日(金)、北海道の札幌市中央卸売市場水産仲卸として立ち喰い寿司店【札幌魚河岸 五十七番寿し】を運営する札幌シーフーズ株式会社が、【札幌魚河岸 五十七番寿し 東京駅店】を東京駅直結の商業施設「グランスタ八重北」の黒塀横丁にオープン。ブランド2号店目となり、東京初進出です。

新千歳空港で行列ができる人気寿司店が東京初進出! JR東京駅構内・黒塀横丁【札幌魚河岸 五十七番寿し 東京駅店】

仲卸が営む、新千歳空港で行列ができる寿司店が東京初進出!

2011年にオープンした新千歳空港の立ち食い寿司店【札幌魚河岸 五十七番寿し】 は、連日行列が途切れない人気のお店。「お客様から北海道以外への出店のリクエストが多かった」そうで、職人の育成などの出店準備に5年の歳月をかけ、今回東京駅にオープンしました。

    東京駅構内にある商業施設「グランスタ八重北」(B1F)の黒塀横丁内に誕生

    東京駅構内にある商業施設「グランスタ八重北」(B1F)の黒塀横丁内に誕生

店内には、寿司を楽しむカウンター席と、お酒や一品料理をゆったりと堪能できるテーブル席を配置。テーブル席限定のメニューもあり、シーンに合わせて楽しめます。また、80インチの巨大モニターや席ごとにタッチパネルを設置し、生産者の顔や想い、トレーサビリティなど料理以外のコンテンツからも北海道の魅力を伝えています。

    カウンターの後ろには80インチの巨大モニターが。こちらでは北海道の雄大な景色が映しされます

    カウンターの後ろには80インチの巨大モニターが。こちらでは北海道の雄大な景色が映しされます

気になるネタは、仲卸としてのノウハウを活かし、早朝にセリで仕入れた鮮魚を空輸で北海道から直送。当日の夕方または翌日の朝には店舗に到着するので、鮮度維持が難しく東京では流通が少ないサクラマス(桜鱒)やケイジ(鮭児)なども楽しめます。

また、寿司には赤酢のシャリを使用し、自家製の煮切り醤油やヒマラヤ岩塩で味わうなど、50種類以上ラインナップ。名物の『炙りきんき』は、表面を香ばしく炙り、旨みが凝縮した脂とシャリのハーモニーが絶妙な一品。漁獲量の少なさから希少性が高く、幻のえびと称される『ぶどうえび』や『ほっけ』などもラインナップ。脂の乗りがよく、柔らかな肉質のきんきを1尾丸ごと提供する『きんきの煮付け』は、秘伝のタレで甘めに煮付けたお酒が進む絶品です。

『炙りきんき』1,200円

    炙りで引き出された香ばしさと旨味が凝縮した脂がシャリと合わさり抜群の美味しさ。岩塩とすだちが絶妙なアクセントです。

    炙りで引き出された香ばしさと旨味が凝縮した脂がシャリと合わさり抜群の美味しさ。岩塩とすだちが絶妙なアクセントです。

『いくら』500円

    たしかな目利きでその日の良いものを仕入れ、新鮮なうちに自社工場で作り上げているからこその一品。噛むたびに濃厚な味わいと弾ける食感を楽しめます。

    たしかな目利きでその日の良いものを仕入れ、新鮮なうちに自社工場で作り上げているからこその一品。噛むたびに濃厚な味わいと弾ける食感を楽しめます。

『ほっけ』450円

    鮮度が良いからこそ生で食べられるほっけは、旨味が濃く、甘みを味わえる一皿です。

    鮮度が良いからこそ生で食べられるほっけは、旨味が濃く、甘みを味わえる一皿です。

『けいじ』3,500円

    数万に1 匹の割合でしか獲れない希少な魚。通常の鮭より脂肪の割合が多いので、トロのようなとろける味わい。

    数万に1 匹の割合でしか獲れない希少な魚。通常の鮭より脂肪の割合が多いので、トロのようなとろける味わい。

『むらさきうに』(夏季限定)1,100円

    夏が旬のムラサキウニは、上品な旨みや甘みとしっかりとしたコクが楽しめます。

    夏が旬のムラサキウニは、上品な旨みや甘みとしっかりとしたコクが楽しめます。

『北の宝石箱軍艦』500円

    食感を活かして味付けた鮑、ごろっとした数の子、自社製造のいくら、函館近郊のいかと昆布を丹精込めて漬け込んだ北の宝石箱。

    食感を活かして味付けた鮑、ごろっとした数の子、自社製造のいくら、函館近郊のいかと昆布を丹精込めて漬け込んだ北の宝石箱。

『きんきの煮付け』 15,800円

    秘伝のタレで甘めに煮付けた一品。

    秘伝のタレで甘めに煮付けた一品。

2号店の限定メニューには、ジューシーな味わいの『煮ほっき』、かにと濃厚なかにみそソースと酢飯という和と洋を融合させた『毛蟹リゾット』を用意。その他にも、紅ズワイガニを45%配合の『カニクリームコロッケ』などの一品料理や、北海道産の生クリームや卵、砂糖にこだわった『北海道カタラーナ』、『〆パフェ』など、北海道の自社工場で作るメニューも豊富にラインナップ。

『煮ほっき』(東京駅店限定)550円

    雪解け水の栄養豊富なプランクトンを摂取する春は身が厚くなり、ジューシーな味わいが楽しめます。

    雪解け水の栄養豊富なプランクトンを摂取する春は身が厚くなり、ジューシーな味わいが楽しめます。

『毛蟹リゾット』(東京駅店限定)1,200円

    寿司の和とリゾットの洋を融合。かにみそソース・かに・酢飯が合わさった濃厚な味わいです。

    寿司の和とリゾットの洋を融合。かにみそソース・かに・酢飯が合わさった濃厚な味わいです。

『カニクリームコロッケ』500円

    紅ズワイガニを45%も配合したクリーミーで濃厚な味わい。

    紅ズワイガニを45%も配合したクリーミーで濃厚な味わい。

『北海道カタラーナ』550円

    凍ったアイスと焦がしカラメルの香ばしさがお口に広がる新食感のプリン。北海道産の卵と砂糖、北海道十勝産生クリームを使用しています。

    凍ったアイスと焦がしカラメルの香ばしさがお口に広がる新食感のプリン。北海道産の卵と砂糖、北海道十勝産生クリームを使用しています。

『〆パフェ』680円

    北海道の食のカルチャーとして根付く〆パフェは、濃厚なクリームの味わいとフルーツが楽しめる一品。

    北海道の食のカルチャーとして根付く〆パフェは、濃厚なクリームの味わいとフルーツが楽しめる一品。

東京にいながら、北海道の鮮魚や、サクラマスやケイジといったレアなネタまでいただける【札幌魚河岸 五十七番寿し 東京駅店】。仲卸が営む鮮度抜群の寿司をぜひ。

この記事を作った人

ヒトサラ編集部

この記事に関連するエリア・タグ

編集部ピックアップ

週間ランキング(5/11~5/17)

エリアから探す