ヒトサラマガジンとは RSS

更新日:2023.09.23旅グルメ

香り高い秋の風物詩、松茸を堪能できるお店5選|京都

食欲の秋を代表する食材の一つが松茸。リッチな香りと食感、味わいは、秋の味覚の王様といっても過言ではありません。今回は京都で、さまざまな和の松茸メニューが味わえるお店を5つご紹介。これからの季節ならではの豊かな食と、京の風情を楽しめますよ。

よこ林の松茸土瓶蒸し

祇園四条【祇園 にしかわ】

京料理界の精鋭が提供する旬の食材を使った絶品コース

    祇園 にしかわの朴葉味噌焼き

    秋には松茸も味わえる『朴葉味噌焼き』

祇園四条駅から徒歩15分。打ち水の路地の先に店を構えているのが【祇園 にしかわ】です。店主は京都の名店で修業後、若くして独立。1年でミシュランに掲載されるという俊英です。こちらでは「少しずついろいろな味を楽しんでいただきたい」という思いから、その日の仕入れで献立を決定。季節ごとに、さまざまな食材を堪能できます。

    祇園 にしかわの店内

    自然光と柔らかな照明がくつろぎの時間を演出

木をふんだんに使用した店内には、円山派の絵師、長沢芹雪の白象図と北欧のアンティークを組み合わせるなど、ここだけの空間が広がっています。カウンターではシェフが調理する様子を見られるほか、坪庭を眺めながらの食事が楽しめる個室など、特別な時間を過ごすのにぴったりなつくりになっています。

祇園四条【にくの匠三芳】

祇園の夜を華やかに演出する極上の和牛懐石

    にくの匠三芳の松茸のしぐれ煮と銀杏の飯蒸し

    コースの前半に登場する『松茸のしぐれ煮と銀杏の飯蒸し』

祇園四条駅から徒歩6分の場所に店を構える【にくの匠三芳】。極上の和牛会席が味わえる肉割烹として人気を集めています。和牛づくしの懐石料理は、牛肉を堪能できるのはもちろん、季節の食材との組み合わせも見事。松茸を使ったメニューは、サーロイン、銀杏といっしょに楽しめる飯蒸しや椀物などが用意されています。

    にくの匠三芳の店内

    テーブル席は会食や接待にも最適

落ち着いた雰囲気の店内には、カウンター席と黒いレザーの椅子を使ったテーブル席を用意。控えめな照明でゆったりと極上の牛肉、季節の食材を楽しむことができます。コースにはステーキなどのほかにご飯、デザートまで含まれているので、しっかりと満足できること請け合い。食事会や接待にもオススメです。

祇園四条【よこ林】

日本の四季を感じる食材をふんだんに使った料理に舌鼓

    よこ林の松茸土瓶蒸し

    松茸の味、香りを堪能できる『松茸土瓶蒸し』は人気の一品

祇園四条駅から徒歩2分というアクセス抜群の場所にある【よこ林】。京都の料亭で腕を磨いたシェフが、四季折々の食材を使ったさまざまなメニューで楽しませてくれます。人気の『松茸土瓶蒸し』は、価格を抑えるため基本的には厳選した外国産の松茸を使用しているものの、事前にオーダーすれば時価で国産の用意も可能。秋の味わいを堪能できます。

    よこ林の店内

    ほっこり落ち着けるカウンターでおいしい料理を存分に楽しめる

京都らしく落ち着いた雰囲気のエントランスから店内へ。ゆったりとしたつくりのカウンター席は、一人でじっくり料理とお酒を楽しめるのはもちろん、デートでの利用もオススメです。ほかに掘りごたつ式の座席も用意されていて、こちらは気のおけない仲間との食事会などにもぴったりです。

清水五条【佳肴 岡もと】

店主厳選の酒と旬の食材を使った“おまかせ”のマリアージュ

    佳肴 岡もとの鱧と松茸の煮物椀

    だしのうまさと松茸が見事に調和する『鱧と松茸の煮物碗』

清水五条駅から徒歩15分。カウンター8席の割烹スタイルで営業している【佳肴 岡もと】でいただけるのは、店主厳選の酒とのマリアージュがたまらない全10品ほどの『おまかせ』のみ。『八寸』をできたてで1品ずつ提供するなど、酒好きの琴線に触れる料理の数々が評判を呼んでいます。

    佳肴 岡もとの店内

    店主との会話が食事をよりおいしくさせるカウンター席

東大路通から渋谷通を東へ。お店へは落ち着いた弁柄色を目印に。暖簾をくぐり店内へ入れば、桜の木を使ったカウンター席が迎えてくれます。店主との会話を楽しみながら、テンポよく提供される料理は絶品。全国から厳選した約50種の日本酒と合わせて、格別な時間を過ごすことができます。

祇園四条【ぎをん天婦羅 天宗】

旬の食材を使った極上の揚げたて天ぷらを祇園で味わう

    ぎをん天婦羅 天宗の鱧と松茸

    期間限定、夜のコースのみで味わえる『鱧と松茸』

祇園四条駅から徒歩3分の場所にある【ぎをん天婦羅 天宗】。こちらでいただけるのは天ぷら10品〜のコースのみ。賀茂なすなどの京野菜、瀬戸内産の穴子、さらにマスカットとクリームチーズを合わせるなど、定番から個性派まで、さまざまな味で楽しませてくれます。7月初旬から10月中旬、夜のコースのみで提供される『鱧と松茸』は必食!

    ぎをん天婦羅 天宗の店内

    2フロアある店内。1階席は吹き抜けの開放的な空間

1階のL字型カウンター席は吹き抜けになっていて開放感抜群。2階には要予約でディナータイムのみ貸し切りも可能な完全個室も用意されています。こちらは昼、夜ともにサービス料なしというのもうれしい限り。祇園ならではのリッチな時間を気軽に楽しむことができます。

※店舗情報は取材当時の情報です。最新の情報や営業時間は店舗にご確認ください。

この記事を作った人

ヒトサラ編集部

この記事に関連するエリア・タグ

編集部ピックアップ

週間ランキング(6/13~6/19)

エリアから探す