ヒトサラマガジンとは RSS

更新日:2024.03.08グルメラボ

そうめん発祥の地・奈良のそうめんが堪能できるソーメン・キュイジーヌ・ダイニング【ON TOKYO】

奈良のそうめんを東京でも満喫できるのが貴重な【ON TOKYO】。麺選びや茹で方にもこだわった喉越しのいいそうめんは、関西風のだしで仕上げ。肩肘張らないカジュアルな空間で、選りすぐりのワインや日本酒と共に楽しめるのが新鮮! ぜひアレンジメニューも堪能を。

ONTOKYOメインメニュー

ほどよくカジュアルな洗練された空間が居心地いい

    ONTOKYOの外観

    屋号と共に記された「SOMEN CUISINE」の響きが新鮮

中目黒駅から徒歩3分。桜並木から路地に入ったところにある【ON TOKYO】は、奈良のそうめんが主役という珍しいコンセプト。一人でも気軽に立ち寄りやすく、テーブル間の通路がゆったりとしているので、ベビーカーのあるファミリー層にもオススメです。

    ONTOKYOの内観

    カウンター席もあり、ゆったりとした空間なので心からくつろげる

和モダンなインテリアが上品な店内には、サスティナブルな家具も配されています。キッチンに面したカウンター席や、落ち着いて会話の楽しめるテーブル席がある心地のいい雰囲気の中、多彩なそうめんメニューが満喫できそう。店内の一角にはそうめんの物販もあるのでお土産にするのもよさそうです。

ほっと和める関西風のだしがそうめんと相性抜群

そうめん本来の味を追求するため、三輪山勝製麺の油不使用の麺を使用。関西風のだしがそうめんと好相性で、ほっこりと温かい気分に。やまと牛ややまとポークといった、奈良のお肉、季節の魚なども必見。単品メニューのほか、旬の食材を盛り込んだ創作料理のコースも用意されています。

その中でも、お店オススメのメニューを3品紹介します。

『釜揚げオンめん(平めん)』

    ONTOKYOの料理3

    釜揚げならではの平麺の食感を満喫できます

釜揚げした熱々の平麺をダイレクトに楽しめるメニュー。特製のだしとごまダレの2種類で、味を変えながら楽しめます。シンプルだからこそ、麺の食感をじっくりと味わえます。

『やまとポーク 旨出汁つけめん(全粒粉めん)』

    ONTOKYOの料理2

    豚肉の旨みが溶け込んだ温かいつけ出汁に大満足

温かいつけだしでサッと炊いたやまとポークの甘さが引き立つつけだしが味わい深い。生姜を効かせただしに加えて、白髪ネギとあらびき胡椒がアクセントとなり、全粒粉を使った麺の魅力が引き出される一杯。

『スパイシーカレーめん(平めん)』

    ONTOKYOの料理1

    スパイス遣いと平麺ならではの食感が楽しめる

丁寧に引き出しただしに、十数種類ものスパイスを配合したカレースープが魅力。具材には、自然あふれる奈良で指定生産農家が飼育した「やまと牛」がごろり。スープ、牛肉、そして平麺の喉越しが三位一体に。

接待や祝いの席にぴったりの個室は8名まで利用OK

    ONTOKYOの個室

    窓を大きくとった採光が心地いい個室席

6名用の完全個室があり、8名までの利用が可能。周囲を気にせず会話を楽しみたいときには、事前に予約してみては。ディナーにはおまかせコースがあるので、接待やお祝いの席など、さまざまな集まりにも利用できます。中目黒で貴重な個室は重宝するはず。

そうめんが生まれた奈良の麺と、関西風のほっとするだしに癒やされるはず。その日の気分によって、シンプルに麺が楽しめるメニューを選んだり、スパイスを効かせた一品など創作性のあるメニューを選んだり。工夫の凝らされたそうめんの、新しい魅力に出合いに訪れてみませんか。

料理人プロフィール:松野 弘さん

    ONTOKYOの料理人

    1961年、大分県生まれ。海、山の幸に恵まれた環境で料理に関心をもつ。調理師専門学校を卒業後、日本料理の名店【吉兆】で研鑽を積む。その後栄養学や療養食の分野も経験し、某有名ホテルでは副料理長を担当。「人の心や体を形成するのは食。口に入れるものには安心できるものを」という思いを軸に【ON TOKYO】で腕を振るう。

※店舗情報は取材当時の情報です。最新の情報や営業時間は店舗にご確認ください。

この記事を作った人

ヒトサラマガジン編集部

この記事に関連するエリア・タグ

編集部ピックアップ

週間ランキング(7/14~7/20)

エリアから探す