ヒトサラマガジンとは RSS

更新日:2018.09.27食トレンド 連載

今しかない! 絶対に行くべき築地場内のグルメ厳選3軒

ついに移転してしまう築地市場。築地場内でグルメが楽しめるのは2018年10月6日までです。人気のお店も多いので、どこに行けばいいのか迷ってしまう……なんて時間はもうありません! ヒトサラマガジンでは、ここに行けば間違いない、厳選した3店舗をご紹介します。

アプリで見る

チャーシューエッグを逃すな!
【とんかつ八千代】

    たっぷりのボリュームは、働く人たちにスタミナをつけてもらいたいという真心から。艶やかに炊きあげたご飯も大盛りです

市場で働く人たちはもちろん、その味を求めて遠方から訪れる人も多い老舗【とんかつ八千代】。店名に「とんかつ」とありますが、ここの名物はフライ。中でもアジフライは、ふんわりサクサクで人気のメニューです。

    旬の魚介を贅沢に盛り合わせた『ミックスフライ定食』。見た目はボリューミーですが、衣が軽やかでペロリと食べられます

そして、なんと言っても絶対に食べておきたいのが、火・木・土曜日限定の『チャーシューエッグ定食』。これをめがけて来る人も多いので、該当曜日は行列必須です。遅くとも7時台には並んでおかないと、売り切れてしまう可能性が高いので、お早目に。

    曜日限定の『チャーシューエッグ定食』。目玉焼き2つの上に、チャーシューが3枚も乗った、まさにスタミナ飯です

場内一の人気! 行列すぎる名店
【寿司大】

    『おまかせ』で最初に握ってくれる『大トロ』。お腹が減っているからこそ、はじめはガツンと味のあるネタで

【寿司大】は、言わずと知れた場内一の行列店。カウンターわずか13席の店に、3~4時間待つことも珍しくありません。そこまでして人々が並ぶのは、たった4,000円で極上の寿司が楽しめてしまう『おまかせ』を求めて。築地場内にあるので、魚の鮮度は言わずもがなです!

    ネタの味を考慮し、緩急をつけて握る『おまかせ』は4,000円。お腹も財布も大満足です

『おまかせ』には、寿司10貫と巻物、玉子、さらに〆に好みを選べる一貫のサービスが付きます。カウンター越しに食べるスピードを見計らい、一貫ずつ握ってくれるおもてなしも、この店が愛される理由のひとつです。

    ネタは産地にこだわらず、旨いと思える旬の魚を厳選。20年以上積み重ねてきた確かな目利きがものをいう

鶏肉ひと筋100余年
【鳥めし 鳥藤】

    大山鶏と奥久慈卵を使ったふわとろの『親子丼』は、玉子ともも肉の食感が絶妙な名物

明治40年創業の鶏肉の卸売り店【鳥藤】が、100年以上もこだわり続ける鶏肉が食べられるのが、【鳥めし 鳥藤】です。中でも『親子丼』は、大山鶏の柔らかくジューシーな肉質を味わえる逸品。奥久慈卵のフワフワで、トロリとした食感、鶏ガラのきいたさっぱりとした割り下の味わいが、鶏肉の旨さを引き立てます。

    鳥取県は大山周辺の天然水などで育てられた大山鶏。脂ののり、食感、旨みのバランスはさすが銘柄鶏

鮮度が命の鶏肉は、毎朝産地から届いた丸鶏を部位ごとに捌きます。ジューシーで柔らかく、クセがないのは、何より鶏肉が新鮮な証拠。絶品の『親子丼』が食べたいなら、【鳥めし 鳥藤】に決まりです!

この記事を作った人

ヒトサラ編集部

この記事に関連するエリア・タグ

人気のタグ

編集部ピックアップ

週間ランキング(12/8~12/14)

エリアから探す