ヒトサラマガジンとは RSS

更新日:2017.08.16食トレンド デート・会食

東京の「かき氷」のおいしい店5選。懐かしさと新発見の「涼」を味わう

夏の風物詩「かき氷」。最近ではインスタ映えする“美ビジュアル”のかき氷がバズるなど、人気はますます加速しています。そこで、この夏ぜひ訪れてほしい旨さと見た目の美しさが抜群のかき氷が楽しめる、東京都内のお店をご紹介します。

アプリで見る

レトロ可愛いかき氷で女性から大人気 日暮里【ひみつ堂】

 レトロな雰囲気漂う谷中エリア。その中で行列が絶えないお店として知られているのが、日暮里にあるかき氷店【ひみつ堂】です。機械で氷を削るお店が多い中、昔ながらの手動式のかき氷機を使用しており、季節によって天然氷の削り方を変えているのだとか。

 季節限定や日替わりメニューも多く、これまでにつくり上げてきたかき氷の総メニュー数は100種を超えています。その中でも、創業以来つくり続けているという『ひみつのいちごみるく』はお店の代名詞。香料を使っていないのにふんわり漂う苺の芳香と少しの酸味、それにたっぷりと入れたミルクの甘さが溶け込んだ、極上のおいしさが堪能できます。

デザートとしてかき氷を提供する高級焼肉店 表参道【よろにく】

 赤坂にある高級焼肉店【よろにく】。お肉が絶品であることは言うまでもありませんが、注目すべきは裏名物のかき氷。専門店のような本格的なおいしさが話題です。

 写真の『ほうじ茶かき氷』は、珍しい茶の色合いが印象的。上に金箔がかかって高級感も漂います。ほうじ茶独特のほろ苦い大人の味わいで、濃いけれど渋すぎない絶妙な加減が人気のひみつ。焼肉の後に食べると口の中がさっぱりし、お口直しにも最適です。他にもミントの葉、苺、キウイが彩りよく飾られていてる、さらさらな食感の『薩摩しろくまかき氷』もおすすめです。

専門店に匹敵する名物かき氷が確かな評判 白金台【石鍋のぐち】

 白金台駅から徒歩7分、閑静な住宅街の真ん中にある一軒家の隠れ家風レストラン【石鍋のぐち】。ごま油が香る石鍋料理のお店として知られていますが、コースで供される夏季限定のデザートメニュー、かき氷にも注目です。

『抹茶あずきかき氷』と『苺ミルクかき氷』の2種類あり、どちらも氷とシロップが山盛りなのが嬉しいところ。自家製苺シロップの程よい酸味と練乳の甘さが絶妙な『苺ミルクかき氷』、抹茶の渋みとあずきのほどよい甘さが融合した『抹茶あずきかき氷』。どちらも単なる食後の〆にとどまることのない、かき氷専門店に匹敵するおいしさです。

日光の天然水と多彩な個性的シロップが魅力 三軒茶屋【和kitchen かんな】

 三軒茶屋駅から徒歩12分、開店と同時に行列を成す和食とかき氷の人気店【和kitchenかんな】。こちらのかき氷には明治27年創業の老舗店、日光松月氷室の天然氷が使用されており、口に入れた途端に溶けてしまうふわふわな食感が評判です。ティラミス、そらまめ、トロッとピーナッツ、みたらし牛乳、劇的すっぱレモンなどなど、他のかき氷店では見られない個性的なメニューが豊富に揃っています。

 苺シロップと幻の苺と呼ばれる和歌山の「まりひめ」がのった『BC(マスカルポーネ、苺、ミルキッシュヨーグルト)』(写真上)。苺シロップは砂糖を加えずに煮詰めた爽やかな味わいで、ヨーグルトシロップとの相性も抜群です。

 また、写真下の『濃厚紫いも牛乳』は和菓子のような上品な甘さが魅力。その和風の味わいとは異なる、インスタ映えする見た目のインパクトも抜群です。定番メニューの他に季節ごとに変る限定メニューも見逃せません。

懐かしい味とカラフルな色合いが魅力 銀座【GRAN BLANC GINZA BEER&GRILL】

 銀座一丁目のビルの屋上で展開されている、お洒落で開放的なNYスタイルのビアガーデン【GRAN BLANC GINZA BEER&GRILL】。銀座からも有楽町からもアクセスがよく、会社帰りにふらっと寄ったり、女子会や会社の飲み会にも最適です。

 こちらでおすすめなのが色鮮やかな『レインボーかき氷』。天然水の氷を使い、ふんわりとした食感に仕上げています。シロップの味はブルーハワイ、メロン、レモン、オレンジ、イチゴの5つで構成されていて、上から下へ食べ進めていくと、酸味のあるレモンから懐かしい甘さのイチゴへと、様々な味の変化を堪能することができます。

かき氷関連記事

この記事を作った人

ブロック

この記事に関連するエリア・タグ

人気のタグ

編集部ピックアップ

週間ランキング(11/18~11/24)

エリアから探す