ヒトサラマガジンとは RSS

更新日:2017.08.17食トレンド

氷池と氷室の守り神「氷室神社」のお膝元、奈良でかき氷食べ歩き~その弐~

2017年5月に行われた奈良のかき氷フェス「ひむろしらゆき祭」。その参加店を奈良で食べ歩きする企画の続編です。2018年2月には全国かき氷選手権も行われ、奈良を訪れる楽しみは寺社巡りだけではなくなりました。

アプリで見る

とろ~りとろけるわらび餅をトッピング【千壽庵吉宗】の『千壽金時』

 若草山の麓にて三代にわたって和菓子をつくり続けてきた老舗「菓匠千壽庵吉宗」。その看板商品といえるのが生わらび餅です。天日干しした自然の甘藷でんぷんと国産本わらび粉を丁寧に練り上げます。半日寝かせて、手作業で生わらび餅を切っていきます。長年、生わらび餅を扱ってきた職人さんたちは手に持っただけで、その出来がわかるといいます。つまり、熟練の職人が納得したものだけが店頭に並ぶのです。

    純水氷を使ったふわふわ氷の食感が楽しい『千壽金時』864円(税込)は、5月〜10月までの販売

 その自慢の生わらび餅をトッピングしたかき氷の真打ちが総本店に併設された【千壽茶寮】の『千壽金時』。直火焙煎でじっくり深く煎り上げた大豆を砕き、皮を取り除いて丁寧に細かく挽いた微粉末きなこが香ばしい風味をプラス。さらに小豆と合わせて炊いた自家製糖蜜のまろやかな甘さが華を添えます。涼やかな生わらび餅のおいしさをそのままかき氷に仕立てた逸品をぜひ味わって。

【千壽茶寮 奈良総本店】

電話:0742-23-3003
住所:奈良県奈良市押上町39-1 菓匠千壽庵吉宗 奈良総本店併設
アクセス:近鉄奈良線「近鉄奈良」駅から徒歩13分
営業時間:10:00~17:00(L.O.16:30)
定休日:水曜

奈良県産イチゴの果肉をしっかり感じる【幡・INOUE】のかき氷

 奈良公園のなかにある開放感あふれるカフェ【幡・INOUE 夢風ひろば 東大寺店】。有機コーヒーやスイーツ、奈良のおばんざいが味わえます。お昼時は一汁五菜のからだ想いランチがおすすめ。

    『いちご練乳』700円(税抜)。シロップと練乳は好みでかけられるよう別添えに。期間:7月〜9月中旬

 こちらで夏のデザートといえば、奈良産食材を活かしたかき氷。なかでもイチオシは『いちご練乳』です。アスカルビーや章姫など奈良県産イチゴの果肉をしっかり残した手作りシロップが、なめらかでふんわりとした氷に馴染んで美味。もちろん、練乳も手作りです。ショップも併設され、奈良のおみやげにぴったりな鹿グッズや雑貨、麻や綿100%の蚊帳生地の素朴な風合いを活かしたアイテムが揃っています。奈良公園を訪れた時にはぜひ、こちらへ。

【幡・INOUE 夢風ひろば 東大寺店】

電話:0742-27-1010
住所:奈良県奈良市春日野町16 夢風ひろば内
アクセス:近鉄奈良線「近鉄奈良」駅から徒歩12分
営業時間:10:00〜18:00 ※かき氷は14:00から提供
定休日:不定休
※「ひむろしらゆき祭2017」には不参加

世界遺産を眺めながら味わう【御菓子司 春日庵】のかき氷は、大和茶の風味たっぷり

 明治30年創業の老舗和菓子店【御菓子司 春日庵】。2016年のリニューアルで新たに設けられた2階の喫茶スペースは、窓から世界遺産の元興寺を望む絶好のロケーションが自慢です。こちらで提供しているかき氷は『抹茶白玉あずき』と『黒蜜きな粉わらび餅』の2種。

    『抹茶白玉あずき』750円(税込)。期間:5月〜10月上旬

 おすすめは珍しい大和茶の抹茶を使った『抹茶白玉あずき』です。寒暖の差を活かして栽培された大和茶の抹茶は風味が濃厚。北海道産大納言小豆をほっくり炊き上げた粒あんの甘さと絶妙なハーモニー。こちらの看板商品は『さつま焼』。北海道産小豆のこしあんを生地でひとつひとつ包み、竹串を通して職人がこんがり焼き上げた逸品です。奈良土産にうってつけの和菓子です。

【御菓子司 春日庵】

電話:0742-22-6483
住所:奈良県奈良市中新屋町28
アクセス:近鉄奈良線「近鉄奈良」駅から徒歩7分
営業時間:11:00〜17:00(L.O.)
定休日:火曜(茶房)、不定休(店舗)
定休日:不定休
※「ひむろしらゆき祭2017」には不参加

【氷匠ル・クレール】の敏腕シェフが本気で取り組んだ、デセール仕立てのグラスピレ

「ひむろしらゆき祭」への参加をきっかけに、期間&時間限定でフレンチの【ビストロ ル・クレール】が【氷匠ル・クレール】に変身。フルコースの最後を飾るデセールのような豪華なグラスピレ(かき氷)が味わえます。昨年は完全予約制で木曜のみの営業で予約が殺到したため、2017年は営業日を大幅拡大してパワーアップ!

    ラムレーズンの香りが効いた『ポム・キャラメリゼ』1,200円(税込)。期間は6月〜9月

 小気味いい食感を残したリンゴのコンポートをトップに、リンゴのエスプーマ、そしてキャラメルアイスクリームと味や食感の構築は流石、フレンチシェフです。今年もお客さんが殺到している状況ゆえ、営業時間前の9:30より整理券を配布するスタイルに。詳しいことは【氷匠ル・クレール】のFacebookをチェックしてみてください。

【氷匠ル・クレール】

電話:0742-27-6060
住所:奈良県奈良市高天町48 森田ビルB1F
アクセス:近鉄奈良線「近鉄奈良」駅から徒歩1分
営業時間:10:00~16:00(L.O.15:00)
定休日:木曜

この記事を作った人

取材・文/ナカシママサヨシ(フリーライター)

この記事に関連するエリア・タグ

人気のタグ

編集部ピックアップ

週間ランキング(12/11~12/17)

エリアから探す