ヒトサラマガジンとは RSS

更新日:2017.10.01食トレンド

デートで食べ放題!? "肉の日"は鉄板焼きステーキを【シェラトン舞浜】で満喫しよう

千葉県浦安市にあるシェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル。その中にある鉄板焼きレストラン【舞浜Teppanyaki+】では、毎月29日(肉の日)に先着29名様限定のイベントを開催。素敵な雰囲気と豪華な食べ放題コースは、デートにぴったり!

アプリで見る

 食べ放題というと、家族や友人と賑やかに「質より量!」とガツガツ食べる光景が頭に浮かびます。今回はそんなイメージを払拭する、いたって上品な“デート向け”の食べ放題を紹介します。

移動時間だってデートの一部。レストランに着くまでの道のりも楽しもう

 最寄の舞浜駅に降り立った瞬間、目の前に広がるのは、東京ディズニーリゾート®の楽しげな光景。ちょっと寄りたい気持ちを抑えつつ、今回の目的地であるシェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテルへ向かいます。舞浜駅からホテルまでの行き方はタクシーやバスなど何通りもありますが、オススメは「リゾートライナー」というモノレール。リゾートゲートウェイ・ステーション駅からベイサイド・ステーション駅まで、約5分です。窓の外に広がる夢の国の風景が、到着するまでの気持ちをより一層盛り上げてくれます。ベイサイド・ステーション駅を降りたら、ホテルはもうすぐそこ。いざ【舞浜Teppanyaki+】へ。

    【舞浜Teppanyaki+】の窓の外に広がるのは、緑豊かな風景

恋に火がつく情熱的な店内

 燃え上がる炎をイメージした店内。グラスや壁紙など、さまざまなインテリアに「赤」が用いられています。中でも心揺さぶられたのが、ライト。燃え上がる火の形に目がふたつ。よく見ると、ポーズまで決めているではありませんか! 女性はこういう小さな発見にキュンとしますから、彼女が喜ぶこと間違いなし。

    炎の赤をイメージカラーにした店内はとても情熱的

  • 火の妖精「ライト」。恋のキューピッドかもしれない

  • 店内入口。壁一面、赤色のグラスが飾られている

【舞浜Teppanyaki+】のお料理は、野菜、お肉、お米まで千葉の食材をふんだんに使用しています。鉄板焼きにするお肉ももちろん千葉県産のブランド牛。脂身と赤身のバランスがとれた柔らかな肉質です。長年のキャリアを持つシェフの技が加わることで、家庭では真似できない絶妙な焼き加減の『鉄板焼きステーキ』が実現します。

 その『鉄板焼きステーキ』が毎月29日に先着29名様限定で“食べ放題”になるというのです。“食べ放題”が楽しめるのは、「舞浜コース」10,300円、「旬菜コース」13,400円、「旬の味覚と千葉県産しあわせ満天牛コース」17,500円、「極コース」21,600円の4種類。価格はすべて税・サービス料込です。

    先着29名様なので予約がオススメ

 食べ放題のお肉はコースによって部位と種類が異なります。『舞浜コース』は「しあわせ絆牛」のサーロイン。『旬菜コース』は「しあわせ絆牛」のサーロインまたはフィレ。『満天牛コース』と『極コース』は「千葉産和牛 しあわせ満天牛」のサーロインまたはフィレが食べ放題となっています。どれもおいしいという共通点はありますが、部位と種類まで細かく選べるのも嬉しいポイントです。

    「しあわせ絆牛 サーロイン」のステーキ

  • ジューっと焼ける音と香りも楽しめるカウンター席

  • 左から、大蒜味噌ソース、和風オニオンソース、ポン酢ソース

 このお肉を本当に何度もおかわりしていいんですか…と、もう一度確かめたくなるほど美味しいステーキを、胃袋が満たされるまで満喫できます。3種の自家製ダレとお塩、お好みのテイストで味わえるので、おかわりも進みます。多い人で3~4回おかわりしたそう。

    コースの前菜『柚子胡椒でマリネした千葉産鰈のサラダ 東金味噌と肝のソース』

 メインのステーキの他、コースは前菜、スープ、魚、ごはん、デザートの6品。女性の心をしっかり掴むデザートまで付いてきます。『房州産鮑とオクラの冷製スープ カボスの香り』や『ココナッツムースとパイナップルのキャラメリゼ バニラアイス』など、千葉県産の旬の食材をふんだんに使ったお料理は、どれも絶品です。メインの鉄板焼きステーキ以外のメニューは、旬に合わせて月替わりになっています。

  • コースの魚料理『太刀魚のグリル 生海苔のソース』

  • コースのごはん『煮穴子と三つ葉の釜飯』+500円

 質も量も大満足なおいしいひとときを過ごした帰り道は、東京ディズニーランド®を横目に「今度は、東京ディズニーランド®にも行きたいね!」と一言添えて次のデートの約束までゲットしてみてはいかがでしょうか?

この記事を作った人

遠藤 麻矢 (ヒトサラ編集部)

この記事に関連するエリア・タグ

人気のタグ

編集部ピックアップ

週間ランキング(11/16~11/22)

エリアから探す