ヒトサラマガジンとは RSS

更新日:2017.10.06食トレンド

大阪・ショコラティエ【ソリリテ】にイートイン限定の秋スイーツが登場

大阪・なかたに亭や東京・オリジンヌカカオで経験を重ねた橋本史明さんのショコラティエ【ショコラトリ・パティスリ ソリリテ】。満を持して2017年夏よりスタートしたイートインメニューの秋の新作メニューを教えていただきました。

アプリで見る

作りたてこその食感はイートインならでは

    ソースの赤が目を引く『カシスマロン』550円(税抜)

 スタートしたばかりのイートインスペースに、秋らしいメニューがお目見えしたばかり。『カシスマロン』は、練り込みパイ生地にアーモンドクリームやマロンクリーム、カシスのジュレ、和栗の渋皮煮を入れて、周りをカシス風味のメレンゲで覆った一品です。フォークを入れると、メレンゲの外側はさっくり、内側は少しねちっとした独特のテクスチャーで、イートインならではの柔らかなクリームとともに味わうと、口いっぱいに秋らしい風味が広がります。

    3種盛りが贅沢な『秋のデザートプレート』800円(税抜)

 2皿目は『秋のデザートプレート』。手前から、チョコレートをトッピングしたバニラアイス、独自の配合でサクサクとした食感に仕上げたタルト風の生地にイチヂクのソテーやブロンドチョコレートのシャンティを飾ったもの、たっぷりのマロンクリームを絞った、マロンとクルミのパウンドケーキ。

 秋の素材を盛り込んだ2皿には、まるでレストランのデセールのようなスペシャル感が。季節ごとに2メニューが登場予定で、写真のメニューは10月末ごろまでの提供。ショーケースのお菓子とはまた違った魅力を堪能することができます。

多彩なチョコレートのお菓子がそろう

    これからの季節、よりチョコレート色の強いラインナップになる予定

 ショーケースに並ぶのは、同じチョコレートを使ったお菓子でも、まったく個性の異なる美しいケーキたち。扱う素材としてのチョコレートの数は、20種以上にのぼります。定番人気はトップ画像の手前から『タルトショコラキャラメル』(520円)、『コロンビア』(460円)、『サンタンデール』(480円・すべて税抜)。

    ギフト使いにもぴったりなタブレットや焼菓子が並ぶ

 オーナーショコラティエ&パティシエの橋本さんがチョコレートのとりこになったのは、その奥深い特性を突き詰めるのに、楽しみを感じたからだそう。技術を高め、つやっとした美しい状態に仕上がったときが一番うれしい瞬間だと教えてくれました。

気軽に立ち寄れる空気感も魅力

  • 木の温かみがあり、初めてでも入りやすい

  • お菓子を選びながら、厨房の様子も垣間見られる

 大阪【なかたに亭】や東京【オリジンヌカカオ】で経験を重ねた橋本史明さんがお店をするにあたって大切にしたかったこととは。「ショコラトリーと聞くと、少し身構えてお店に行くようなところがありますよね。でも、もっと気軽に、普段使いしていただきたかったので入りやすい雰囲気にしました」。

 ボンボンショコラが1粒222円(税抜き)で味わえるというプライス設定も、そんな思いから。ぜひ、特別な日だけではなく、日常的に楽しむきかっけを作ってくれる一軒へ。

【ショコラトリー・パティスリー ソリリテ】

☎06-4980-8518
住所:大阪府大阪市西区江戸堀2-2-5
営業時間:10:00~19:00
定休:火曜

この記事を作った人

取材/シキタリエ(Pavlolva)

この記事に関連するエリア・タグ

人気のタグ

編集部ピックアップ

週間ランキング(5/15~5/21)

エリアから探す