ヒトサラマガジンとは RSS

更新日:2020.09.16グルメラボ

国内でも海外気分! 東京で現地の味が楽しめる、本格レストラン5選~世界各国編~

まだしばらく海外旅行は難しい――。それならば、国内にある世界各国の料理店を訪れて、旅行気分を味わってみるのはいかがでしょうか。今回は、都内のメキシコ、ペルー、スペイン、韓国、インドネシア料理の専門店をピックアップ。日本でもポピュラーな料理からちょっとマニアックなものまで、本場の味を提供するレストランで世界に思いを馳せてみてはいかがでしょうか。

海外気分のレストラン

海外の「現地の味」が楽しめる!
東京の本格レストラン5選

メキシコ料理【テピート】下北沢

下北沢の一軒家レストランで愉しむメキシコの家庭の味

    民家を改造した一軒家レストランは、こだわりのインテリアで飾られています

    民家を改造した一軒家レストランは、こだわりのインテリアで飾られています

下北沢駅から徒歩5分、雑踏から少し離れた可愛い一軒家【テピート】はメキシコ国旗の緑と赤を基調にした可愛らしい雰囲気。無添加にこだわり、滝沢シェフは本場のおふくろの味を30年再現しつづけています。

    メキシコ料理には欠かせない一皿『モレ』

    メキシコ料理には欠かせない一皿『モレ』

何十種類ものスパイスと唐辛子を石臼ですり潰した『モレ』は、メキシコ料理を代表する料理のひとつ。チョコレートやトマト、玉ねぎ等を入れ3日間じっくりと煮込んだソースがとても味わい深い一品です。メキシコの珍しいビールや100種類以上のプレミアムテキーラとともに味わってみてください。

予約カレンダー
カレンダーで他の日を見る

ペルー料理【ザ テンダーハウス ダイニング】白金台

白金から新たな時代の空気を生み出す、コンテンポラリーペルー料理

    国内外で活躍する商業デザイナー・小坂竜氏による“南米の邸宅”を彷彿とさせるフロア

    国内外で活躍する商業デザイナー・小坂竜氏による“南米の邸宅”を彷彿とさせるフロア

白金台のプラチナ通りの街路樹を眺められる瀟洒なテラスと、自然光溢れる優美なダイニングルーム。木を基調とした広々としたフロアにはグリーンをたっぷりと配し、テラス越しに広がる空間はまるで海外にいるようなスタイリッシュな空間です。

    ペルーのアヤビリという山岳地帯の郷土料理『カンカチョ・アヤビレーニョ』

    ペルーのアヤビリという山岳地帯の郷土料理『カンカチョ・アヤビレーニョ』

日本ではあまり馴染みのないペルーの郷土料理を、フレンチの技法で日本人が食べやすいようにアレンジ。クミンやニンニク、黒ビールでマリネした仔羊のグリル『カンカチョ・アヤビレーニョ』などが楽しめます。お酒はペルー産のワインやペルーの伝統的なカクテルをラインナップ。新感覚の創作ぺルー料理とのペアリングを堪能できます。

スペイン料理【スペインクラブ銀座】銀座

本場スペインの雰囲気と銀座の華やかさが融合した極上レストラン

    絵画や調度品が飾られ、スペインの情熱的で華やかな雰囲気が漂う優雅な空間

    絵画や調度品が飾られ、スペインの情熱的で華やかな雰囲気が漂う優雅な空間

銀座駅から徒歩3分、スペインの伝統料理と逸品ワインをゆっくりと味わえる【スペインクラブ銀座】。店内はタイルアートや鉄製装飾といった、スペインならではの伝統工芸を用いたインテリアを随所に散りばめながらも、モダンでスタイリッシュ。

    魚介の旨みがたっぷりの、ひと味もふた味も違う本場の味。『魚介のパエリア』3,600円(税抜)

    魚介の旨みがたっぷりの、ひと味もふた味も違う本場の味。『魚介のパエリア』3,600円(税抜)

スペインで愛される郷土料理をベースに、シンプルな調理法で食材の持ち味を最大限に引き出しています。日本では定番スペイン料理の『パエリア』ですが、ここでは本場を知る料理人が正統派の技法と厳選食材をもとに調理。本場スペインから直輸入した約400種類のワインと一緒に堪能してください。

韓国料理【尹家】東銀座

上質な個室空間でいただく、ミシュラン2つ星の‟無添加薬膳韓国料理”

    個室には韓国の絵画なども飾られ、その華やかさから宮廷に招かれているような錯覚に陥ってしまうほど

    個室には韓国の絵画なども飾られ、その華やかさから宮廷に招かれているような錯覚に陥ってしまうほど

東銀座駅から徒歩3分、ミシュランガイドで2つ星を獲得し続ける無添加薬膳の韓国料理の名店。伝統とモダンを融合した上質な大人の雰囲気が漂う完全個室で、韓国の薬膳料理を独自に進化させたオリジナル料理がいただけます。接待から大人のデートまで、上質な時間を過ごすのに最適です。

    毛蟹を特製薬膳醤油ダレに漬けた『毛蟹のカンジャンケジャン』5,000円

    毛蟹を特製薬膳醤油ダレに漬けた『毛蟹のカンジャンケジャン』5,000円

李王朝時代、皇帝の食事の管理を任されていた「尹家」の36代目末裔の尹美月氏がオーナーシェフ。韓国農林水産部指定伝統食品名人にも認定されています。『毛蟹のカンジャンケジャン』は、活きたままの毛蟹を、甘草など10種類以上の漢方や香辛料を入れた韓国の特製薬膳醤油タレに8日間漬け込んだ逸品。お店を訪れた際はぜひ。

インドネシア料理【アユンテラス】渋谷

スパイスたっぷりなのに辛さは控えめ、インドネシア料理の老舗

    照明やテーブルチェアなど、アジアンムードあふれる家具はオーナーのセンスの良さが光る品ばかり

    照明やテーブルチェアなど、アジアンムードあふれる家具はオーナーのセンスの良さが光る品ばかり

渋谷駅から徒歩4分、東京であまり馴染みのなかったインドネシア料理を世間に広めた【アユンテラス】。店内に一歩足を踏み入れれば、バリなどから直接買い集めた調度品や絵画が飾られ、まるで現地にいる気分で食事が楽しめます。

    『サンバル ゴレン ウダン』1,650円、『サテ チャンプール』1,490円など

    『サンバル ゴレン ウダン』1,650円、『サテ チャンプール』1,490円など

バリ島に長期滞在した経験を持つオーナーが、味わい深い料理の魅力を広めようと本場の味を追求。それにインドネシア出身のシェフが腕をふるいます。辛いように思われがちなインドネシア料理は、スパイスは利かせているものの味わいは実にマイルドで日本人向け。インドネシア風串焼き『サテ チャンプール』や、トマトの酸味が風味豊かなエビのココナッツクリーム煮『サンバル ゴレン ウダン』が楽しめます。

メキシコの家庭料理、コンテンポラリーなペルー料理、無添加の薬膳韓国料理など、様々なジャンルの海外レストランで、都内にいながら非現実で贅沢な海外旅行気分を味わってみてはいかがでしょう。各店舗は、今後の社会状況により、臨時休業、営業時間変更の可能性もあるので、来店前に確認してから訪れてください。

この記事を作った人

ヒトサラ編集部

この記事に関連するエリア・タグ

人気のタグ

編集部ピックアップ

週間ランキング(9/22~9/28)

エリアから探す