ヒトサラマガジンとは RSS

国内でも海外気分! 東京で現地の味が楽しめる、本格レストラン5選

海外旅行をしたいけれど、時間やお金が……というあなたに! 日本に居ながらにして海外気分が味わえる、現地の味を表現した本格レストランを5軒まとめてご紹介します!

海外の「現地の味」が楽しめる!
東京の本格レストラン5選

銀座で楽しめる「ギリシャ」の味
【THE APOLLO(アポロ)】

    サラダにザクロの実、クルミ、ヨーグルトなどがのったギリシャらしい味が楽しめる

銀座駅から徒歩5分ほどの、ギリシャ料理専門店。ここでは、ハーブや野菜、ギリシャヨーグルトを使ったヘルシーな料理が楽しめます。ザクロの入ったサラダや、ヨーグルトのソースがかかったラム肉など、あまり日本では馴染みのないギリシャの味が、海外旅行を想起させます。

    解放感のある店内は、昼は明るく、夜はムードたっぷり

店内は、大理石のカウンターに「OUZO(ウーゾ)」や「METAXA(メタクサ)」などギリシャのお酒が並び、大きな柱のあるダイニングは異国情緒たっぷり。まるでギリシャに旅行しているようなひとときを過ごせるお店です。

 

白金高輪で楽しめる「イタリア」の味
【ロッツォ シチリア】

    シチリアでもっとも伝統的な料理のひとつ『カジキのインヴォルティーニ オーブン焼』

白金高輪駅から徒歩5分、【ロッツォ シチリア】では本場そのままの味を大切にした、イタリア・シチリア料理が楽しめます。シチリアの味は、山海の幸を活かすシンプルな料理。カジキのなかにパン粉やアンチョビを入れて焼き上げる『カジキのインヴォルティーニ オーブン焼』など、シチリアの伝統的な料理が味わえます。

    高級感と気さくさが交錯する魅力的な場所

白金高輪という高級感のある立地ながら、お店はカジュアルに過ごせる雰囲気。本場さながらの明るく気さくな空間のなかで、本格的なシチリア料理を楽しみつつ、会話に花を咲かせてみてはいかがでしょうか。

 

神田で楽しめる「ベルギー」の味
【シャン ドゥ ソレイユ】

    ベルギーで春の到来を告げる食材として愛される、ホワイトアスパラガスをつかった『ホワイトアスパラガスの冷製 生ハム添え』

神田駅から徒歩6分、“美食の国”と称されるベルギー料理の専門店【シャン ドゥ ソレイユ】では、多彩なベルギービールと、ベルギーならではの郷土料理が楽しめます。『ムール貝の白ワイン蒸し』や、ベルギーの春の定番『ホワイトアスパラガスの冷製 生ハム添え』など、季節の食材を生かした料理が並びます。

    2階では、ゆるやかに流れる時間のなかで本場のベルギーの味を堪能できる

2階は、大人がゆっくりと過ごせるクラシカルな雰囲気。緑のテーブルクロスが敷かれた上品な空間は、ディナーだけでなく、窓から陽が差し込むランチタイムの利用もおすすめです。
1階はブラッスリーで、バーニャカウダなどのおつまみと一緒に、ベルギービールが気軽に楽しめます。

 

外苑前で楽しめる「ベトナム」の味
【An Di(アンディ)】

    ベトナム料理を日本の食材で表現した『穴子、へべす、マンゴーの生春巻き タマリンドソース』

外苑前から徒歩6分、日本の食材を巧みにつかったベトナム料理と、お酒のペアリングを堪能できるお店。自家発酵の食材やハーブをつかった『ティーリーフサラダ』や、トロピカルフルーツのソースが味をまとめる『穴子、へべす、マンゴーの生春巻き タマリンドソース』など、エキゾチックな味わいが楽しめます。

    木や藤の風合いが薫る、モダンでナチュラルな空間

料理だけでなくお酒のペアリングも秀逸。ナチュラルワインを中心に、日本酒や焼酎も登場するボーダレスなペアリングが、より一層料理の魅力を引き出します。店内は、しっとりと艶っぽい大人な空間。エキゾチックな雰囲気に包まれながら、モダンなベトナム料理を味わってみてください。

 

白金高輪で楽しめる「中国」の味
【蓮香(レンシャン)】

    麻辣風味がクセになる、四川省自貢市の名物『鉢鉢鶏(はちはちどり)』

白金高輪から徒歩10分、中国各地に広がる多様な味を日本で楽しめる特別なお店【蓮香(レンシャン)】。シェフの小山内耕也さんは、自らの足で広大な中国を渡り歩き、知られざる田舎料理や家庭料理に出会っては、日本に戻り再構築しています。
おまかせ一本の日替わりコースには、そんな未知の料理が次々と登場。ボリュームたっぷりで、食べ終わる頃には中国各地を旅してまわったかのような気分に浸れます。

    飾らない雰囲気が演出する、賑やかに楽しめる空間

お店の雰囲気はいたってカジュアル。肩肘を張らず気楽に、そして楽しく会話をしながら料理が楽しめる空間です。店内は広く、テーブルもつなげてくれるので、大勢で訪れて会食するのにもぴったり。各地に伝わる中国の家庭の味を皆で楽しく味わえるお店です。

 

この記事を作った人

ヒトサラ編集部

人気のタグ

編集部ピックアップ

週間ランキング(10/17~10/23)

エリアから探す