ヒトサラマガジンとは RSS

更新日:2018.03.19グルメラボ

気鋭の陶芸家、釋永 岳が手掛ける陶器「ÁGE(アージュ)」

富山を中心に国内外から熱い支持を集める食を彩るこだわりの陶器がある。土や木、自然の大地を感じさせる独特な質感が個性を感じさせる陶器「ÁGE(アージュ)」だ。この器に込められた熱き想いに迫ります。

アプリで見る

“土”をテーマとする陶器「ÁGE(アージュ)」

「食べることは、大地の恵みをいただくこと。あらゆる野菜や作物が、土から栄養を得て私たちの口に届く。だから、作物にとって欠かせない大地の色である茶色は、素材が引き立つ色のひとつだと思う。」と釋永氏。そんな想いから “土”をテーマとする陶器「ÁGE(アージュ)」は生まれた。

    【SAYS FARM】で使用されている「ÁGE(アージュ)」

 ざらりとした独特の質感と深みのある色合いは、シンプルながらも内に秘めた個性を感じさせる。また、ろくろをゆっくり回すことで敢えてつくるという少しの歪みがある円形は、完璧ではない抜け感を纏い、人の手でつくる温かさを醸し出す。

    外の光が差し込む、趣のあるギャラリー

富山から日本、海外でも高い評価を受けている

「ÁGE(アージュ)」をはじめとした釋永氏の陶器は、出身地かつ活動の拠点である富山県で活躍するレストランをはじめ、都内のトップレストランや、台湾やフランスといった海外でも高い評価を受け、フレンチから和食まで、あらゆるレストランで利用されている。枚数や条件にもよるが、現在オーダーは約1年待ちという人気ぶりだ。釋永氏に来るオーダーの多くがフルオーダーだという。その理由はきっと、オーダー先の料理人と向き合い、その人がつくる料理の良さを一番に引き出す唯一無二を実現してくれるからだろう。

    器に対する想いを語ってくれる釋永 岳氏

「絶対に人の作品を真似ず、自分にしか成しえないものをつくる」という信念のもと、釋永氏は今日も新しい作品を生み出し続ける。

【釋永 岳 ギャラリー】

電話:090-6812-9549
住所:富山県富山市東岩瀬町146
営業時間:日によって異なります。詳しくはお問合せください。
定休日:不定休
ÁGE(アージュ)の価格はお問い合わせください。

この記事を作った人

撮影/伊藤 信 取材・文/遠藤 麻矢(ヒトサラ編集部)

この記事に関連するエリア・タグ

人気のタグ

編集部ピックアップ

週間ランキング(4/18~4/24)

エリアから探す