ヒトサラマガジンとは RSS

ブルックリンの【BUTTERMILK CHANNEL】が日本初上陸! アメリカの定番料理を洗練されたスタイルで提供

アメリカ、ニューヨーク・ブルックリン発のアメリカンコンフォートフードレストラン【BUTTERMILK CHANNEL(バターミルク チャネル)】の米国外初出店となる日本1号店が東京・原宿に2018年9月28日にオープンしました。

アプリで見る

NYの数多くのレストランガイドで評価されるコンフォートフードレストラン

【バターミルク チャネル】はニューヨーク・ブルックリンの住宅街キャロルガーデンで、若者から家族連れまで地元の人々に愛され続けるアメリカ料理レストランです。上質な素材を洗練された手法で提供するレストランとして知られ、リーズナブルで質の高い料理を提供する店として数多くのレストランガイドで評価されています。

    ブランチ、カフェ、ディナーと、どんなシーンでも使えるレストラン

 アメリカでは、子供の頃から食べ慣れているフライドチキン&ワッフルやポークチョップ、パンケーキなどの気負いなく楽しめる定番料理は「コンフォートフード」として親しまれています。ブルックリン本店では週末のブランチで提供している人気メニューを、原宿店では毎日のブランチとディナーで提供します。ブランチから始まり、午後はティータイム、そしてディナーと、1日を通して様々なシーンに対応するレストランとして、原宿の喧騒のなか、大人が楽しめる空間を心地よいサービスとともに堪能できます。

    『バターミルクフライドチキン』1,680円(税抜)

 No.1人気メニュー『バターミルクフライドチキン』は、店名の由来にもなっているバターミルクを使い3日以上かけて仕込んでいます。オープン当初より数多くのメディアやブログに取り上げられ、その味を求めてマンハッタンの食通も通うほど。チェダーチーズをたっぷり使ったワッフルとあわせ、メープルシロップとバルサミコビネガーの特製シロップをかけて味の変化を楽しめます。

    『フライドポークチョップ』1,880円(税抜)

 吟味した肉厚の豚肉をフライにした『フライドポークチョップ』は、チェダーチーズワッフルとコールスローが添えられています。ワインやビールとも相性の良ひと皿です。

    『バターミルクパンケーキ』1,280円(税抜)

 シンプルに粉の味を楽しめるアメリカサイズの『バターミルクパンケーキ』は、どこか懐かしく、ほっこりとするメニューです。

    『ラザニア』1,480円(税抜)

 もはやアメリカの家庭料理の『ラザニア』は、肉類を使わず、ナス、ズッキーニ、そしてケールなど野菜のうま味と、バターミルクを使ったリコッタチーズでコクを出した人気メニューです。

    『鴨のミートローフ』2,180円(税抜)

 ミートローフは型を使って焼き上げ、切り分けて食べるのが一般的ですが、【バターミルク チャネル】では、鴨肉のおいしさをひと皿づつ提供するべく、ボール状になっています。鶏ガラや野菜を煮詰めたコクのあるソースでいただきます。誰もが知っている料理を、上質な材料と工夫でていねいに仕上げた代表メニューです。

 食べるとほっこりとした気持ちになるアメリカンコンフォートフードレストランは、ブランチ、カフェ、ディナーどのシーンで訪れても、心温まるフレンドリーなホスピタリティを提供してくれます。

【BUTTERMILK CHANNEL Harajuku(バターミルク チャネル 原宿)】

  • 電話:050-3171-8928
    住所:東京都渋谷区神宮前1–11–11
    アクセス:東京メトロ「明治神宮前駅」徒歩1分
    営業時間:[Brunch] 10:00〜15:00(L.O.15:00)、[Cafe] 15:00〜17:00、[Dinner] 17:00〜23:30(L.O.22:30)
    定休日:不定休

この記事を作った人

ヒトサラ編集部

この記事に関連するエリア・タグ

人気のタグ

編集部ピックアップ

週間ランキング(11/12~11/18)

エリアから探す