ヒトサラマガジンとは RSS

更新日:2018.06.25食トレンド

話題のあの人のやみつきグルメをご紹介! in表参道【ハブモアカレー】| yumごはん #2

都内で活躍するクリエイター達が、愛してやまないやみつきごはん、通称“yumごはん”をリレー形式でお届けする「yumch(やむちゃん)」。第2回目は、ヒトサラ編集部・遠藤まやからグルメバトンを受けとった【Salmon&Trout】シェフ・森枝 幹さんの“yumごはん”をご紹介します。

アプリで見る

今回”yumごはん”を紹介するのは…

【Salmon&Trout】シェフ、森枝 幹さん。シドニーのベストレストラン常連の名店【Tetsuya’s】や、表参道の京料理店【湖月】などで経歴を積んだ、実力派シェフ。彼の食への探求心はとどまるところを知らず、海外や県外へ行くと、その土地の食をインプットするため、1日8食ほど摂取する

  • @MORIEDA KAN
    #salmon&trout chef
    #シェフ
    #31歳
    #A型
    #東京都出身
    #在来固有種保護外来生物撲滅委員会

  • 地下1階の入口、茶色いドアが目印だ

  • オレンジ色が印象的な看板

 表参道の交差点沿い、地下1階に潜む【ハブモアカレー】。おいしいという噂はあちこちで囁かれていますが、今回この店を紹介してくれた【Salmon&Trout】のシェフ・森枝 幹さんは「毎日でも食べたい」と真顔で言うほど【ハブモアカレー】のカレーがお気に入り。頼むメニューは『ハブモアカレー全部乗せ』が森枝さんの定番。このお店で一番大きい、ハードボリュームカレーです。

    視線の先には大好物の『ハブモアカレー全部のせ』

  • 色鮮やかな西洋野菜

  • 【ハブモアカレー】店主の松崎さん

【ハブモアカレー】の味の基本となっているのが、目にも鮮やかな野菜の数々。ビーツやほうれん草、ニンジンなど、旬の野菜と西洋野菜を使い、日替わりで種類の異なるカレーをつくっています。野菜たちは、表参道のファーマーズマーケットや取引のある生産者から、店主が見定めた安心安全でおいしい野菜をチョイスして使用しています。

    クミンやチリペッパーなど、10種類以上のスパイスがずらり

「カレーは好きなんですけど、僕自身、辛いのはあまり得意ではないんです。だから、うちのカレーはマイルドなスパイスを使っていて、優しい味わいに仕上げています。辛味が欲しい方には、特製の辛味オイルがあります」と店主の松崎さん。

 辛味オイルを加えれば唐辛子のしびれる辛さも楽しめますが、【ハブモアカレー】のカレーは、スパイスが効いているのにまろやかで、風味をゆったりと楽しむことができます。食べれば食べるほど健康になっていきそうなクセになる味わいです。

    森枝さんがいつも頼む『ハブモアカレー全部乗せ』。通常は付け合わせを2種類選ぶのだが、全部乗せは全ての付け合わせが付いてくる。男性でも満足のボリュームだ

「カレーって一回食べたら数日間いらない、みたいな重たいものが多いと思うんですけど、ここのカレーはどこか宇宙的で近未来的な、マイルドで奥深いカレーなんです。だから、毎日でも本当に食べたいです。営業時間も11:30~20:30まで通しでやっているので、昼のラストオーダーが終わったんじゃないかとか、そうゆう心配なく、安心してふらっと食べに来れるんですよねぇ」と森枝さん。

    付け合わせがたくさんあるので、一食でいろんな味をたのしめる。最後の一口までカレーを口に運ぶ勢いは止まらない

 ゆったりと過ごしてほしいという店主の気持ちから、食べ終わってもすぐにお皿やグラスは下げずにいてくれるのも、このお店ならでは。店内には本棚があり、グルメ雑誌やカレーの本など自由に読めます。急かされることなく時間がゆるやかに進んでいくその感覚は、居心地がよくて思わず居座ってしまいそう。

森枝 幹さんのyumごはん『ハブモアカレー全部乗せ』、しっかりおなかを空かせて味わいに行ってみてください。

  • 店内は、インドを感じさせるインテリアがあちらこちらに

  • カウンターとテーブル、どちらもあるので一人での普段使いにもぴったり

【ハブモアカレー (have more curry)】

電話:03-3407-7001
住所:東京都港区北青山3丁目12-7 カプリース 青山 B1F
営業時間:11:30~20:30(L.O 20:00)
定休日:木曜 ※臨時休業、営業はGoogleの店舗情報をご確認ください

次回、yumごはんを紹介してくれるのは…

「いつかティファニーで朝食を」や「吉祥寺だけが住みたい街ですか?」など数々のヒット作を生み出す漫画家。物語は自然と共感や涙を誘い、読む人の心を虜にする。そんなマキさん、現在はスケボーを練習中。やりこんだ形跡のあるスケボーの裏には漫画「AKIRA」のステッカーがちらり。

  • @Maki Hirochi
    #いつかティファニーで朝食を
    #漫画家
    #38歳
    #B型
    #東京都出身
    #スケボー練習中BBA

yumごはん バックナンバー

この記事を作った人

遠藤 まや(ヒトサラ編集部)

この記事に関連するエリア・タグ

人気のタグ

編集部ピックアップ

週間ランキング(9/14~9/20)

エリアから探す