ヒトサラマガジンとは RSS

更新日:2018.12.17食トレンド グルメラボ

ヘルシーで栄養価満点! ジビエ料理をカジュアルに楽しめる5選

脂肪が少なくヘルシーで栄養価が高いと近年ブームになっている「ジビエ」。“敷居が高い”と思われがちですが、実はカジュアルに楽しめるお店もあるのです。そこで、ヒトサラ編集部が東京でカジュアルにジビエ料理がいただけるレストランを5軒ピックアップしました。

ジビエ肉を炭火で焼き上げる|新宿【和食×肉バル 炉とマタギ 新宿店】

    炉端焼の肉を盛り合わせた『三獣奏』150g 1,680円(税抜)

炉端焼きと原始焼きの炭を利用した調理法が特徴の【和食×肉バル 炉とマタギ 新宿店】。鹿、鴨、猪、兎などのジビエ肉と川魚を炭火で焼き上げます。まずは獣肉炉端焼きの3種盛『三獣奏』から味わってください。遠火でゆっくりと焼き上げる炉端焼きは、遠赤外線の効果で素材の旨味を引き出します。

    炉端焼のジビエを各種揃えています

店内は山で狩を行う猟師マタギの小屋をイメージ。昔の趣を感じる日本特有の懐かしさで、自然と心が落ち着きます。カウンター席、テーブル席に加え、接待や大事な食事会でも使える個室も完備。ジビエに合う赤ワイン、川魚に合う白ワインも揃っています。

【和食×肉バル 炉とマタギ 新宿店】

  • 電話番号:050-5263-3941(予約専用) 03-6233-9396(お問合わせ専用)
    住所:東京都新宿区歌舞伎町1-6-3 石塚ビル6F
    アクセス:JR各線 新宿駅 徒歩2分
    営業時間:[土・日・祝]ランチ 12:00~15:00(L.O.14:00)、[月~木]ディナー 17:00~23:00(L.O.22:00)、[金]ディナー 17:00~02:00(L.O.01:00)、[土・日・祝]ディナー 16:00~23:00(L.O.22:00)[祝前]ディナー 16:00~02:00(L.O.01:00)
    定休日:不定休

ぼたん鍋や炭火焼が楽しめる居酒屋|人形町【あまからくまから】

    野菜たれポン酢でさっぱり『ぼたん鍋』2,800円(税抜)

蝦夷鹿肉、猪肉を使ったジビエ料理が食べられる【あまからくまから】は、飲み放題の付いたコース料理もあり、宴会にもおすすめの居酒屋です。扱っている猪肉は最高級のもので、新鮮でくさみもなく甘い脂は口の中でとろけます。これからの季節は、寒くなって脂がのった猪肉をポン酢でいただく『ぼたん鍋』で堪能してください。

    甘い脂が香るジューシーな味わい『猪 つくね炭火焼 塩』380円(税抜)

ジビエ料理以外にも、「佐助豚」や「琉球黒毛和牛」といった銘柄肉にこだわった料理が豊富に味わえます。『季節の野菜と佐助豚の蒸ししゃぶ』や『甘海老とまと鍋』など、季節の野菜がたっぷりと入った料理が楽しめるのも人気の秘密。店内はテーブル席や半個室席まであり、様々なシーンで活用できます。

【あまからくまから】

  • 電話番号:050-5263-3071(予約専用)、03-5640-2121(お問合わせ専用)
    住所:東京都中央区日本橋人形町3-7-11 大川ビル2F
    アクセス:東京メトロ、都営地下鉄「人形町駅」徒歩1分
    営業時間:17:30~23:30(L.O.22:30)
    定休日:日・祝日

本格フランス料理でジビエを味わう|阿佐ヶ谷【Bistro Sentiment】

    鹿の中でも柔らかいランプ『北海道産蝦夷鹿のロースト』 1,700円

本格フランス料理や自然派ワインが堪能できる【Bistro Sentiment】のメイン料理は、蝦夷鹿のローストや合鴨ロースト、フランス産ピジョンなどのジビエ料理。『北海道産蝦夷鹿のロースト』は、赤肉で柔らかくジューシー。鹿の中でも特に柔らかみがあるランプは、きめが細かい繊維質。カシス香る赤ワインソースでいただきます。

    カウンター席に加え、テーブル席も

駅から離れた静かな場所にある店舗で、店内も落ちついた大人の雰囲気。カウンターをメインに6人同時に食事ができるテーブルもあります。フランスを中心とした自然派ワインなどが50種類以上揃い、料理を楽しむだけでなく美味しいワインを堪能したいという人にもおすすめです。

【Bistro Sentiment】

  • 電話番号:050-5263-8737(予約専用) 03-5311-8320(お問合わせ専用)
    住所:東京都杉並区本天沼1-3-4 シリカヒルズ阿佐ケ谷102
    アクセス:JR「阿佐ヶ谷駅」徒歩13分、西武新宿線「下井草駅」徒歩20分
    営業時間:ランチ 11:30~15:00(L.O.14:00) ディナー 17:00~23:00(L.O.21:30)
    定休日:水曜日

長野産の信州ジビエをフランス料理でいただく|三軒茶屋【Bistro echo】

    『信州ジビエのパテドカンパーニュ 味噌のソース』1,200円

本格フランス料理とジビエ料理がいただける【Bistro echo】は、野菜もお肉も長野県産のものを中心に取り揃えています。自然豊かな長野県で育った新鮮で上質な「信州ジビエ」は、ジビエを知り尽くしたシェフの手で美しいフランス料理へと生まれ変わります。『信州ジビエのパテドカンパーニュ 味噌のソース』は、ソースに味噌とフロマージュブランを使用することで、どこか懐かしさを感じる味わいに仕上げています。

    ワインに合うジビエ料理が堪能できます

三軒茶屋駅近くの喧騒から離れた隠れ家的ロケーション。らせん階段を上ると、木の温もりにあふれた広々とした空間が出迎えてくれます。落ち着いた雰囲気の店内で、シェフが真心込めてつくる本格フランス料理&ジビエ料理を心ゆくまで堪能してください。

【Bistro echo】

  • 電話番号:050-5340-6716(予約専用) 080-7973-2860(お問合わせ専用)
    住所:東京都世田谷区太子堂5-28-9 クレア太子堂2F
    アクセス:東急「三軒茶屋駅」徒歩10分
    営業時間:ランチ 12:00~15:00(L.O.14:30) ディナー 18:00~01:00(L.O.00:00)
    定休日:水曜日

さまざまな肉料理が堪能できるダイニングレストラン|飯田橋【29 TWENTY NINE】

    『北海道産 蝦夷鹿しんたま炭火焼100g』1,500円

ミートレストラン【29 TWENTY NINE】では、牛肉、豚肉はもちろん、羊、鹿など、さまざまな種類のお肉料理がバリエーション豊かに味わえます。『北海道産 蝦夷鹿しんたま炭火焼100g』は、絶妙な焼き加減で柔らかく肉本来の旨みが引き出されています。北海道の大自然で育った蝦夷鹿肉は、身が引き締まり低カロリーで癖がありません。

    アメリカ西海岸をイメージした赤と白を基調とした大人の雰囲気の店内

神楽坂の住宅街の一角に佇むミートレストラン。1階は自然豊かな大地をイメージした内装、2階はカウンター席のあるバーのような雰囲気が漂う造りです。料理と共に楽しみたいワインは常時20種類以上が用意されているので、肉とワインのマリアージュを存分に堪能できます。

【29 TWENTY NINE】

  • 電話番号:050-5340-6732(予約専用) 03-6265-0929(お問合わせ専用)
    住所:東京都新宿区若宮町10番地 プレール神楽坂1F・2F
    アクセス:JR「飯田橋駅」徒歩6分、都営地下鉄「牛込神楽駅」徒歩7分
    営業時間:ディナー 17:30~23:00 (L.O.22:00) 日・祝日のラストオーダーは21:00
    定休日:月曜日

日本では、11月から2月までが狩猟が解禁されます。国産のジビエはワインにも相性が良い冬季限定のごちそうです。炭火焼、フレンチ、鍋料理など、さまざまなジビエ料理を心ゆくまで楽しんでください。

この記事を作った人

ヒトサラ編集部

人気のタグ

編集部ピックアップ

週間ランキング(10/8~10/14)

エリアから探す