ヒトサラマガジンとは RSS

更新日:2020.05.07食トレンド

「PATH」出身の気鋭の料理人が独立【will o' wisp(ウィル オ ウィスプ)】幡ヶ谷

「パッサージュ53」や「Sola」などフランスの星付きレストラン、アメリカ・ブルックリンの「battersby(バッターズビー)」、代々木公園「PATH」と、世界の名だたる名店で経験を積んだ光安北斗さん。その光安さんが独立し2020年2月16日、幡ヶ谷に【wii o’wisp(ウィル オ ウィスプ)】をオープンしました。お店のテイクアウト情報もお届けします!

ローストビーフ

世界の星付き店を経験した、気鋭のシェフの新店

    INFINIの金井シェフ

    気軽に立ち寄れる、居心地の良い空間。カウンタースペースや立ち飲みスペースも

幡ヶ谷駅を出てすぐの通り沿いにオープンした【wii o’wisp(ウィル オ ウィスプ)】。ガラス張りの入り口から見渡せる店内には、オープンキッチンと、壁に並ぶたくさんの絵本や小説。他の店にはない楽しい時間を過ごせそうな予感に、胸が踊ります。この店のオーナーシェフ 光安北斗さんは、代々木公園の人気店【PATH】出身。【PATH】のオープンから3年ほど経験を積んだのちに独立し、この【wii o’wisp(ウィル オ ウィスプ)】をオープンしました。

    オープンキッチンに面したカウンターは全8席。1人でふらりと訪れるのもいい

    オープンキッチンに面したカウンターは全8席。1人でふらりと訪れるのもいい

光安さんは、海外での修業経験も豊富。フランスではミシュラン二つ星の【パッサージュ53】や一つ星の【Sola】などで7年、さらにアメリカ・ブルックリンの【battersby(バッターズビー)】で修業を積みました。そして、世界を渡り歩いた光安さんがオープンした【wii o’wisp】で目指すのは、「ボーダレスで自由な空間」。店内はテーブル、カウンター、立ち飲みスペースとあらゆるシーンに合わせたエリアがあり、光安さんは「家族連れや海外からのお客様などにも、気軽に楽しんでほしいですね」と話します。

故郷の食材や食器など、国境を超えたボーダレスな空間

    白ワインと一品

    『平目のカルパッチョ』1,800円には、白ワインの『ラングドック』1,000円を合わせて

そんな【wii o’wisp】の料理は、アラカルトが中心。日本の食材をつかい、フランス料理を基本としながら、ブラジル料理、アフリカ料理、ポルトガル料理などを取り入れたボーダレスなラインナップです。

佐渡島の天然活ヒラメのカルパッチョは、繊細な味わいのヒラメに、キウイフルーツをつかったメキシコ風のパラペーニョソースがよく合う、この店らしいひと皿。さらに、光安さんの地元・佐賀県の「しろいし牛」のローストビーフや、熊本・天草で育った地鶏のチキンコンフィも人気の定番メニューです。

    ローストビーフ

    光安さんの地元・佐賀県の「しろいし牛」をつかった『ローストビーフ』1,000円(税抜)

料理に合わせるのは、世界各地から選んだ自然派ワイン。80種類ほどが揃い、日本のものも豊富です。グラスでも900円から飲めるので、それぞれの料理に合うものをスタッフに教えてもらいながら楽しむのもオススメ。

  • チキンコンフィ

  • 肉と魚介の旨味を合わせた『チキンコンフィ』2,800円(税抜)も人気のひと皿

  • 店名を和訳すると青い火という意味があるので、食器など随所に青が用いられている

  • 食器

また、有田焼や唐津焼など、美しいお皿たちもこのお店の魅力のひとつ。食事をより楽しいものにしてくれます。

    ウィルのヌガーグラッセ

    クローブやペルノー、ベリーの香りをまとった、ふわりと軽い『ヌガークラッセ』750円(税抜)

気分で自由に、自分だけの楽しみ方を見つけてほしい

店内にはたくさんの絵本や小説、レコードなど、光安さんの「好きなもの」がたくさん。光安さん自身が執筆した小説も置かれているので、ぜひ読んでみてください。

    光安 北斗シェフ

    シェフの光安北斗さん「この店では、自由に、いろんな楽しみ方を見つけてほしいですね」

どんなスタイルでも、気分に合わせてつかってもらいたいと語る光安さん。「ワイン1杯とおつまみでもいいですし、奥のテーブル席でゆっくりと食事を召し上がっていただくこともできます」。

家族や友達と、そして、時には一人でふらりと。来るたびに【wii o’wisp】の新たな魅力を発見できそうです。

期間限定「TAKE OUT」も実施中

  • テイクアウトメニューの白石牛のカツサンド(期間限定)

  • 現在のディナー営業は自粛中ですが、テイクアウトでお店の味をお楽しみいただけます。メニューは随時インスタグラムにて更新中です。

・白石牛のカツサンド 1,500円
・鰆のフィッシュバーガー 1,400円
・天草大王のチキンサンド 1,200円
・ローストビーフ 1,000円
・牛脂100%のフライドポテト 600円 など

この記事を作った人

取材・文/河崎志乃(フリーライター)

この記事に関連するエリア・タグ

人気のタグ

編集部ピックアップ

週間ランキング(10/22~10/28)

エリアから探す