ヒトサラマガジンとは RSS

品格漂う一軒家でガストロノミーの世界観を表現したフレンチ【SOMBREUIL(ソンブルイユ)】飯田橋

まるでセーヌ川とブローニュの森の中間、パリ16区に佇む邸宅を思わせる一軒家レストランが東京にあるのをご存知ですか? そこは美食を追求する「ガストロノミー」の世界観を味わえるフランス料理店【SOMBREUIL(ソンブルイユ)】。記念日やハレの日に訪れたい名店です。

ソンブルイユの外観

フランスの瀟洒な邸宅を思わせるレストラン

    ソンブルイユの内観

    ガーデンに面したテーブル席

飯田橋駅から徒歩3分、フランス風の気品のある一軒家【SOMBREUIL】は、ガストロノミーの世界観を味わえるフランス料理店。450坪の敷地には美しく整えられたガーデンが広がり、季節の移ろいとともに美しい花が咲き乱れています。壮麗な門柱に重厚な扉、フランス風の石造りの館と、品格あるメゾンの趣が感じられます。

    ソンブルイユの内観

    居心地の良いラウンジで心躍るひとときを

店内に入ると、ゆったりとした空気に包まれるラウンジがお目見え。そこに広がるのは、ヨーロッパから取り寄せた格調高い家具たちや、螺旋階段、シャンデリアなどの美しいインテリア。ほかにもアンティークの調度品、リモージュの磁器やクリストフルの銀器を使用するなど、本物を知る大人も納得のこだわりを見せています。

正統派かつ芸術的な極上のフランス料理

    ソンブルイユ、若月稔章氏

    エグゼクティブシェフの若月稔章氏

【エメ・ヴィベール】にてミシュラン2つ星を獲得以来、7年連続で星を守り続けたシェフがつくるのは、芸術作品ともいうべき一皿。真の伝統的なフランス料理が少ない日本で、正統派のクラシカルな技法と、時流を追求する革新的な技法とを融合させた料理で多くの食通を魅了しています。

ここからは、コース料理の一例をご紹介します。

    ソンブルイユの鴨のフォワグラのコンフィ

    鴨のフォワグラのコンフィ 黒無花果のチャツネ ポルト ソーテルヌ マイスソテー 胡桃 鴨胸肉フュメのサラダ

シェフのスペシャリテのうちの一つ。厳選した鴨のフォワグラを、低温でじっくりと調理しています。滑らかでシルクのような艶やかさのフォワグラは、口の中でゆっくりとろけます。鴨胸肉フュメのサラダは別盛りで。

    ソンブルイユの金目鯛のヴァプール

    金目鯛のヴァプール クレソンのクーリ サフラン マイクロトマト

上質な金目鯛を蒸し焼きにすることでしっとり旨みを閉じ込め、朱色がかった皮目の赤味は強調されます。緑が美しいクレソンのソースや鮮やかな黄色のサフランソースがより金目鯛を引き立てます。

    ソンブルイユのフレッシュトリュフの丸ごとパイ包み焼き

    フレッシュトリュフの丸ごとパイ包み焼き トリュフソース

香ばしく焼き上げたパイ生地の中には黒いダイヤモンドといわれる「黒トリュフ」が丸々1つ。ナイフを入れた瞬間に溢れ出すトリュフの香りを纏わせながら、さらに芳醇なトリュフソースと共にいただく至高の一品です。

約400種類で構成されるワインリストを用意

    料理と合わせるワインペアリングコース、豊富に揃うグラスワインも愉しめる

    料理と合わせるワインペアリングコース、豊富に揃うグラスワインも愉しめる

吹き抜けのエントランスに螺旋階段という非日常的な一軒家には、ガーデンを望める40席のメインダイニング、2~6名と30名までの個室も完備。大切な方との会食や接待などに最適です。そんな特別な席に華を添えるのは、やはりワイン。用意しているのはフランス産を中心に約400種で構成されるワインリストです。悩んだらぜひソムリエに相談してみましょう。

料理人プロフィール:若月稔章さん

武蔵野調理師専門学校卒業後、【ラ・マレ】【トゥールダルジャン】を経て渡仏。様々な星付きレストランで修業後、帰国。2004年【エメ・ヴィベール】の料理長就任。「ミシュラン東京」創刊号で2つ星を獲得以来、7年連続星を獲得。更なる高みを目指し、同士と共に新会社を設立。2017年【ソンブルイユ】開業と共にエグゼクティブシェフに就任。

※緊急事態宣言の際は、営業時間が変更されている可能性があります。最新の営業時間はお店に直接お問い合わせください。

この記事を作った人

取材・文/綿貫大介

人気のタグ

編集部ピックアップ

週間ランキング(5/4~5/10)

エリアから探す