ヒトサラマガジンとは RSS

更新日:2021.05.13デート・会食

今日のランチはお鮨をチョイス! 贅沢ランチが楽しめる東京の鮨店

特別な日に訪れたいカウンターの鮨店。ディナーにも引けを取らないおいしさのお鮨を、ランチタイムにもいただける東京の名店を集めました。自分へのご褒美や大切な人とのデートなど、特別な日のランチに一流店のお鮨を味わってみては。

【鮨 杉澤】料理

銀座【鮨 杉澤】

名店で修業を積んだ店主による旬の食材を使った絶品の江戸前鮨

    カウンター席のみの店内は、美しい木目を基調とした上品で洗練された空間

    カウンター席のみの店内は、美しい木目を基調とした上品で洗練された空間

銀座駅から徒歩約3分、銀座の名店【鮨青木】で修業を重ねた杉澤氏による丁寧な仕事が施された江戸前鮨を堪能できる鮨店です。ゲストひとりひとりに細やかなおもてなしができるよう席はカウンターのみ。一枚板をL字に組み合わせてつくられた美しい白木のカウンターは、凛とした雰囲気に包まれています。大切な人との記念日など、いつもと違うワンランク上のひとときを過ごすのにぴったり。

    手間ひまを惜しまずこだわり尽くしたお寿司が楽しめる『5,000円コース』 5,500円(税込)※写真はイメージです

    手間ひまを惜しまずこだわり尽くしたお寿司が楽しめる『5,000円コース』 5,500円(税込)※写真はイメージです

見た目にも鮮度の良さがわかる魚介類は、毎日市場に出向き目利きされたもの。厳選した素材は、水揚げされたときの状態のまま運ばれています。シャリにはネタとのバランスを考えられた新潟産のコシヒカリを使用。お昼のコースは、小鉢や巻もの、おわんもついたお得なコース。写真の『煮蛤』は、肝には火を通しつつレアな状態に仕上げる絶妙な火入れが絶品で、蛤のおいしさをギュッと凝縮した一品です。

恵比寿【松栄 恵比寿東口店】

職人たちが魅せる旬の素材のもてなし、恵比寿の贅沢なひととき

    店内は木を基調とした上質なくつろぎ空間

    店内は木を基調とした上質なくつろぎ空間

恵比寿駅東口からすぐの立地ながらも、ビルの地下1階にある落ち着いた佇まいの鮨店です。木を基調とした店内は、檜づくりのカウンターにスタイリッシュな照明が印象的。カウンターで交わす職人たちとのやりとりもまた、ささやかなお楽しみ。カウンターの他には、3名から18名までの個室も完備され、ここぞという大切な場面で頼りになる一軒です。

    伝統的でシンプルな技法を駆使。『楓』3,300円、『欅』4,400円、『松』5,500円、『凛』7,040円、『輝』12,100円~(税込) ※写真はイメージです

    伝統的でシンプルな技法を駆使。『楓』3,300円、『欅』4,400円、『松』5,500円、『凛』7,040円、『輝』12,100円~(税込) ※写真はイメージです

豊洲市場をはじめ全国各地の漁港から厳選して仕入れた魚に、丁寧な仕事を施した職人の技が光る鮨が楽しめます。素材を見極め、漬け、煮るなどの伝統的でシンプルな技法を巧みに駆使し、丁寧な仕事を施しています。その時期のおすすめや、ときには希少なネタも用意。食材たちとの一期一会の巡り合いも醍醐味です。写真の『煮穴子』は、ふっくらと柔らかく香ばしく仕上げた穴子に甘ダレをそっと添えて。

銀座【鮨弁慶 海 銀座店】

新潟・佐渡の魚とコシヒカリを使用した職人技が光る鮨で至福のときを

    スタイリッシュな銀座の空気と温もりを兼ね備えた和空間

    スタイリッシュな銀座の空気と温もりを兼ね備えた和空間

東銀座駅から徒歩約1分、六本木の人気店で長年鮨を握っていた山崎正夫氏による鮨店です。「海」と書かれたのれんの先に広がるのは、落ち着いた雰囲気の店内。職人技を眺めながらいただけるカウンターは臨場感たっぷり。さらに信楽焼の寿司下駄や佐渡島をかたどった箸置き、陶芸作家による酒器など、器にもこだわった上質な空間。大きな窓からは銀座の街を望むことができます。

    佐渡の豊富な魚介と佐渡産コシヒカリを堪能。『特選にぎりランチ15貫』5,500円、『料理+握り おまかせコース』11,000円(税込) ※写真はイメージです

    佐渡の豊富な魚介と佐渡産コシヒカリを堪能。『特選にぎりランチ15貫』5,500円、『料理+握り おまかせコース』11,000円(税込) ※写真はイメージです

魚介の宝庫、佐渡沖で獲れる魚を軸に、各地から良い食材を厳選。本鮪は天然にこだわり、その時々で適した産地から上質なものを仕入れています。米どころ佐渡のコシヒカリでつくる酢飯が食材を引き立てて、佐渡と江戸の絶妙なマリアージュが完成。どれも創意工夫あふれる逸品揃いで、天然の本鮪を使った『本鮪赤身の漬け』は、江戸前ならではのひと手間であっさりとした赤身の旨みを感じさせます。

中目黒【鮨 おかだ】

目黒川沿いで、食材の宝庫・岡山&五島列島の厳選素材を満喫

    桜並木を望めるよう工夫された窓から、やわらかな陽射しが降り注ぐ

    桜並木を望めるよう工夫された窓から、やわらかな陽射しが降り注ぐ

目黒川の桜並木沿いに静かに佇み、春の桜に夏の新緑、そして時には趣ある雪景色も楽しめる洗練された鮨店です。木曽檜でつくられた奥行きのあるカウンター席は、ゆったりとしていて抜群のくつろぎ感。ランチタイムは、大きなガラス窓からやわらかな陽射しが降り注ぎ、女性が一人でも気兼ねなく来店できるあたたかな雰囲気です。日頃の疲れも癒されるような至福の味わいを、自分へのご褒美に。

    末広の形に握る細身のシャリで目にも美しい逸品。『華』5,500円、『ちらし』5,500円、『ばらちらし』5,500円、『おまかせにぎり』11,000円~、『おまかせ』13,200円~(税込) ※写真はイメージです

    末広の形に握る細身のシャリで目にも美しい逸品。『華』5,500円、『ちらし』5,500円、『ばらちらし』5,500円、『おまかせにぎり』11,000円~、『おまかせ』13,200円~(税込) ※写真はイメージです

店主の故郷の岡山、そして五島列島を中心に食材を厳選。潮流が速くエサが豊富な瀬戸内海の魚は、身が締まり魚本来の旨みを味わえると大人気です。食べやすいと好評の細身の握りは、ほんの少し八の字の末広に握られていて、ネタとの安定感、食べやすさ、そして「幸せを末広に」との願いも込められています。春夏秋冬、何度でも訪れたいおいしさがここにあります。

新橋【鮨かねさか】

極上の空間で味わう至高の寿司、世界が認める味がここに

    温かな照明に照らされた白木のカウンター席は、店主の見事な技を眺めることができる

    温かな照明に照らされた白木のカウンター席は、店主の見事な技を眺めることができる

ネオン煌めく銀座八丁目の雑居ビルの地下階にひっそりと佇むのは、ミシュランガイドで2つ星に輝き続ける【鮨かねさか】。地下階段を降りた先、扉の先に広がるのは美しい白木のカウンター。室町時代の花器に花を生け、魯山人の器で鮨を供す、すべてにおいて本物にこだわる名店は、その設えも日本美に包まれています。店主の流れるような所作は、まるで日本舞踊のような流麗な美しさです。

    江戸前の仕事を施した逸品ばかり。『昼お決まり』6,500円、9,500円、15,000円 ※写真はイメージです 

    江戸前の仕事を施した逸品ばかり。『昼お決まり』6,500円、9,500円、15,000円 ※写真はイメージです 

店主の金坂氏自身が毎朝築地へ足を運び、その時期のとっておきのネタを厳選。ネタ・シャリ・わさびが三位一体をなるよう、ゲストが口にしたときのバランスを考えて、温度・湿度・熟成には人一倍こだわって提供しています。三河湾産の『小肌』は、天気や湿度など日々の状況を見極めつつ塩加減などを調整。深みのある味わいがクセになる、これぞ江戸前鮨です。

この記事を作った人

ヒトサラ編集部

この記事に関連するエリア・タグ

編集部ピックアップ

週間ランキング(6/11~6/17)

エリアから探す