ヒトサラマガジンとは RSS

更新日:2021.03.24食トレンド 連載

一万円以内のおいしい「寿司店」厳選3軒 東京|ヒトサラ編集部がオススメするお店

高級寿司もいいけれど頻繁には行けない、でも回転寿司やチェーン店は嫌だ。そんな方におすすめの、一万円以内のおいしい「寿司店」をご紹介。ヒトサラ編集部の3名がそれぞれ通うオススメ店です!

ブリの握り

ヒトサラ編集部がオススメする
一万円以内のおいしい「寿司店」

1.新米編集者・小林が推す
 【寿司團】/広尾

広尾で本格鮨が3,000円!! カジュアルデートにも使えるコスパ最強店!

    カウンター特有の緊張感が無く、リラックスして食べられるのがいい。写真は「甘エビ」

    カウンター特有の緊張感が無く、リラックスして食べられるのがいい。写真は「甘エビ」

「カウンターでサクッと美味しいお鮨が食べたい!」そんなとき、予約なしで気軽に立ち寄れるのが、広尾「THE RESTAURANT」にある【寿司團】。星付き店【はっこく】の佐藤博之さんによる新業態で、家族連れでも入りやすいカジュアルな江戸前鮨のお店です。

  • 5,000円コースより「ウニ」

    5,000円コースより「ウニ」

  • もちっとした食感の赤酢のシャリは酸味控えめ

    もちっとした食感の赤酢のシャリは酸味控えめ

ここの魅力は、なんといっても本格鮨がお手頃価格で食べられるところ! コースは「おまかせ10貫」のみで、昼は3,000円、夜は5,000円で食べられます。星付きの系列店としてはかなりコスパがよいですよね。さらに、広尾という土地柄、オシャレな人も多く、デートにも女子会にも最適! いろんなシチュエーションで気軽に立ち寄りやすい‟使える”一軒です

2.アラサー男子・関口が推す
 【すし宗達】/初台

カジュアルなのに、値段を上回るクオリティ!

    こちらは『ブリ』。鮨の味に「透明感」があり、丁寧な仕事が伺えます

    こちらは『ブリ』。鮨の味に「透明感」があり、丁寧な仕事が伺えます

僕のオススメは、初台駅から徒歩7分ほどのところにある【すし宗達】。カウンターでおいしい握りを楽しめるお店でありながら、何も気負いせずに“ただお鮨を味わう”ことができるカジュアルさが心地いいお店です。高級な鮨屋って行くだけで気を張って疲れてしまいますが、【宗達】は近所の馴染みの居酒屋感覚で入れるし、もし何か分からないことがあったら大将に聞けばいい!

  • 『おまかせ』は握り12ヶでなんと3,600円!

    『おまかせ』は握り12ヶでなんと3,600円!

  • 店内は気負いしない居酒屋のような雰囲気

    店内は気負いしない居酒屋のような雰囲気

ここの鮨はおいしいのに安い! 単品で頼んでも、『おまかせ』を頼んでも、だいたいお会計は一人7,000~8,000円程度。それでいて毎日市場に通って仕入れている、値段を上回るクオリティのお鮨が食べられます。
空いていればふらりと入ることもできますが、近所の人からも人気で基本的に客足が途絶えないので、事前に予約をしておくことをオススメします。

3.艶っぽ系女子・福島が推す
 【すし屋の戸塚】/椎名町

ふたつの味わいが楽しめる、穴子の握り

    すし屋の戸塚の「のどぐろ」

    ほどよく脂がのった『のどぐろ』

今回ご紹介するお店は池袋の隣駅、西武池袋線の椎名町駅にある【すし屋の戸塚】。街に密着型のお鮨屋さんなので、肩肘張らず気軽に鮨を楽しむことができます。注文は予算を言っておまかせコースを食べるのもよし、今回は1万円でつまみ7品、握り10品以上をいただきました。

こちらは表面が軽く炙られた『のどぐろ』。口の中にいれた瞬間、とろけてなくなってしまうほどの柔らかさと絶妙な脂の具合。ガリの手前には「梅干し」が置いてあり、独特の甘酸っぱさが握りの合間に食べるとさっぱりして最高なんです。

    すし屋の戸塚の穴子握り

    左が皮面を表に塩で、右は身を表に甘辛いタレで味付けされています

続いて2貫の『穴子』。左は、皮面が外側になっていて、塩でいただくスタイル。食感はふわふわと柔らかいのですが、味はギュッと旨味が濃く、あとからくる塩味がおいしいです。右は、煮アナゴにツメをぬった握り。こちらも十分柔らかいのですが、穴子らしい身の食感と甘さがあり、この対極的な握りを味わえるのは【すし屋の戸塚】ならではの楽しみ方です。

この記事を作った人

日々ウマいものを求め続ける「ヒトサラMAGAZINE」チーム

新米編集者:小林
アラサー男子:関口
艶っぽ系女子:福島

この記事に関連するエリア・タグ

編集部ピックアップ

週間ランキング(10/20~10/26)

エリアから探す