ヒトサラマガジンとは RSS

更新日:2021.01.21食トレンド 連載

ヒトサラ編集部がオススメする! おいしい「町中華」厳選4軒|東京

ランチにひとりでふらりと、友人や同僚との飲みでワイワイと、どんな時でもいつだって迎え入れてくれる、僕らの味方「町中華」。普段から食べ歩くのが大好きなヒトサラ編集部の4名が、それぞれオススメのお店をご紹介します!

ヒトサラ編集部がオススメする! おいしい「町中華」厳選4軒|東京

ヒトサラ編集部がオススメする
「町中華」厳選4軒

1.オーバー30女性A子が推す
 【Chinese Restaurant 漢】/三田

焼き物も炒め物もとにかく旨い! コスパ抜群の中華料理店

    香港を代表する焼き物を並べた「広東焼物 5種盛り」900円(税抜)

    香港を代表する焼き物を並べた「広東焼物 5種盛り」900円(税抜)

味は本格的なのに、価格は近所の町中華並み! とてつもなくコスパが良くて行くたびに感動してしまう【チャイニーズレストラン 漢】。店主は「マンダリン オリエンタル 東京」の中華で焼き場を担当していた藤井さん。焼き物がとにかく素晴らしくて店の名物のひとつ「広東焼物 5種盛り」では、広東式チャーシューや豚トロ黒胡椒焼き、ゆで鶏ネギソース添えなど5種が一気に楽しめます!

  • 「大活け車エビの紹興酒漬けコ-ス」は前日までの要予約

    「大活け車エビの紹興酒漬けコ-ス」は前日までの要予約

  • 中国の酒蔵から直輸入している紹興酒は品揃えも豊富

    中国の酒蔵から直輸入している紹興酒は品揃えも豊富

ほかにも「活け車エビ紹興酒漬け」もお気に入り。単品でも注文可能ですが、コース(「大活け車エビの紹興酒漬けコ-ス」)のほうが海老のサイズが大きい! しかもそのコースには「広東焼物 5種盛り」もあって、全5種+デザートで3,500円とお得なのです。海老好きなら前日までに「活け車エビ紹興酒漬けコース」で予約し、他に食べたいものは追加注文するのがオススメ。とにかく、何を食べてもおいしいのでぜひ行ってみてください!!

2.アラサー男子J太郎が推す
 【ビーフン東】/新橋

どれを頼んでも正解! 全部ウマい老舗町中華

    創業時からの人気メニュー『エンチェン(台湾風 豚の腸詰め)』700円(税別)は、浜納豆の特製ダレがアクセント

    創業時からの人気メニュー『エンチェン(台湾風 豚の腸詰め)』700円(税別)は、浜納豆の特製ダレがアクセント

僕が紹介するのは1952年創業の、ザ・老舗町中華な雰囲気漂う【ビーフン東】。お店は使い込まれていながらも、汚らしさは皆無。そして何より、どれを食べても本当においしい!
まずは写真の『エンチェン』をつまみながらビールをちびちびと。腸詰めと一緒に、ちょこんとのった濃いめの特製ダレと、下に敷かれたツンと辛いネギを合わせて食べれば、ビールが無限に進みます。

  • 『台湾風 黒酢の酢豚』1,600円(税別)。肉が大きくてボリューミーだが、衣は薄く、意外とペロリと食べ切れる

    『台湾風 黒酢の酢豚』1,600円(税別)。肉が大きくてボリューミーだが、衣は薄く、意外とペロリと食べ切れる

  • 『五目ビーフン(焼き)』850円(税抜)。「焼き」と「汁」のどちらにするかを選べる

    『五目ビーフン(焼き)』850円(税抜)。「焼き」と「汁」のどちらにするかを選べる

前菜を何皿か楽しんだら、紹興酒を頼みつつメインへ。
げんこつのようなサイズの肉がゴロゴロと盛られた『台湾風 黒酢の酢豚』は絶対外せません! 脂ののったもっちりとした食感を思い出す度に【ビーフン東】に行きたくなる……。
主役の『ビーフン』は五目、煮豚、海老、あんかけ、蟹玉の5種類。それぞれ「焼き」と「汁」が選べて、どちらがオススメかというと、どっちも(!!)。だって、本当にどちらもウマいんです!!

3.20代イマドキ女子 M歩が推す
 【中華風家庭料理 ふーみん】/表参道

並ぶからこそ味わえる、魅惑の豚角煮

    中華風家庭料理 ふーみん 豚肉の梅干煮

    『豚肉の梅干し煮定食』1,150円(税込) ※ご飯と味噌汁がつきます

M歩が紹介する町中華は、表参道で40年続く【中華風家庭料理 ふーみん】。ランチで食べに行くことが多いのですが、並ばずに入れたことはない、かなりの人気店です!

ぜひ食べていただきたいのが、昼過ぎには完売してしまう『豚肉の梅干し煮』。甘辛い煮汁を染み込んだ角煮は、身がほどよく締まっているものの食感は柔らかく、噛むほどに旨味を感じます。角煮1個でご飯1杯は余裕ですね……。脂身も軽く、梅干しの甘酸っぱさとも素晴らしいコンビ! この日も「あぁ、やっぱりライス1杯じゃ足りなかったな……」と、最高のおかずでした。

    【中華風家庭料理 ふーみん】『海老のチリソース炒め(小)』

    『海老のチリソース炒め(小)』2,000円(税込)

『海老のチリソース炒め』も大好き! ぷりっぷりの海老が10個近く入っており、小サイズでこの量はびっくり。最初の一口は「あっ、意外と辛いかも?!」と思うのですが、辛味の余韻が心地よく、これがやみつきになります。ご飯にもお酒にも合う料理なので、【ふーみん】に行かれた際はぜひ! ランチは11:30から16:30まで営業してます。(L.O.16:00)

4.ギリ昭和生まれ男子Gが推す
 【麺飯食堂 なかじま】/渋谷

王道メニューなのに、懐かしくない!

    町中華の定番といえば、炒飯。炒飯がおいしいお店に間違いはない。『ノーマル炒飯SET』950円

    町中華の定番といえば、炒飯。炒飯がおいしいお店に間違いはない。『ノーマル炒飯SET』950円

最近知ったばかりですがぜひおすすめしたいのが、渋谷にある【麺飯食堂 なかじま】というお店。自分にとって町中華のイメージが変わった一軒です!

メニューの並びは『醤油らーめん』『塩らーめん』『担々麺』『炒飯セット』『レバニラ』など、確実に王道のそれ…。ところが店内は、高い天井空間、さらりときれいな木のカウンター、そこにロカビリーが流れ、町中華らしからぬ雰囲気なのです。しかも、なにを頼んでも本当においしい。平日は11〜翌朝4時まで営業していて(通常時)、飲み会の〆の会社員から、食べ盛りのメンズ、女性の一人客まで、渋谷にいる若い客層もその胃袋を掴まれまくっています……!

  • 『担々麺』は「辛め」と「まろやか」の2種類。『炒飯』か『スタミナ焼肉丼』のセットにもできる(950円)

    『担々麺』は「辛め」と「まろやか」の2種類。『炒飯』か『スタミナ焼肉丼』のセットにもできる(950円)

  • 『醤油らーめん』650円。豊富な卓上調味料にテンション上がるも、おいしすぎて卓上調味料の出番がない

    『醤油らーめん』650円。豊富な卓上調味料にテンション上がるも、おいしすぎて卓上調味料の出番がない

行くたびに感じるんですが【なかじま】さんの料理って町中華らしい「懐かしさ」をあまり感じないんですよね。味付けがどこか今っぽくて……。初めて訪れたら、ぜひ『炒飯』を召し上がってください! 見た目はどこにでもあるふつうの炒飯なんですが、一口めで感じる香ばしさがもうふつうじゃない…! しかも米はパラパラ、卵もふわふわ、ちょっと濃いめ味付けで、炒飯を運ぶレンゲが止まらなくなります!

渋谷という立地、内装の雰囲気、そして料理の味……。「昔ながら」や「懐かしさ」を感じさせる従来のイメージとは一線を画す【麺飯食堂 なかじま】さんに、町中華界の新たな息吹を感じました。

この記事を作った人

日々ウマいものを求め続ける「ヒトサラMAGAZINE」チーム

「オーバー30女性A子」オトナのデート店ならおまかせ
「アラサー男子J太郎」がっつり男メシ担当
「20代艶っぽ系女子M歩」日本酒好きな艶っぽ女子
「ギリ昭和生まれ男子G」酒とつまみ担当

この記事に関連するエリア・タグ

人気のタグ

編集部ピックアップ

週間ランキング(5/4~5/10)

エリアから探す