ヒトサラマガジンとは RSS

更新日:2019.03.14食トレンド 連載

「ウマいハンバーガーが食べたい!」東京ハンバーガー屋厳選3軒|ヒトサラ編集部がオススメするお店

時々無性に食べたくなるハンバーガー。でも、ただインスタ映えするお店や行列店ではなく、間違いなくおいしいハンバーガーが食べたいんだ! そんなあなたに、本郷の老舗のハンバーガーから、デートにも使える六本木のカスタムバーガー、元鮨職人がつくる中目黒のフィッシュバーガー専門店まで、ヒトサラ編集部がおすすめの3店舗をご紹介します!

アプリで見る

ヒトサラ編集部がオススメする
「東京のハンバーガー屋」厳選3軒

1.アラサー男子J太郎が推す
 【FIRE HOUSE】/本郷三丁目

シンプルにウマい! 老舗のハンバーガー

    スタンダードメニューの『ハンバーガー』980円(税抜)は、余計な手を加えていない純粋な肉の旨味を感じられる

私、J太郎が紹介する【FIRE HOUSE】は1996年創業。20年以上も続いているのでその分メニュー数も多いのですが、私が一番おすすめしたいのはシンプルな『ハンバーガー』。アレンジやほかの素材に頼らずとも、やわらかなバンズに絡む塩コショウのみの肉の旨味、シャキシャキのレタス、マスタードとマヨネーズのみの主張しすぎない味付けがいいバランスで口の中に広がって、純粋においしいんです!

  • 『ベーコンチーズバーガー』1,380円(税抜)。ハンバーガーに、塩気と旨味のあるベーコン、とろっとしたチーズがプラスされた、お店で一番人気のメニュー

  • ビーフパティにリンゴのコンポートがのった『アップルバーガー』1,490円(税抜)。決して際物メニューではなく、この組み合わせがとてもウマい

ほかにも食べてほしいのが、シナモンで煮詰めた甘いリンゴ入りの『アップルバーガー』。シナモンがふわっと香り、さっぱりとしたリンゴの風味とビーフの旨味が口の中で混じりあいます。そしてリンゴの酸味が肉の脂っぽさを消してくれるので、どんどん食べたくなる! この店でしか食べられない味なので、是非。

【FIRE HOUSE】店舗情報

  • 電話:03-3815-6044
    住所:東京都文京区本郷4-5-10
    アクセス:地下鉄各線「本郷三丁目」駅から徒歩3分
    営業時間:11:00~23:00(L.O.22:30)※ランチタイムは平日の11:00~16:00
    定休日:年末年始

2.オーバー30女性A子が推す
 【THE COUNTER 六本木】/六本木

“がっつり”も“ヘルシー”も叶えてくれる! カスタムバーガーレストラン

    シグネチャーメニューの『ザ・カウンターバーガー』1,490円(税抜)に、『ポテトフライ』+300円(税抜)をオーダー。バンズはブリオッシュ、パティは100%アンガスビーフをセレクト

六本木ミッドタウン内にある、LA発のカスタムバーガーレストラン【THE COUNTER(ザ・カウンター)】。このお店の魅力は、パティ、チーズ、ソース、トッピングが自由に選べて、自分だけのカスタムバーガーが作れるところ。その数はなんと100万通り以上!

パティはホルモン剤を使用せずに育てた「100%アンガスビーフ」やチキンなど5種(プレミアム含む)、チーズはチェダーやモッツァレラなど10種以上、ソースはアイオリやBBQ、クリーミーなバターミルクランチなど20種以上、トッピングはボイルドエッグやグリルパインアップルなど30種以上(プレミアム含む)もあって、その日の気分で選びたい放題なのです!!

  • これがオーダーシート。席に座ってじっくりと選べるので、優柔不断でも焦る必要なし。ちなみに私は、オーダーまでに5分以上時間がかかってしまいます。。。(汗)

  • ヘルシーにいきたいときは、サラダにパティを乗せた「サラダスタイル」(+250円)に。この日はロメインレタスをベースに、チェダーチーズ、ビーフパティ、スプラウト、グリルパインアップルにアボカド(100円)を追加

「何を頼んだらいいのかわからない(汗)」、そんな方にはシグネチャーメニューの『ザ・カウンターバーガー』がオススメ。ほんのりバターの甘みが漂うふわふわのブリオッシュと、塩気のあるオニオンフライのザクザク感との対比、そこに肉肉しいジューシーなパティの旨味とガーリックソースの味わいが広がります。

がっつりいきたい男性と、ヘルシーに食べたい女性が一緒に行ける、貴重なバーガーレストラン。デートでも使えますよ。

※価格は肉の種類やサイズ、トッピング(一部有料あり)によって変動します。

【THE COUNTER 六本木】店舗情報

  • 電話:03-5413-6171
    住所:東京都港区赤坂9-7-4 東京ミッドタウン ガレリア B1
    アクセス:都営大江戸線「六本木駅」8番出口より直結、東京メトロ日比谷線「六本木駅」より地下通路にて直結
    営業時間:11:00~23:00(L.O. 22:00)
    定休日:不定休 (その他施設に準ずる)

3.20代女子M香が推す
【deli fu cious】/中目黒

元鮨職人の経歴を生かしたフィッシュバーガー専門店

    季節によって使用する魚が変わる『昆布〆フィッシュバーガー』1,000円(税別)。添え物のガリとよく合います

ここ【deli fu cious(デリファシャス)】は、元鮨職人がプロデュースするフィッシュバーガー専門店!
中でもとくにオススメなのが『昆布〆フィッシュバーガー』です。季節によって変わる具の魚は、この日は「サワラ」。出汁の風味が漂う優しい味わいで、中に入っているたくあんが食感と味のアクセントになっています。キャベツ、三つ葉、レンコンといった野菜もたっぷり入った、ここでしか食べられない和の味わいが楽しめます。

  • 『活け〆煮アナゴの天ぷらドッグ』1,200円(税抜)。サクッとした衣とふわふわのアナゴに、アナゴの煮詰めソースとマヨネーズが相まって、甘じょっぱい最高のハーモニー

  • 『コールスロー』300円(税抜)には、アンチョビ、玉ねぎ、リンゴなどでつくった自家製の無添加ドレッシングをたっぷりかけていただきます。タイの辛味調味料「シラチャー・ソース」をかけるのもオススメ

元鮨職人がプロデュースしているので、魚に対する想いも人一倍。『昆布〆フィッシュバーガー』は、魚の旨味を最大限に引き出すために、バンズにバター醤油を一度塗ってから焼いています。どのバーガーも定期的に恋しくなってしまう味なので、ぜひトライしてみてください!

【deli fu cious】店舗情報

  • 電話:03-6874-0412
    住所:東京都目黒区東山1丁目9-13
    アクセス:東京メトロ日比谷線「中目黒駅」から
    営業時間:[月曜~日曜]12:00~21:00
    定休日:水曜

この記事を作った人

ヒトサラ編集部

この記事に関連するエリア・タグ

人気のタグ

編集部ピックアップ

週間ランキング(3/12~3/18)

エリアから探す