ヒトサラマガジンとは RSS

更新日:2021.06.08デート・会食

和食と中華を取り入れた、独創的なフレンチが味わえる店|【白土】六本木

大江戸線六本木駅から徒歩1分のところにあるフレンチレストラン【白土】。日本各地から取り寄せた選りすぐりの食材を和食や中華のエッセンスを取り込んで調理したフレンチが楽しめます。コース内容は20品目で少量多品目のスタイル。他では味わえない独創的なフレンチは絶品です。

白土のホワイトアスパラのピューレ 北海道雲丹とキャビア 白トリュフの香り

料理とまっすぐに向き合える、洗練された店内

    白土の内観

    自然素材を活かした空間で過ごす、贅沢なひととき

白壁に木や土、石といった自然素材を取り入れた店内はシンプルでモダンな雰囲気が漂い、こころ休まる居心地のよさが魅力です。席はどこに座ってもシェフの気遣いが行き届くようにカウンター8席のみ。座り心地のよい椅子でゆったりと食事を満喫できます。

    白土の内観

    食器やカトラリーにもシェフのセンスが光ります

料理はフレンチをベースにしつつも国籍やルールにとらわれないイノベーティブ・フュージョン。インテリア同様に器にもこだわり、洋食器だけでなく有田焼や信楽焼、益子焼など、シェフが自ら厳選した焼物に盛り付けて提供されます。未体験の味もさることながら、料理とマッチした器の演出も楽しみです。

豊かな食材の旨みを引き出す、多彩なコース料理

料理をたくさん楽しんでいただくため、おまかせのコース料理は旬の食材を使ったメニューが少しずつ20品登場します。フレンチの技法に和食や中華のエッセンスを織り交ぜた独創的なメニューは、どれも丁寧に仕上げられ、オリジナリティにあふれるおいしさは驚きの連続です。

ここからはコースの中の一例をご紹介します。

『千葉・竹岡産のど黒の炭火焼き』

    白土の千葉・竹岡産のど黒の炭火焼き

    ふんわり、パリパリの食感が楽しめる『千葉・竹岡産のど黒の炭火焼き』

大ぶりで身が分厚い、千葉県竹岡産の厳選したのど黒を使用。身はふっくらと皮はパリッと備長炭で焼き上げます。皮目に素揚げしたうろこをのせ、のど黒の骨から取っただしと西京味噌を合わせたソースでいただきます。ふんわりとした柔らかい身とうろこの食感は絶妙です。

『ボタン海老のブランデー漬け』

    白土のボタン海老のブランデー漬け

    ブランデーの芳醇な香りが口いっぱいに広がる『ボタン海老のブランデー漬け』

中華料理の紹興酒漬けをアレンジしたメニューです。香り立つブランデーに山椒や生姜などを合わせた独自のタレに、北海道産ボタン海老を漬け込んだ一品です。芳醇なブランデーの香りとボタン海老の濃厚な甘味が口の中で広がり、ふくよかな余韻が残ります。

『ホワイトアスパラのピューレ 北海道雲丹とキャビア 白トリュフの香り』

    白土のホワイトアスパラのピューレ 北海道雲丹とキャビア 白トリュフの香り

    舌触り滑らかな『ホワイトアスパラのピューレ 北海道雲丹とキャビア 白トリュフの香り』

雲丹の殻にクリーミーな野菜のムースを入れ、その上に雲丹とキャビアをのせた贅沢な料理。提供する直前に目の前で白トリュフオイルをかけることで豊かな風味が立ち、味が一段と深みを増します。季節によってカリフラワーやかぶが使われることもあります。

ペアリングで料理を引き立てる銘醸ワインを品揃え

    白土のドリンク

    料理によく合う日本酒やワインも逸品揃い

料理はアルコールのペアリングを付けることでさらにおいしさが引き立ちます。取り揃えているワインはフランス産が中心で、『アルコール ペアリング』ならブルゴーニュや貴腐ワインなど7~8種類のワインが楽しめます。また、お酒を飲めない、飲まれない方への『ティー ペアリング』も好評です。

六本木の路地裏に佇む、カウンター8席のこぢんまりとしたレストランですが、だからこそできるきめ細かい対応が評判です。日本各地から選りすぐった食材でつくる料理はどれも独創的で、隠れ家レストランとして大切にしたいお店。21時以降のアラカルトメニューもあります。

料理人プロフィール:白土 誠司さん

    白土の 白土誠司氏

    1990年、千葉県生まれ。ホテルのフレンチレストランで料理人のキャリアをスタート。恵比寿の和食店や中華料理店を経験し、魚の扱いなど幅広い知識を習得。麻布十番のフレンチレストランで3年勤務する中でメインシェフも務め、その後渡欧し星付きレストランを巡る。2019年【白土】オープンに伴いシェフに就任。

この記事を作った人

ヒトサラ編集部

この記事に関連するエリア・タグ

編集部ピックアップ

週間ランキング(10/21~10/27)

エリアから探す