ヒトサラマガジンとは RSS

更新日:2021.07.26デート・会食

自家菜園で収穫した野菜やハーブで一皿に“四季の移ろい”を滲ませる一軒家フレンチ|【ル・ジャルダン グルマン】広島

広島電鉄宮島線・古江駅から徒歩5分。緑に囲まれた閑静な住宅街に佇むのが、ミシュランガイド広島で星を獲得した名店【ル・ジャルダン グルマン】です。渡欧経験でフレンチの伝統的な技法を習得したシェフがつくる、国産食材の魅力を存分に引き出したフランス料理が、広島のフレンチファンのみならず、舌の肥えた県外の食通をも魅了しています。

自家菜園で収穫した野菜やハーブで一皿に“四季の移ろい”を滲ませる一軒家フレンチ|【ル・ジャルダン グルマン】広島

美しい庭園や自家菜園に期待が高まる一軒家レストラン

古江駅の北の山手に広がる閑静な住宅街の中腹に鎮座する一軒家フレンチレストラン【ル・ジャルダン グルマン】。駅からなだらかな坂道を歩くこと数分、突然広々とした果樹園が広がり、その向こうにヨーロッパのシャレーかと見まがう赤茶色の壁に店名が大きく書かれた一軒家が現れます。ゲートから入り口まで続く坂道に自家菜園の野菜やハーブが。この演出に料理への期待が自然と高まります。

    四季の移ろいを感じられる一軒家レストラン

    四季の移ろいを感じられる一軒家レストラン

店名通り、「ル・ジャルダン」=庭園に囲まれ、天気の良い日は大きな窓から陽光が差し込む店内。シンプルモダンをテーマにチョイスされたインテリアを効果的に配置し、温かみのある雰囲気を醸し出しています。

    ビギナーも自然体で食事できる雰囲気

    ビギナーも自然体で食事できる雰囲気

オーナーシェフの小山賢一氏は3年間の渡欧経験でフレンチの伝統的な技法を習得。同店では、クラシックをベースに、地場を中心とした国産食材の“地力”を前面に押し出した現代風フレンチを提供しています。一瞬で移ろう旬のはかなさを盛り込んだ料理には、訪れるたびに新鮮な驚きを感じられることでしょう。

本場フランスで培った技で、国産食材の魅力を引き出したフレンチを提供

メニューはシェフおまかせのコースのみで、ランチは5,500円・7,700円・13,200円の3種類、、ディナーは7,700円・13,200円があります。いずれも珠玉の逸品が並びますが、今回はこちらの3品をご紹介しましょう。

皿の上に“旬”が彩る『自家菜園の野菜を使ったサラダ』

    一皿に季節感と野菜の生命力がいっぱい

    一皿に季節感と野菜の生命力がいっぱい

自家菜園の野菜率が90%という広島のテロワールがギュッと盛り込まれた一皿。薄めのドレッシングを使い、旬の野菜が持つ食感、甘味やほのかな苦みなど野菜本来の味わいを楽しめます。

『村 公一さんが捕ったスズキのポワレ ヴェルベーヌ風味』

    爽やかなベルベーヌの香りが優しい余韻を残します

    爽やかなベルベーヌの香りが優しい余韻を残します

ジャンルを問わず全国のシェフから信頼される漁師・村公一氏のスズキは、ベルベーヌの香りでどうぞ。

『ラパンのもも肉のロティ』

    噛むほどにおいしさが広がります

    噛むほどにおいしさが広がります

ラパンとは「うさぎ」肉の意。癖がなく、さっぱりとした味わいのもも肉をじっくり焼き上げています。

料理のおいしさを膨らませるワインを豊富にラインナップ

料理もさることながら、それに寄り添うワインも好評。グラン・ヴァン(=偉大なワイン)も取りそろえるなど、そのユニークな顔ぶれにも注目してみてください。

    料理とワインとのペアリングをぜひ

    料理とワインとのペアリングをぜひ

まるでフランスの田舎のオーベルジュのような【ル・ジャルダン グルマン】。自然豊かな環境や、自家菜園から収穫される野菜やハーブ、そして広島をはじめとして全国から届く新鮮な食材たち。本場仕込みの確かな技術とシェフのセンスで皿の上に表現される軽やかな料理の数々。五感で体験させてくれる一軒へ、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

料理人プロフィール: 小山 賢一さん

    1961年、広島県生まれ。幼い頃から料理に慣れ親しむ。はじめて味わったベシャメルソースに感動、本場のフランス料理と文化に触れるべく、渡欧を決意する。1986年から3年の間に、スイスの【ホテルペンタ】、【レストラン ピュネー】、フランスの【オーベルジュ ドゥ レリダン】、【ル ・ジャルダン グルマン】、【サンジェームスクラブ】などでの修業を経て帰国。1990年より【ル・ジャルダン グルマン】を開業。

    1961年、広島県生まれ。幼い頃から料理に慣れ親しむ。はじめて味わったベシャメルソースに感動、本場のフランス料理と文化に触れるべく、渡欧を決意する。1986年から3年の間に、スイスの【ホテルペンタ】、【レストラン ピュネー】、フランスの【オーベルジュ ドゥ レリダン】、【ル ・ジャルダン グルマン】、【サンジェームスクラブ】などでの修業を経て帰国。1990年より【ル・ジャルダン グルマン】を開業。

この記事を作った人

ヒトサラ編集部

この記事に関連するエリア・タグ

編集部ピックアップ

週間ランキング(9/16~9/22)

エリアから探す