ヒトサラマガジンとは RSS

更新日:2020.12.13旅グルメ

料理人が選ぶ、広島の名店|広島の“シェフ推し”レストラン

ヒトサラでは、全国の料理人によるレビューサイト「シェフがオススメするお店」を展開。今回は、広島市内のお店をオススメしている投稿をピックアップしてみました。実力派がしのぎを削る西のグルメタウンで、シェフたちの注目を集めるお店とは。

お竈突の焼き蟹味噌

横川駅【La sette】/イタリア料理

アットホームな雰囲気で楽しむ心と体が喜ぶイタリア料理

    素材にも調理法にもこだわった、からだに優しいイタリアン

    素材にも調理法にもこだわった、からだに優しいイタリアン

オーナーシェフ・北村さんがイタリアの修業時代に感じたこと。それは「食事とは、大切な人たちと、たくさんおしゃべりをしながら、賑やかに楽しむもの」ということ。その思いはいまも変わらず、ここ【La sette】でも、すべてのゲストが、わが家のように寛げるように、真心を込めた料理とリラックスできる空間を提供する。

  • シェフの両親と同じようにジェラートをつくって笑顔を届けたいという想いで誕生

    シェフの両親と同じようにジェラートをつくって笑顔を届けたいという想いで誕生

  • チーズの甘み、トマトの酸味、ふきのとうの苦み、3種類の味が口のなかに広がるパスタ

    チーズの甘み、トマトの酸味、ふきのとうの苦み、3種類の味が口のなかに広がるパスタ

料理は、広島県庄原市や北海道からの産直無農薬野菜、瀬戸内海産のお魚、九州産の黒毛和牛など、産地にこだわり厳選した食材を使い、栄養や持ち味を損なわないよう、ていねいに調理。上質な味わいのイタリア料理、そしてお店の柔らかな雰囲気があいまって、大事な人との食事や、お祝い・記念日の食事での利用も多い。

予約カレンダー
カレンダーで他の日を見る
オススメしたシェフの声
福岡朋和さん

福岡朋和さん

【イタリアン居酒屋 FUKUOKA】
店内は清楚な雰囲気で品があり、その中で高級感のある料理がいただけます。料理はどれもおいしく、なかでも『前菜の盛り合わせ』が豪華で印象的です。

胡町駅【お竈突】/日本料理

夕餉の原風景を彷彿させる佇まいで至福のひとときを

    たまごの甘みと相性が抜群『焼き蟹味噌』

    たまごの甘みと相性が抜群『焼き蟹味噌』

広島有数の繁華街にありながら、周囲の喧騒とは趣きの異なる隠れ家的な割烹料理店【お竈突(おくど)】。店名の由来は、かまどや土間などの煮炊きをする空間のことで、店内はどことなく古民家での夕餉の時間を彷彿させる、懐古的な風情が漂い、自然と肩の力が抜け、ゆったりと料理とお酒に向き合えば身も心も癒やされる。オススメは、熟練の板前たちが備長炭で炙る、山口県油谷産の特選和牛や長崎県産ののど黒などの厳選食材だ。

オススメしたシェフの声
竹本隆司さん

竹本隆司さん

【鉄焼酒房 蜂ヤ 本店】
繁華街にありながら隠れ家的な雰囲気で、「ここ一番」の食事や、贅沢がしたいときはまっさきに頭に浮かびます。産地と鮮度を厳選した鮮魚や特選牛など、高級食材を備長炭でじっくり焼いた炭火焼は絶品。だれを連れて行ってもかならず満足してもらえます。

銀山町駅【カジーノ】/イタリア料理

本場が認めた自家製加工肉とダイナミックな肉料理

    本場ドイツでも認められたクオリティの高さと品揃えの多さが自慢。自社工房でつくられる『自家製加工肉』

    本場ドイツでも認められたクオリティの高さと品揃えの多さが自慢。自社工房でつくられる『自家製加工肉』

欧州各国の素朴な伝統料理を提供し、なかでも特筆すべきは、加工肉・肉料理への力の入れよう。数十種類あるというハム・サラミ・ソーセージなどの加工肉は、すべて上階の自社工房でつくられる。それも、2016年に自社工房をつくるとすぐ、ドイツのコンクールでメダルを多数受賞。その実力は折り紙付きだ。ヨーロッパの田舎を思わせる雰囲気の店内で、加工肉や豪快な肉料理とともに、仲間とワイワイお酒を酌み交わす。楽しさに溢れた一軒だ。

オススメしたシェフの声
室加和孝さん

室加和孝さん

【廣島むろか】
ヨーロッパのさまざまな肉料理とワインが楽しめます。店独自でつくっている加工肉がとくにオススメで、ソーセージや生ハムまで自家製。どれも素材の旨みを存分に味わえる逸品です。シックな雰囲気が居心地がよく、大人のデートに最適です。

胡町駅【割烹 白鷹】/割烹

味、酒、雰囲気と三拍子が揃った、路地裏の名割烹

    瀬戸内海に浮かぶ周防大島産のウニをのせた『うにご飯』

    瀬戸内海に浮かぶ周防大島産のウニをのせた『うにご飯』

流川町の路地裏に暖簾を掲げ約60年。その名は、前身である大正年間創業の万屋にあり、当時灘の酒『白鷹』を扱っていたことに由来。初代が創業時に灘の酒蔵までお願いに出向き、屋号を授かったという。そんな縁ある酒『白鷹』に合わせるのが手仕事の光る料理。昔からのこだわりである刺身は、鮮度抜群の魚がある一方で、軽く昆布締めにするなど、おいしさを最大限に引き出す。美酒、美肴、空間が楽しめる、広島の名割烹と呼ぶにふさわしき一軒だ。

オススメしたシェフの声
杉山 衛さん

杉山 衛さん

【寿司幸本店】
東京・赤坂の名店【津やま】で修業をした河口洋平さんが、実家を継ぎ、3代目を務める日本料理店。地元・瀬戸内海の新鮮な海の幸、山で採れる山菜やタケノコ、野菜にいたるまで地物にこだわった食材を使った料理は絶品です。

袋町駅【貫路】/日本料理

瀬戸内海の豊かな海の恵みを堪能する日本料理店

    醤油ベースの出汁で締めた逸品『絶品 鯖ずし』

    醤油ベースの出汁で締めた逸品『絶品 鯖ずし』

賑やかな表通りから離れ路地裏に佇む【お料理 貫路~かんじ~】。木目の美しい外観の扉を開くと、和モダンでシックな空間が迎える。日本料理人歴20年の料理長は、広島の一流ホテル出身。料理長みずから厳選した素材を長年つちかった卓越した技術で、本物の「うまい」味を知る大人たちから厚い支持を受けている。瀬戸内海で育まれた海の幸、温暖な気候でつちかった山の恵みを取り入れた料理の数々。広島の銘酒とともに寛ぎのひとときが過ごせる。

オススメしたシェフの声
永江宗明さん

永江宗明さん

【さけのさかな】
瀬戸内海の海の幸をふんだんに使った日本料理が楽しめます。広島の一流ホテルで腕を振るっていた料理長の手づくり鮨、とくに『鯖寿司』は絶品。大通りの喧騒から離れた路地裏という立地、さらに個室も完備されているので、接待などの会食にもぴったりです

この記事を作った人

ヒトサラ編集部

この記事に関連するエリア・タグ

編集部ピックアップ

週間ランキング(10/20~10/26)

エリアから探す