ヒトサラマガジンとは RSS

更新日:2021.08.10グルメラボ

〈行ってみた〉昭和レトロあふれる街「大井町・東小路飲食店街」のオススメ店3選

こんにちは。ヒトサラ編集部の寺見が実際に訪問したオススメのお店をご紹介する、気になるお店のあの料理。今回は令和の東京とは到底思えない、ナチュラルに昭和の香りを残すディープな路地裏「大井町・東小路飲食店街」のオススメ店を3軒まとめてお届け。老舗の洋食店、超絶コスパがいい町寿司、定食がおいしい居酒屋など、私がリアルに足しげく通っているお店をご紹介します。

ブルドックのオムライス

この記事を書いた編集部員
トンカティスト寺見

トンカティスト寺見

B級グルメをこよなく愛し、365日外食生活を続け人生残りの食事回数をカウントダウンしながら生きている40歳のおじさん。玉子焼きは甘い派です。

東小路飲食店街ってどんなところ? どこにあるの?

    東京2020オリンピック開催時の「東小路飲食店街入り口」※1964年ではありません。

    東京2020オリンピック開催時の「東小路飲食店街入り口」※1964年ではありません。

東急大井町駅側の改札を出てすぐのところにあるノスタルジックな横丁。道行く人とすれ違うのがやっとという細い路地には数十軒の飲食店がところ狭しと密集しており、その空気感はもはや昭和というより戦後のどさくさに近い雰囲気。東京を代表するディープな横丁、それが「東小路飲食店街」なのであります。

老舗洋食店の底力、お食事は大井一うまい・やすい【ブルドック】

    路地裏にどんと構える看板、そう、この店は「大井一うまい・やすい」のです

    路地裏にどんと構える看板、そう、この店は「大井一うまい・やすい」のです

顔ほどの大きさがある『メンチカツ』や、3段重ねがミニマムの『ハンバーグ』などが名物の、ボリューミーな洋食が楽しめるお店。看板にかかげられる「大井一」は「多い一」という意味もあるのではないかと思っています。もちろんデカ盛りだけじゃありません、味も大井一。お気に入りの『オムライス』は、ケチャップたっぷりのチキンライスがパンパンに詰め込まれた玉子に店主の気分次第で色んな文字を入れてくれます。

    この日の格言は「Love」。愛にあふれていますね

    この日の格言は「Love」。愛にあふれていますね

1貫30円~!? 立ち食い寿司の名店【いさ美寿司】

    衝撃の30円寿司『ゲソ』

    衝撃の30円寿司『ゲソ』

続いてご紹介するのは衝撃のコストパフォーマンスをほこるお寿司屋さん【いさ美寿司】。お店は6人も入れば超満席になるような立ち食いスタイルの小さなお店です。最安値の『ゲソ』(30円)にはじまり『厚焼玉子』(40円)、『赤身』(140円)、『中トロ』(200円)、など信じられない価格でお寿司がたらふく楽しめます。

    立ち食い寿司のレベルを凌駕している『中とろ』200円(税込)

    立ち食い寿司のレベルを凌駕している『中とろ』200円(税込)

価格に目を奪われがちですが、もちろんネタの鮮度も申し分ないのでご安心を。ビールが缶ビールで提供されるのはご愛敬ですが、『おまかせ』(1,200円)でじっくり楽しむもよし、0次会代わりにサクッと立ち寄ってパパッと3、4貫つまんで、次の店に流れるもよし。いつも満員ですが、回転も速いので臆せずトライしてみてください。
(注:お寿司の注文は2貫~なので2人以上で行くと、より色々なネタを楽しめます)

居酒屋なのにお酒が飲めない筆者の行きつけ【まんぷく食堂】

    東小路飲食店街の中では新しめの外観。女性のおひとりさまが多いのもうなずけます

    東小路飲食店街の中では新しめの外観。女性のおひとりさまが多いのもうなずけます

最後にご紹介するのは、東小路飲食店街の中では比較的新しい部類に入るであろう、カウンター居酒屋【まんぷく食堂】。バリバリの居酒屋さんであるものの「食堂」の冠に偽りなしの、夜でもおいしい定食が食べられるお店なのです。

    『マグロ漬丼』1,100円(税込)。見えにくいですがこの日は「しめサバ、中トロ、カツオ、カンパチ、タイ」が追加でライドオン

    『マグロ漬丼』1,100円(税込)。見えにくいですがこの日は「しめサバ、中トロ、カツオ、カンパチ、タイ」が追加でライドオン

お客さんの半分くらいは定食目当てで来店されるおひとりさま。『豚肩ロース生姜焼き定食』や『お刺身定食』、『日替わりの焼魚定食』など1,000円前後の価格でおいしいご飯が食べられます。その中でも私のお気に入りは『マグロ漬丼』。実際に注文してみると分かるのですが、明らかにマグロ以外のネタも大量にのっています。日替わりで黒板に書かれているお刺身メニューの数々が、毎回ほぼ全種類マグロ漬丼の上にライドオン。お腹も心もまんぷくになる、そんなお店なのです。


以上、今回は大井町在住歴10年の筆者が足しげく通う、21世紀の東京とは思えないレトロな横丁「大井町・東小路飲食店街」でまずは押さえて欲しいお店3連発をお届けしました。

その他にも【肉のまえかわ】【永楽】【丸八とんかつ店】【華林】など、まだまだ紹介しきれない名店揃いです。食べて良し、飲んで楽しい東小路飲食店街、お近くにお越しの際はぜひ行ってみてください。それでは次回も気になるお店でお会いしましょう。

さよなら、さよなら、さよなら。

この記事を作った人

ヒトサラ編集部・寺見(トンカティスト)

B級グルメをこよなく愛し100%外食で過ごす生活を続け、人生残り何回食事できるかをカウントダウンしながら生きています。とんかつ好きが高じ“トンカティスト”として執筆やインフルエンサーとしても活動中。大分県出身・40歳(独身)

この記事に関連するエリア・タグ

編集部ピックアップ

週間ランキング(10/18~10/24)

エリアから探す