ヒトサラマガジンとは RSS

更新日:2021.08.31グルメラボ

本場で修業を積んだシェフがつくる珠玉のフランス料理を千葉で堪能|【トラント・トロワ】千葉

千葉駅の繁華街の裏手にあることから裏千葉と呼ばれている話題のエリアに【トラント・トロワ】はあります。2019年に創業するやいなや、本格的なフランス料理を食べられると一躍評判に。訪れる人を選ばないお店ですので、一人はもちろん、友人や恋人、家族と大切な時間を過ごすのに最適です。

トラント・トロワの料理

都会の喧騒から切り離された落ち着きのある空間

    トラント・トロワの外観

    比較的新しいお店ながら、早くもリピーターが続出する人気店に。訪問時は予約をすることがオススメです

千葉駅で下車し、繁華街を抜けて歩くこと5分、飲食店がひしめくこの地域のビルの2階にあるのが【トラント・トロワ】です。2019年に創業したこちらのお店では、フランスのミシュラン三つ星店で修業を積んだシェフが腕を振るう本格的なフランス料理を楽しむことができます。

    トラント・トロワの店内

    8人が座れる半円形のカウンター席。一人で訪れたゲストにも居心地のいいお店です

店内に一歩踏み込めば、都会の喧騒を忘れさせてくれる落ち着いた空間が広がっています。茶色を基調とした店内はカウンター席とテーブル席を合わせて計24席。お祝い用のデザートプレートがあったり、希望をすれば調理前のロブスターを客席で見せてもらえたりと、シェフのサービス精神があふれるお店です。

技量の高さを感じる手の込んだ料理の数々

素材が持つ本来の旨みや食感を大切にするのがシェフのこだわりです。基本を大切にしたフランス料理の中に、独自のアレンジを探すのも楽しみ方の一つです。器や盛り付けなど見た目までもが美しい料理はどれも絶品ですが、そのなかでも特にオススメのメニュー3つを紹介します!

『スモークサーモンと鮪のテリーヌ サラダ添え』

    トラント・トロワの料理

    『スモークサーモンと鮪のテリーヌ サラダ添え』のテリーヌとサラダは、それぞれに合ったソースで食べることができます

ひき肉や魚のすり身、細かく刻んだ野菜などの食材を型に入れ、焼いて成型するテリーヌ。アレンジが自由自在なことから、シェフの個性が見える料理でもあります。『スモークサーモンと鮪のテリーヌ サラダ添え』は魚介を中心としたヘルシーな仕様。額縁に収まった絵画のような美しさには目を見張るものがあります。

『リードヴォーのブレゼ 人参と豚の耳のパネ添え』

    トラント・トロワの料理

    『リードヴォーのブレゼ 人参と豚の耳のパネ添え』は一皿で二度おいしいシェフのオススメ料理です

フランス料理の定番食材であるリードヴォーとは仔牛の胸腺で、ブレゼは食材を蒸しながら煮るという調理法です。張りのあるリードヴォーを一口齧れば、素材の持つ旨みと柔らかな食感に出合えます。添えるのはにんじんと豚の耳を揚げたパネ。こちらは歯触りのよさが特徴です。

『チョコレートのグルマンディーズ コーヒーソース』

    トラント・トロワの料理

    ソースを吸うことで濃厚さが増す『チョコレートのグルマンディーズ コーヒーソース』

「食いしん坊」を意味するグルマンディーズは、名前のとおりお腹がいっぱいでも食べられるデザートです。チョコレートケーキにフォークを入れれば、中からは香り高いコーヒーソースが。甘みと苦みが互いを引き立てる大人向けの逸品で、食事を締めくくるのにふさわしい上品さがあります。

ママ友の集まりからデートまで幅広いシーンで活躍

    トラント・トロワの店内

    どんなシーンにも馴染む装飾からは、シンプルながらも品のよさが漂います

料理がおいしいのは言うまでもありませんが、ゲストの満足感をより高めているのが、幅広い客層を受け入れ、どんなシーンでも活用できるお店の雰囲気です。ランチタイムの営業とお子様メニューの提供は子ども連れのママ友会にぴったり。夜は女子会やデート、特別な日をお祝いするのにふさわしい大人のための空間になります。

料理人プロフィール:伊藤 克美さん

    トラント・トロワの料理人

    1958年生まれ、千葉県出身。料理人だった父親の姿を見て、ゲストを笑顔にできるこの仕事の楽しさを知る。調理師学校卒業後、日本のホテルに勤務し、腕を磨く。フランスのミシュラン三つ星店での修業経験を持つ。2019年に【トラント・トロワ】を創業。

この記事を作った人

ヒトサラ編集部

この記事に関連するエリア・タグ

編集部ピックアップ

週間ランキング(10/18~10/24)

エリアから探す