ヒトサラマガジンとは RSS

更新日:2021.09.14グルメラボ

徳島の食材と旬の魚介でもてなす割烹料理の店|【阿波 吉田(旧 包丁人 益吉)】麻布十番

麻布十番駅から徒歩4分のところにある割烹【阿波 吉田】(旧 包丁人 益吉)。店主の出身地である徳島産の上質な「阿波牛」や「阿波尾鶏」が堪能でき、店主自らが豊洲市場で仕入れる新鮮な魚介を使った日本料理も絶品。「ビブグルマン」に認定される名店です

阿波 吉田(旧 包丁人 益吉)『阿波尾鶏塩焼』

やさしい木の温もりが漂う、落ち着きのある空間

    阿波 吉田(旧 包丁人 益吉)内観

    店内の内装は、自然の木を使った和のテイスト

麻布十番の中心に位置するビルの2階に、割烹料理の店【阿波 吉田(旧 包丁人 益吉)】はあります。シンプルな内装の店内には20席のテーブルが並び、落ち着きのある大人の隠れ家的な空間が広がります。大切な人と和やかに楽しむ料理やお酒は格別で、会社の接待や食事会、デートにもオススメです。

    阿波 吉田(旧 包丁人 益吉)内観

    心が和む、やわらかい灯りのおもてなし

旬の食材と真剣に向き合い最高の料理に仕上げる。店主のおもてなしの姿勢は店の雰囲気にも表れ、木を基調とした店内はやさしい灯りに包まれ落ち着きがあります。接客も丁寧で居心地がよく、季節の移ろいを感じさせる旬の料理を心ゆくまで堪能できるお店です。

旬の食材をふんだんに使った贅沢な日本料理

現地から直送で買い付ける極上の黒毛和牛「阿波牛」や旨みあふれる「阿波尾鶏」。そして店主が豊洲市場で目利きして仕入れた新鮮な海の幸。贅沢な食材を使った料理はどれもおいしく、奥深い滋味を味わえます。

その中でも、お店オススメのメニューを3つご紹介します!

『お造り』

    阿波 吉田(旧 包丁人 益吉)『お造り』

    『お造り』2,420円(税込)豊洲市場で目利きした、全国各地の海の幸を満喫できます

人気メニューの一つ『お造り』。店主が直接豊洲市場へと足を運び、全国各地で水揚げされる海の幸を新鮮さや脂の乗りなどを丁寧に見極め買い付けています。季節や仕入れによって内容が変わりますが、新鮮で生きのいい魚介はいつも絶品。ぜひとも日本酒と一緒にご堪能ください。

『麻婆豆腐』

    阿波 吉田(旧 包丁人 益吉)『麻婆豆腐』

    『麻婆豆腐』1,100円(税込)和食の料理店ながら訪れる人がこぞってオーダーする人気メニュー

和食料理の中で異彩を放つのが店主の大好物『麻婆豆腐』。メニュー化するにあたり程よい辛さに仕立てるなど、中華料理とは違う日本料理としての旨みをしっかり味わえる工夫が感じられます。お店のオープン当初から圧倒的なオーダー率を誇る逸品です。

『阿波尾鶏塩焼』

    阿波 吉田(旧 包丁人 益吉)『阿波尾鶏塩焼』

    『阿波尾鶏塩焼』1,650円(税込)ジューシー且つ歯ごたえも存分に堪能できる徳島の名産品

軍鶏をルーツに持つことで、上質な歯ごたえと旨みが味わえる徳島県の「阿波尾鶏」。香ばしい色になるまで皮目を丁寧に焼き上げることで、おいしさを凝縮させます。ジューシーなモモ肉の濃厚な旨みに、山葵の風味をアクセントにして味わうシンプルなメニューです。

日本酒や焼酎、ワインなど豊富な品揃えが自慢

    阿波 吉田(旧 包丁人 益吉)日本酒

    お客様の好みにお応えできるように各種取り揃えています

食材本来の旨みを楽しむ料理と相性がいい日本酒や焼酎を豊富にご用意しています。また、さまざまなマリアージュも楽しんでほしいとの思いから、ワインも数多く取り揃えています。メニューやその日の気分に合わせてお酒を選んでみるのも一興です。

【阿波 吉田(旧 包丁人 益吉)】は、鮮度抜群の魚介をはじめ、店主の郷里愛が伝わる徳島の名産を用いた料理が自慢。接待や会食、デートにも最適で貸切利用もできます。また限定メニューになりますが『麻婆豆腐』や『うどん』が楽しめる昼のランチメニューなども人気があります。

料理人プロフィール: 吉田 優さん

    阿波 吉田(旧 包丁人 益吉)吉田 優 さん

    1975年、徳島県生まれ。徳島のフランス料理店でキャリアをスタートし、居酒屋やお好み焼き店など、幅広いジャンルで修業経験を重ね、2012年にオーナーとして【阿波 吉田(旧 包丁人 益吉)】を現在の地にオープン。郷里である徳島の食材を用いたおいしい料理で、訪れる人を温かく出迎えます。

この記事を作った人

ヒトサラ編集部

この記事に関連するエリア・タグ

編集部ピックアップ

週間ランキング(10/18~10/24)

エリアから探す