ヒトサラマガジンとは RSS

更新日:2022.09.02デート・会食

寛ぎの空間で至極の味を堪能できる、中国料理のグランメゾン|【トゥーランドット 臥龍居】赤坂

モダン中国料理のパイオニアとして、業界を牽引する脇屋友詞さんがオーナーシェフを務める【トゥーランドット 臥龍居】。大切な人との食事や会食、接待はもちろん、結婚披露宴や記念日といった特別な場にもよく似合う、落ち着きと華やかさを兼ね備えています。ちょっとオシャレをして訪れたい、中国料理のグランメゾンです。

トゥーランドット 臥龍居の料理

庭の緑や素敵な調度品を愛でながら至極の味を楽しむ

    トゥーランドット 臥龍居のエントランス

    異国情緒に満ちたエントランス

東京メトロ赤坂駅・六本木駅から徒歩7分のところにある【トゥーランドット 臥龍居】。「中華のアイアンシェフ」として知られる脇屋友詞シェフが腕を振るう、上海料理をベースにした多彩な味が楽しめるお店です。多皿の中に五味・五色・五法というさまざまな味わいや食材、手法をバランスよく取り入れた脇屋流中国料理は、幅広い年代のファンに愛されています。

    トゥーランドット 臥龍居の店内

    落ち着いて食事ができる空間

店内を飾るアンティークの家具や現代アートなどは、脇屋シェフ自らが選び抜いたものばかり。まるでシェフの自宅に招かれたかのような温かさに満ちていて、自然とリラックスできる空間です。珍しい調度品や置物、楽しげな雑貨などが至る所に配されていて、訪れるたびに驚きと喜びを与えてくれます。

食べる人の年代を選ばない、医食同源、ヘルシーな中国料理

大皿ではなく、フランス料理のような美しい盛り付けの、コース仕立てで楽しむ中国料理を生み出し人気を博した脇屋シェフ。日本の極上食材にこだわり、素材の味を生かした料理の数々は、医食同源、ヘルシーな中国料理として、国内はもとより海外でも高い評価を得ています。

その中から、お店を代表する3品をご紹介します!

『九種の前菜』

    トゥーランドット 臥龍居の九種の前菜

    バリエーション豊かな味わいが楽しめる『九種の前菜』2,600円

「一口ずつ、いろいろなものを食べてもらいたい」。そんな脇屋シェフが大切にするもてなしの心を形にした、目にも楽しい前菜。永久の「久」につながることから、中国ではめでたい数とされている「9」品が並びます。日本料理の八寸さながらに、五味・五色・五法のバランスが取れた季節を感じる一皿です。

『フカヒレの上海風煮込み』

    トゥーランドット 臥龍居のフカヒレの上海風煮込み

    丁寧な仕事が生み出す逸品『フカヒレの上海風煮込み』25,000円

柔らかい繊維感が特徴の気仙沼産ヨシキリザメの尾びれを使用。4~5日かけて丁寧に下処理してからセイロで8時間蒸し、豚骨と鶏のもみじなどでとった毛湯で2時間ほどじっくり煮込んで仕上げます。フカヒレの観念が変わる、美味なる逸品です。

『涼麺』

    トゥーランドット 臥龍居の涼麺

    具材たっぷりで栄養バランスも良い『涼麺』3,600円

メニューを見ただけで涼やかな気分になれる『涼麺』。喉越しの良い細麺を使ったさっぱりとした冷たい麺は、まさに暑い夏にうれしいごちそうです。深い味わいの秘密は、凍頂烏龍茶が入った特製のゴマだれ。色合いも鮮やかなたっぷりの具材は、つまみとして楽しむのもオススメです。

プライベート感あふれる個室、食材へのこだわりも必見

    トゥーランドット 臥龍居の個室

    個室は、洋室だけでなく和室タイプなど全12部屋

12の個室は、それぞれに趣向を凝らした上品な設え。プライバシーが保たれるだけでなく、とても落ち着いた空間になっています。和室タイプもあり、エレベーターでのアクセスも可能。寛いだ身内の集まりから、大切な人をもてなす接待の場まで、さまざまなシチュエーションに対応してくれます。

    トゥーランドット 臥龍居の食材

    『フカヒレの上海風煮込み』には、気仙沼産の特大ヨシキリザメの尾びれを使用

日本の干しナマコや干しアワビなどは、世界で極上品として人気を集めており、海外からイベントの招聘を受ける際にも持って行くのだそう。現在、店で使われている食材の8割は国産のもの。極上の日本食材で、旬を生かした日本らしい中国料理を追求しています。

料理人プロフィール:脇屋 友詞さん

    トゥーランドット 臥龍居の脇屋友詞さん

    1958年北海道生まれ。赤坂【山王飯店】、「東京ヒルトンホテル」「キャピトル東急ホテル」等を経て、1996年【トゥーランドット游仙境】代表取締役総料理長、1997年に「パン パシフィック ホテル横浜」中国料理総料理長に就任。2001年東京・赤坂に【Wakiya一笑美茶樓】を開店。現在【Wakiya迎賓茶樓】【トゥーランドット 臥龍居】の3店のオーナーシェフを務める。「料理マスターズ」シルバー賞、黄綬褒章を受章。

脇屋シェフ_インタビュー

※店舗情報は取材当時の情報です。最新の情報や営業時間は店舗にご確認ください。

この記事を作った人

ヒトサラ編集部

この記事に関連するエリア・タグ

編集部ピックアップ

週間ランキング(9/26~10/2)

エリアから探す