ヒトサラマガジンとは RSS

更新日:2023.06.05デート・会食

匠の技が織りなす懐石料理。四季の味わいを五感で楽しむ【日本料理 芳】|大阪・北新地

JR北新地駅から徒歩5分。日本屈指の飲食店街に位置する【日本料理 芳】は、新鮮な魚介を中心に、旬の味覚を切り取った懐石料理が満喫できる日本料理店です。賑やかな通りから一転、店内に満ちる空気は心落ち着く和モダンな極上空間。心づくしのおもてなしも魅力で、接待や会食など、大切なひとときの舞台として多くのゲストに選ばれ続けています。

芳のメイン

北新地の喧騒を逃れ、非日常に包まれる粋な大人の空間

    芳のカウンター

    存在感を放つカウンター席。木の風合いが緊張をほぐします

洗練された和モダンの店内を貫くのが、白木の木目が美しい一枚板のカウンター。ゆったりと椅子が配された座席は、オープンキッチンとの距離感も絶妙です。デートや記念日はもちろん、少人数の会食にも最適。温もりを演出するダウンライトの下で、くつろぎのひとときが過ごせます。

    芳の個室

    4名ほどのグループなら個室がオススメ。事前の予約がベター

2名から利用できる個室は2部屋あり、間仕切りを外せば最大8名まで収容可能。接待などのビジネス需要はじめ、家族のお祝い事や顔合わせなど、幅広いシーンで利用することができます。落ち着いた上質な雰囲気は、語らいの場にはもってこい。自慢の日本酒に親しみながら、思い出が深まる時間に浸れます。

母体の老舗鮮魚店の矜持。直送ならではの旬が香る海幸

昭和28年創業の水産物卸売業者が営むことから、旬の鮮魚の種類とクオリティ―は折り紙付き。毎日産地から届く、その季節で一番おいしい素材を盛り込んだ、目にも鮮やかな日本料理が楽しめます。

それでは、代表的なおまかせのコースと、その一例をご紹介します。※内容は季節ごとに変更の場合あり。

旬食材を使った雅な『芳 懐石』

    芳の懐石コース

    器や盛り付けへの細やかな目配りも見事な『芳 懐石』の一例

先付け・前菜・お椀・お造り・炊き合わせ・焼き物・揚げ物・ご飯物・水菓子の全9品。その日入った選りすぐりの食材を華やかなメニューに仕上げた逸品で、日本料理の神髄に触れられます。

旬の味わいをオススメで『お造り』

    芳の造り

    産地直送の『お造り』は日替わり※写真はコースの一例

炙る、〆るなどの丁寧な仕事で、極上の旬素材のポテンシャルをアップ。オススメの数種類が日替わりの『お造り』として堪能できます。産地直送ならではの新鮮さをたっぷりと味わって。

季節の味覚を詰め込んだ『炊き合わせ』

    芳の炊き合わせ

    旬の滋味に触れる華やかな『炊き合わせ』※写真はコースの一例

こだわりの季節の野菜や魚介類を風味豊かに仕上げた『炊き合わせ』。心躍る彩りの妙は、日本料理が受け継ぐ美意識の賜物です。“ひと椀”に表現された四季を、目と舌で心ゆくまで楽しめます。

海鮮メニューの味わいを深める、四季折々の厳選日本酒

    芳の日本酒

    その時期だけにしか出合えない銘柄も多数あるので、品ぞろえは尋ねてみて

お酒は、日本料理、なかでも海鮮によく合うものを中心に吟味してセレクト。季節限定の日本酒をはじめ、「獺祭」や「八海山」、「十四代」といった名酒もとりそろえます。もちろん、ウイスキーや焼酎、ワインなどのラインアップも幅広く網羅。こだわりの美酒が、今宵の美味とともに堪能できる貴重な一軒です。

料理人プロフィール:安藤 智さん

    1980年、兵庫県生まれ。「手に職を」という思いから目指したのが料理人の世界。高校卒業後に調理師の専門学校へと進み、さらに料亭や割烹、ホテルなどで修業を重ね、和食一筋に研鑽を積む。2022年12月オープンの【日本料理 芳】の料理長に就任。基本に忠実に、素材を活かした繊細かつ味わい豊かなひと皿を作り続けている。

    1980年、兵庫県生まれ。「手に職を」という思いから目指したのが料理人の世界。高校卒業後に調理師の専門学校へと進み、さらに料亭や割烹、ホテルなどで修業を重ね、和食一筋に研鑽を積む。2022年12月オープンの【日本料理 芳】の料理長に就任。基本に忠実に、素材を活かした繊細かつ味わい豊かなひと皿を作り続けている。

※店舗情報は取材当時の情報です。最新の情報や営業時間は店舗にご確認ください。

この記事を作った人

ヒトサラ編集部

この記事に関連するエリア・タグ

編集部ピックアップ

週間ランキング(5/17~5/23)

エリアから探す