ヒトサラマガジンとは RSS

更新日:2024.02.26食トレンド

「アル・ケッチャーノ」奥田シェフ監修の料理も! パン×料理のマリアージュが楽しめるベーカリー複合施設【Farm to Me】|東京・清澄白河

ベーカリー激戦区の清澄白河に2023年9月に誕生した【Farm to Me】。パンの販売に加え、商品開発ラボやレストランを擁するベーカリー複合施設です。パンマニアとしては見逃せない!ということで、さっそくお店に伺ってみました。

「アル・ケッチャーノ」奥田シェフ監修の料理も! パン×料理のマリアージュが楽しめるベーカリー複合施設【Farm to Me】|東京・清澄白河

View this post on Instagram

【カーラ・アウレリア】がベーカリー・ラボ・レストランの複合施設にリニューアル

    【Farm to Me】の“F”をかたどった壁面植樹。こちらは日本を代表する建築家・新居千秋氏によるもの

    【Farm to Me】の“F”をかたどった壁面植樹。こちらは日本を代表する建築家・新居千秋氏によるもの

フーディーの間でパンとお酒を合わせて楽しむ「パン飲み」が流行するなど、ここ数年、パンとドリンクを合わせて楽しむペアリングに注目が集まっています。

そんな中、昨年の秋に誕生した【Farm to Me】では、料理×パンのマリアージュを提案。こちらはパン屋大賞に選ばれた大東製糖のベーカリー【カーラ・アウレリア】がリニューアルしたお店で、1階はベーカリー&ショップ、2階は商品開発ラボ、3階はベーカリーレストランになっています。

    1階のベーカリー&ショップ。パンのテイクアウトに加え、オリーブオイルやさとうきび糖などが購入可能

    1階のベーカリー&ショップ。パンのテイクアウトに加え、オリーブオイルやさとうきび糖などが購入可能

  • 1階で購入したパンは4階にある屋上庭園でも食べられます

    1階で購入したパンは4階にある屋上庭園でも食べられます

  • 屋上からは隅田川テラスが一望できます

    屋上からは隅田川テラスが一望できます

【Farm to Me】のベーカリーを取り仕切るのは、前身の【カーラ・アウレリア】を16年に渡りけん引してきた藤枝敏郎シェフ。「バゲット」、「カンパーニュ」、「ライブレッド」、「ブリオッシュ」、「高加水パン」をお店のキーブレッドに選定し、製法や材料を一から見直しブラッシュアップ。藤枝さん自らが産地を訪問し、国産小麦粉をはじめ、使用する材料は生産者とつながり、安心・安全で信頼できるものを使用しています。

    3階のベーカリーレストラン。天気のいい日は太陽の光が差し込む、リバービューの開放感あふれる店内

    3階のベーカリーレストラン。天気のいい日は太陽の光が差し込む、リバービューの開放感あふれる店内

3階のベーカリーレストランでは、パン×料理のマリアージュが楽しめます。料理を監修するのは、山形の名イタリアン【アル・ケッチァーノ】の奥田政行シェフ。日本各地の食材を活かし、パンや紅茶によく合う料理をコース仕立てで提供しています。

この日はランチタイムに伺い、『フルコースランチ』をオーダーしました。

『フルコースランチ』3,500円(税込)

この日のメニューはこちら。

①Bread
キ-ブレッド5種(食べ放題)
「バゲット」
「カンパーニュ」
「ライブレット」
「ブリオッシュ」
「大麦高加水パン」

②Spread&Oil
「ファットリアビオさんのリコッタフレスカ」
「まるごとゆずのジャム」
「イタリア産ツナのブランダード」
「九十九里の塩とバター」
「アボカドとクリームチーズのディップ」
「シチリア産E.V.オリーブオイル」

③Salad
『農家さんより本日のサラダ』さとうきび酢ドレッシング

④Soup
『ルタバガとポワローのスープ』

⑤Dish(この中から2皿)
『銀鮭スモークと冬野菜のきび酢マリネ』
『天元豚ソーセージと黒キャベツの煮込み』
『北海道産白いんげん豆と唐千寿』

⑥Dessert
『本日のデザート』

⑦ティーブレンダー・内田さんの厳選紅茶、またはコーヒー

    Web予約し、来店後は座席でモバイルオーダー。ちなみに、3階レストランはキャッシュレスのみ

    Web予約し、来店後は座席でモバイルオーダー。ちなみに、3階レストランはキャッシュレスのみ

①Bread キ-ブレッド5種(食べ放題)
②Spread&Oil

    ●パンは左から「大麦高加水パン」「ライブレット(粗びき)」「カンパーニュ」「ブリオッシュ」「バゲット」<br />
●スプレッドは左から「ファットリアビオさんのリコッタフレスカ」「まるごとゆずのジャム」「イタリア産ツナのブランダード」「九十九里の塩とバター」「アボカドとクリームチーズのディップ」、そして「シチリア産E.V.オリーブオイル」

    ●パンは左から「大麦高加水パン」「ライブレット(粗びき)」「カンパーニュ」「ブリオッシュ」「バゲット」
    ●スプレッドは左から「ファットリアビオさんのリコッタフレスカ」「まるごとゆずのジャム」「イタリア産ツナのブランダード」「九十九里の塩とバター」「アボカドとクリームチーズのディップ」、そして「シチリア産E.V.オリーブオイル」

本日の最大のお楽しみ、キーブレッド。こちらはお店を代表するパン5種と、それに合わせるスプレッド5種+オリーブオイルです。

どれを合わせればいいのか迷ってしまいますが、パンフレットにパン×スプレッドのオススメの組み合わせが記載されているので、そちらに沿ってパンとスプレッドのマリアージュを楽しみます。

    パンやスプレッドの説明を読みながらマリアージュを楽しむことで、味の理解度も高まります

    パンやスプレッドの説明を読みながらマリアージュを楽しむことで、味の理解度も高まります

  • 「ブリオッシュ」×「まるごとゆずのジャム」

    「ブリオッシュ」×「まるごとゆずのジャム」

  • 「バゲット」×「九十九里の塩とバター」

    「バゲット」×「九十九里の塩とバター」

このキーブレッドの味わいが素晴らしい。

まずはお店を代表するパンのひとつ、「大麦高加水パン」から。一般的なパンの加水率が65%前後のところ、123%の“超加水”で仕上げられており、周りはカリカリ、中は超モチモチの食感。油脂不使用なので味わいはさっぱりとしていて、最後に甘みが残ります。合わせるディップは、濃厚なのに後味さっぱりの「アボカドとクリームチーズのディップ」。まろやかで丸みのある味わいに。


次は、北海道産のライ麦粉100%使用の「ライブレット(粗びき)」を。サワーダネだけで発酵させているらしく、しっかりと酸味を感じられます。粗びきと細びきの2タイプあり、レストランでは粗びきをいただきました。密度が高くしっとりとした生地感と、粗びき特有のザクザクとした食感がクセになります。食事に合うパンなので、「イタリア産ツナのブランダード」との相性も抜群でした。


「カンパーニュ」も加水率が高めでしっとりとした食感。カンパーニュ特有の強めの酸味ではなく、少し控えめのやさしい酸味が特徴。お店でつくったルバンダネとサワーダネの2種の発酵ダネを使うことでマイルドな酸味になっているそう。こちらも酸味と合う「イタリア産ツナのブランダード」とのマリアージュを楽しみました。


フランスのイズニー社の発酵バターを使った「ブリオッシュ」は、「素焚糖(すだきとう)」を使用することで保水性を高めており、しっとりとした食感に仕上がっています。こちらは「まるごとゆずのジャム」と合わせることでケーキのような味わいに。


最後は「バケット」。塩味は控えめで、一口食べると適度な塩味と甘い香りが漂います。こちらには、ほどよくにがりを感じられる「九十九里の塩とバター」や、「シチリア産E.V.オリーブオイル」を合わせてスタンダードに楽しみました。

    おかわりパンのある「パンステーション」

    おかわりパンのある「パンステーション」

  • リベイクしてくれるのがうれしい 

    リベイクしてくれるのがうれしい 

  • おかわりではキーブレッド以外の種類もありました

    おかわりではキーブレッド以外の種類もありました

また、パンはおかわり自由なので、レストランの中央にある「パンステーション」に行き、おかわりしたいパンを選びます。さらにリベイクしてくれるので、まるで焼き立てのような味わいを楽しめます。
※時間帯によっては品切れのパンも出てくるので要注意

③Salad
④Soup

    『農家さんより本日のサラダ』さとうきび酢ドレッシング<br />
『ルタバガとポワローのスープ』

    『農家さんより本日のサラダ』さとうきび酢ドレッシング
    『ルタバガとポワローのスープ』

こちらはコースの最初に出てきたサラダとスープ。
サラダは野菜の濃厚な味わいとフレッシュさに感動。自家製のさとうきび酢を使用したオリジナルドレッシングがかかっており、柑橘系のさっぱりとした味わいでした。
スープには、じゃがいもとかぶを掛け合わせたような食感と濃厚な甘みが特徴のスウェーデン原産のかぶ「ルタバガ」を使用。野菜の旨みが溶け出した透明感のあるスープで、疲れた体に染みわたりました。

⑤Dish(3種の中から2種を選択)

    『銀鮭スモークと冬野菜のきび酢マリネ』

    『銀鮭スモークと冬野菜のきび酢マリネ』

    『天元豚ソーセージと黒キャベツの煮込み』

    『天元豚ソーセージと黒キャベツの煮込み』

    『北海道産白いんげん豆と唐千寿』

    『北海道産白いんげん豆と唐千寿』

メイン料理は、3種類の中から一人2種類が選べます。この日は2名で伺ったので、3種類をシェアしました。
お料理はどれも本格的で、素材そのものの味わいやおいしさを最大限に引き出されたものでした。

この日いただいたのは、冷燻した三陸産の銀鮭と山形県産の雪菜やプチヴェールなどを自家製のさとうきび酢でマリネした『銀鮭スモークと冬野菜のきび酢マリネ』。旨みが凝縮したスモークサーモンと、マリネされた野菜の酸味との相性抜群。

脂の甘い山形のブランド豚「天元豚」のソーセージと、旬の黒キャベツをソーセージのだしとコンソメで煮込んだ『天元豚ソーセージと黒キャベツの煮込み』。プリッとした歯ごたえのソーセージの旨みと、黒キャベツのいい苦みがアクセント。

そして、やわらかく炊いた白いんげんに、からすみに似た石川県の「唐千寿」を合わせた温菜『北海道産白いんげん豆と唐千寿』。ホクホクとした食感の白いんげんの優しい味わいに、唐千寿の程よい塩味が加わり、箸が止まりませんでした。

⑥Dessert

    『本日のデザート』は、バニラアイスと旬のフルーツ

    『本日のデザート』は、バニラアイスと旬のフルーツ

パンと料理の組み合わせはいままでもあったけれど、「パン×料理のマリアージュ」に特化したコース料理というのは、とても興味深い体験でした。

パン好きは見逃せない、ベーカリーレストラン【Farm to Me】。ぜひ、足を運んでみてください。

コースメニュー

▽Lunch
・フルコース 3,500円(税込)
食べ放題のパン、スプレッド6種類、サラダ、スープ、料理2皿、デザート、厳選紅茶orコーヒー

・ハーフコース 2,200円(税込)
フルコースのデザートと飲み物がつかないコース

▽Dinner
食べ放題のパン、スプレッド6種類、サラダ、スープ、前菜2皿、メイン、デザート、食後の飲み物
・メイン2皿:7,150円(税込)
・メイン1皿:5,280円(税込)

アラカルトもあり

※店舗情報は取材当時の情報です。最新の情報や営業時間は店舗にご確認ください。

この記事を作った人

文/papapa_paaan

いつもパンのことばかり考えている、パン好き人間。“東”東京のパンを中心につづるパン日記はこちら→ Instgram・TikTok:@papapa_paaan

この記事に関連するエリア・タグ

編集部ピックアップ

週間ランキング(4/11~4/17)

エリアから探す