ヒトサラマガジンとは RSS

更新日:2024.04.25食トレンド

麻布台ヒルズでのデートにオススメなお店5選

開業以来話題の麻布台ヒルズは、グルメスポットとしても注目されています。日本が世界に誇るトップクラスのレストランをはじめ、スイーツやカフェ、カジュアルで日常使いしたい飲食店までが軒を連ねます。今回はデート利用にぴったりなお店をセレクトしました。

麻布台ヒルズでのデートにオススメなお店5選

タイ料理【SAAWAAN BISTRO】

タイ料理の最先端美食を体験できる話題の店が日本初上陸

    SAAWAAN BISTROの店内

    タイ料理が映えるスタイリッシュなインテリア

2021年、バンコクにオープンした【SAAWAAN】は、開業わずか7ヶ月でミシュランの星に輝いた実力店です。麻布台ヒルズにオープンしたこちらの店舗は、本国のクオリティはそのままに、よりカジュアルに楽しめるビストロスタイルに。メインダイニングに加えてカクテルやタパスも楽しめるバーも併設しています。

    SAAWAAN BISTROの料理

    『塩漬け牛肉とココナッツのスープ』

タイの伝統料理をベースにしながらも、食材選び、フレンチの技術を駆使した調理法、美しい盛付け、テーブルで仕上げるプレゼンテーションなど最先端のイノベーティブタイを体験できます。特にタイ南部のソウルフードをモダンに再構築した『塩漬け牛肉とココナッツのスープ』、日本の食材でタイの定番カレーをアレンジした『和牛のマッサマンカレー』などは必食の価値ありです。

フレンチ【ORby Restaurant】

人気インテリア「ザ・コンランショップ」初のレストラン

    Orby Restaurantの内観

    余計な装飾を削ぎ落とし、シンプルでありながら洗練された雰囲気の内装はさすがです。ライブ感も楽しめそう

麻布台ヒルズタワープラザ3Fの「ザ・コンランショップ東京店」に併設して誕生した【ORby Restaurant】。店名は「ザ・コンランショップ」の創業者テレンス・コンラン氏のミドルネームに由来しています。かつてロンドンの本店にレストランを設けるなど、食に対しても情熱を捧げていたコンラン氏の想いを受け継ぎました。

    Orby Restaurantの料理

    フランスの古典料理を、旬の食材を使って再構築した『ホワイトアスパラガス ヤリイカ 卵 カラスミ』

ヘッドシェフを務めるのは三軒茶屋【uguisu】、西荻窪【organ】を営む紺野真氏。自ら市場に出向いて食材を仕入れたり、メニューを頻繁に入れ替えたりと、街場で実践してきたレストランのあり方を再現しています。ナチュールワインの火付け役的存在でもある紺野氏セレクトのワインとともにぜひ。

ピザ【Pizza 4P's】

日本初上陸、世界で人気のピザレストラン

    Pizza 4P'sの店内

    ピザ窯が見えるカウンター席は、やはり特等席というべきでしょうか

アジアを中心に、世界で32店舗を展開する【Pizza 4P's】が日本初出店。麻布台ヒルズの店舗は、自然由来のデザインが特徴です。ベトナム・サパの少数民族の伝統手法で作られた美しい藍染のカーテン、海藻と和紙でできた芸術的フォルムの照明、美しい植栽。それらを用いて、世界の繋がりを感じさせる奥行きある空間に仕上げています。

    Pizza 4P'sの料理

    看板メニューの『4P's シグネチャー ブッラータ、生ハム、ルッコラ since 2013』

メニューの約8割が、今回の出店に合わせて新規開発した日本オリジナル。およそ40名におよぶ国内生産者やクリエイターと協力し、日本ならではの食材と文化から新たな味を提案します。中でもこだわりは、店内工房で作られるフレッシュチーズ。手作業でチーズを作る職人のダイナミックな動きにも注目です。

イタリアン【RACINES】

レストラン・バー・ティールームの3つの顔を持つ
大人カジュアルなイタリアン

    RACINESの店内

    街の明かりを感じられる店内。夜は落ち着いたムードに

池袋の【RACINES Boulangerie & Bistro】をはじめ、都内に数店舗を展開する【RACINES(ラシーヌ)】が麻布台にも待望の参入です。「ラシーヌ」はフランス語で「根」の意味。日本全国60以上の生産者と繋がりを持ち、毎日旬の食材を直接仕入れています。

    RACINESの料理

    ディナーではアラカルトはもちろん、ディナーコース(7,500円)も提供

時間帯によってさまざまな利用の仕方ができるのもうれしい。ランチタイムの後、15時からは「3 hours tearoom」として営業し、ティーフリー付きで麻布台ヒルズ限定の『アフタヌーンティープレート』が人気。ディナータイムは18時からで、素材を生かした料理の数々に合わせてドリンクの種類も豊富。クラフトビールにクラフトジン、こだわった季節のカクテルは『香川フジカワ果樹園 有機レモンサワー』など約10種類あり、ノンアルコールカクテルも充実しています。

創作料理【Sta. 麻布台】

無添加にこだわった「食卓」を提供する
オールデイダイニング

    Sta. 麻布台の外観

    植栽が目を引く“GREEN”をテーマにした店内

調理師・管理栄養士・フードスタイリストが、日本の家庭料理に少しだけ工夫を加えた食事を提供する【Sta. 麻布台】。毎日でも食べられるように余計なものは入れず、調味料から丁寧に仕込んだこだわりの料理は「ほっとする」と評判です。店内は植物に囲まれていて、リラックスできる空間に。

    Sta. 麻布台の料理

    ランチタイムは、副菜までこだわった週替わりの定食と週替わりのカレーがメイン

ディナーではアラカルトでおかずや主菜、ご飯ものも注文でき、どれもお酒が進むおいしそうなラインアップですが、一通り食べてみたいカップルには『Sta.ディナーセット』(6,300円)もオススメ。野菜の惣菜三種盛りに始まり、茶碗蒸しや水餃子などの軽めの料理のほか、アラカルトメニューの主菜、〆には生姜佃煮の小さなおむすび、デザートまで含まれた満足度の高い内容です。

この記事を作った人

ヒトサラ編集部

この記事に関連するエリア・タグ

編集部ピックアップ

週間ランキング(5/22~5/28)

エリアから探す