ヒトサラマガジンとは RSS

更新日:2024.06.03食トレンド

今年オープンした話題の人気オススメラーメン店! 今、このラーメンがキテいます5選

地域年齢問わず、人気の絶えない“ラーメン”。お店ならではの特徴が光るラーメン店は、いつも人々を魅了してやみません。その中、今年2024年にオープンしたばかりの、今おさえておくべきオススメラーメン店とは? ラーメン評論家であり、日本ラーメン協会発起人の一人でもある大崎裕史さんに、そのプロの目線で話題のラーメンオススメ店をピックアップして頂きました。

ラーメン

お話を伺ったのは…

  • 大崎裕史

    大崎裕史(おおさきひろし)さん

  • ラーメン評論家。日本ラーメン協会発起人の一人。東京ラーメンフェスタ実行委員長。1959年、ラーメンの地、会津生まれ。2005年に株式会社ラーメンデータバンクを設立、取締役社長に就任。2011年に取締役会長へ。「自称日本一ラーメンを食べた男」(2024年4月末現在約13,500 軒、約29,000杯実食)として雑誌やテレビに多数出演。著書に「無敵のラーメン論」(講談社新書)「日本ラーメン秘史」(日本経済新聞出版社)などがある。

【麺楽 軽波氏(かるぱし)】/武蔵新城

    『強煮干し鶏醤油』+『マトンわんたん』+『茄子のアチャール飯』

    『強煮干し鶏醤油』950円に、『マトンわんたん』200円と『茄子のアチャール飯』250円を追加

2024年3月15日オープン。店名は「かるぱし」と読む。カレー好きなら「えっ!?」と思うだろう。カレーで人気の【カルパシ】店主、4店舗目にして、初のラーメン業態なのだ。

麺メニューは4種類あり、『強煮干し鶏醤油』がオススメ。そして『マトンわんたん』と『茄子のアチャール飯』も必須。ラーメン自体は、昨今、定番とも言える人気メニューが揃っている。しかし、驚くのは食べてから。チャーシューは2種類で1枚は低温調理のローストポーク、そしてもうひとつがインド産カシアシナモンで仕上げた豚バラチャーシュー。ここでカレー職人の技が効いてくるのだ。

次に『茄子のアチャール飯』を食べてみる。マスタードオイルがばっちり効いており、米はタイ産高級ジャスミンライス。単品でもなかなかのサイドメニューだが、ラーメンの途中で食べることにより、口内にスパイシーさが残ったままスープを飲むと味変になって、しかも心地良い。

そして次は、『マトンわんたん』。スパイスとハーブを利かせており、これを食べた後のスープがまたおいしい。この3種の組合せが絶妙。スープ自体は無添加無化調スープ。そこにインド産のスパイスなどが加わって、個性溢れるラーメンになる。いやはや、恐るべし新店の誕生である。

【奈つやの中華そば】/下丸子

    奈つやのもちもち雲呑中華そば

    『奈つやのもちもち雲呑中華そば』 1,150円

2024年1月22日オープン。以前は不動前で週二日の間借り営業をしていたが、今年ようやく路面店へ出店。細部まで気を使う店主のこだわりラーメン。旨味と愛情がたっぷり詰まった中華そば。とにかく、トッピングの葱一つとってもすべてがおいしく、隙が無い。

麺は菅野製麺所製の低加水で全粒粉入りの細麺。麺とスープの相性も抜群。2種類のチャーシュー、濃い色の手裂きメンマ、「もち姫」使用のもっちもち雲呑、程よい温度の清湯スープ、どれも素晴らしい! 

とにかく何から何までおいしくてスープまで飲み干したのに、食後、やたらとお腹が空き、身体が「もっとくれ~」と言ってるような、頭よりも身体が欲するラーメンはなかなかない。スープは和風だしの香りや味を最大限楽しんでいただけるように店主が気を使った温度。

女将さんの接客もサイコー。お腹も心も満たされるお店にはそんなに巡り会えないので貴重な一軒。間借り時代と比べて「自分たちの店」になったことが二人の表情や声にも現れており、こちらまで嬉しくなってくる。もちろん味だってパワーアップしている。水はπウォーターに替えてだしも出やすくなったようだ。今年のベスト3が1月に出ちゃった。そんな感じ。

【らぁー麺 なかじま】/広尾

    特製らぁー麺

    『特製らぁー麺』 1,800円

2024年2月1日オープン。際コーポレーション株式会社の創業から33年、社長自らの名前を店名に入れた日本料理店が2023年11月にオープンした【食十二ヶ月 中島武 西麻布】。そして、その食材を活用して、同店の昼の部に開店したのが、ラーメン専門店【なかじま】。

まず、初訪時のオススメは、メニュー右端の『特製らぁー麺』。今どき、具沢山の“特製”で1,800円だと驚かない金額になってきた。しかし、出てきたのを見て、そして食べ始めると逆にその安さに驚くことになる。具の「どんこ」の大きさや歯応えに驚き、タケノコに関しては随分時間をかけて戻したもの。海老ワンタンにおいては、小海老は叩きペーストに、大きい海老は細切れとぶつ切りの計3種類の大きさにカットし、歯応え、食感、風味、味わいを出している。

スープに使う羅臼昆布も日本料理店だから仕入れられる高級品。麺は高級小麦「はるゆたか」を使った特注で通常の麺の倍の価格。チャーシューは有名とんかつ屋さんがこぞって使う「銘柄豚林SPFポーク」を使用。ラーメン好きにはもちろん、外食でいろいろ食べてきている人にも食べて欲しいそんな“ラーメン”がここにある。

【麺 銀座おのでら 本店】/表参道

    『特製醤油ラーメン』+『トリュフワンタン』

    『特製醤油ラーメン』1,450円に、『トリュフワンタン』400円を追加

2024年5月1日オープン。【銀座おのでら】がラーメンへ参入! 年初に行われる新春マグロ初競りでは、今年で4年連続5回目となった一番マグロを落札した会社である。グループ売上高1300億円、グループ社員数2万超の一大企業。グループ内でミシュランの星を獲ったシェフプロデュースのラーメン店が爆誕。

さまざまな銘柄鶏から取った鶏清湯をベースに、焼き鴨の香ばしさをプラス。道南昆布、しいたけ、まぐろ節、香味野菜など、多種多様な食材を長時間じっくり炊き上げたスープ。フライド鶏皮チップがいいアクセントになっている。

最初は鶏が来て、ややまろやかになっていき、途中からハーブバターを溶かすと洋風に変わり、コクも増す。トリュフワンタンも味変に貢献してくる。タレは本醸造醤油、丸大豆醤油、たまり醤油、魚醤など数種類の醤油を独自にブレンド。麺は北海道産小麦「きたほなみ」をベースにした特注麺。チャーシューは豚と鴨の2種類を用意。どちらもしっとり柔らかく、香ばしい。

ハーブバターやトリュフワンタンなどのアイテムはフレンチシェフらしく、このラーメン店の個性や特徴を一番表現している。単なる異業種参入店ではなく、高品質ラーメンの新店誕生だ。

【らーめん飛粋 武蔵新田店】/武蔵新田

    チャーシューメン+キャベツ

    『チャーシューメン+キャベツ』1,500円

2024年5月1日オープン。池上線武蔵新田駅のほぼ駅前にオープン。蒲田の本店は常に1時間以上並ぶ行列人気店。新世代“家系”ラーメンである。私が行ったときはGWだったからか、開店間もないのに整理券方式で2時間待ちの大人気。

店名が同じ2号店だが、麺やトッピングなどは本店と少し変えている。個人的にはチャーシューがおいしいのでチャーシューメンとキャベツトッピングがオススメ。具は、もも肉燻製チャーシューが3枚、バラ肉チャーシューが3枚と肉好きにはたまらないボリューム。

麺は、「春よ恋」「ゆめちから」などの小麦粉を使った特注麺。スープは食後に唇がくっつく濃厚感で本店同様、そのまま。鶏油も醤油もパンチが効いているが、最後まで飲み干せるウマさ。チャーシューも柔らかくて香ばしい。トッピングのキャベツも甘くておいしいし、言うこと無し。

この記事を作った人

ヒトサラ編集部

この記事に関連するエリア・タグ

編集部ピックアップ

週間ランキング(6/7~6/13)

エリアから探す