ヒトサラマガジンとは RSS

更新日:2020.02.15グルメラボ

お鍋で、生で、フライで! 今が旬の「牡蠣」がおいしい東京のお店

栄養価の高さから“海のミルク”と呼ばれる「牡蠣」。いままさに旬を迎えているぷりっぷりの生牡蠣を、生の食べ比べで、あったかお鍋で、サクサクのフライで、堪能してみてはいかがでしょうか。

牡蠣鍋

牡蠣の旨みたっぷり『鉄鍋で炊き上げる牡蠣の炊き込みご飯』

【ザ・カーブ・ド・オイスター東京】東京

    アツアツの鉄鍋で提供される人気メニュー『鉄鍋で炊き上げる牡蠣の炊き込みご飯』

    アツアツの鉄鍋で提供される人気メニュー『鉄鍋で炊き上げる牡蠣の炊き込みご飯』

カジュアルに利用できるオイスターバー【ザ・カーブ・ド・オイスター東京】。選び抜かれた牡蠣を富山湾の海洋深層水で浄化する「オーガニック・リファインド・オイスター」を採用。自然の力で浄化した混じり気のない新鮮な牡蠣の味わいを楽しめます。中でもオススメなのが、生牡蠣や旬の食材を使って炊き込む『鉄鍋で炊き上げる牡蠣の炊き込みご飯』。ご飯の一粒一粒まで牡蠣の旨みがしみ込んでいて、味わい豊か。

    カジュアル感ときちんと感が共存。デートにも接待にもオススメです

    カジュアル感ときちんと感が共存。デートにも接待にもオススメです

ほかにも、5種類のオリジナルソースでいただく『焼き牡蠣 5種盛合せ』や『牡蠣のマリネと馬肉のユッケ風』など、様々な牡蠣料理を楽しむことができます。合わせるワインはセルフサービスで約40種類のワインが30ccから味わえる「ワインサービングシステム」を。ワイン初心者でも、好みのワインが見つけられる人気のシステムです。

贅沢に6種の食べ比べできる『生牡蠣全種盛り合わせ(6P)』

【F.PARADE Life】目黒

    『生牡蠣全種盛り合わせ(6P)』を頼めば牡蠣の食べ比べが可能

    『生牡蠣全種盛り合わせ(6P)』を頼めば牡蠣の食べ比べが可能

牡蠣と熟成肉の店【F.PARADE Life】。牡蠣は産地を指定せず、全国各地から旬のものを仕入れています。人気なのが、産地の異なる牡蠣を6種も食べ比べできる『生牡蠣全種盛り合わせ(6P)』。レモンや直七(高知特産の柑橘)を使った自家製ポン酢、タバスコなど、お好みの味で頂くことができます。

    テーブル席の他に、眺めのよいカウンター席を用意。ひとりでも気軽に足を運べます

    テーブル席の他に、眺めのよいカウンター席を用意。ひとりでも気軽に足を運べます

店内には食材に合わせて幅広く仕入れられたワインがズラリと並んでおり、その中から料理とのマリアージュを楽むことができます。仕事終わりに軽く一杯飲んだり、がっつり食事をしたり、その日の気分に合わせて楽しめるレストランです。

魚介の濃厚スープが牡蠣に絡まり旨味が倍増『カキの土手鍋』

【銀座 かなわ】銀座

    甘めの味噌であっさりとした味わい『カキの土手鍋』3190円 ※写真は2人前

    甘めの味噌であっさりとした味わい『カキの土手鍋』3190円 ※写真は2人前

慶応3年創業、老舗の牡蠣料理店【かなわ】は生食の牡蠣にこだわり、養殖まで行う牡蠣のプロフェッショナル集団。瀬戸内海の大黒神島深浦で養殖された「大黒神」は、塩味と甘味のバランスが絶妙で味も濃厚! そんな「大黒神」がたっぷりと入った『カキの土手鍋』は、かなわの名物として長年愛され続けています。

    テーブル席はすべて格子扉で仕切られた半個室。隣を気にせず、それぞれの時間を過ごせます

    テーブル席はすべて格子扉で仕切られた半個室。隣を気にせず、それぞれの時間を過ごせます

ベースとなる土手味噌は、赤、白、八丁味噌をブレンドしたオリジナルのもの。ほんのり甘みを感じるその味噌は、牡蠣本来の味を引き立たせるため、塩分を控えめにしているそうです。コースの終盤に出てきてもくどくなく、あっさりとしたスープは思わず飲み干してしまうほど。あっさりとした味わいでクセになる逸品です。

ジュワッと旨味が溢れる『オイスターフライとチップス(大)』

【麦酒庵】大塚

    大きい牡蠣5個をカラッと揚げた『オイスターフライとチップス(大)』1,100円(税抜)

    大きい牡蠣5個をカラッと揚げた『オイスターフライとチップス(大)』1,100円(税抜)

新鮮な牡蠣と共に、約10種のクラフトビールと約200種の日本酒を楽しめる人気店。中でも人気なのが、『オイスターフライとチップス(大)』大(牡蠣5個)。衣を軽くした串揚げ風に仕上げることで、新鮮な真牡蠣の味を引き出しています。サクサクした食感にジューシーな旨味が溢れます。

    カウンター席が完備されているため、1人でも気軽に訪れることができます

    カウンター席が完備されているため、1人でも気軽に訪れることができます

ほかにも、産地の異なる『生牡蠣』の食べ比べや『蒸し牡蠣』、『オイスターフライ』なども絶品です。また牡蠣以外に『酒盗チーズ』、『青唐辛子味噌』、『出汁仕立てのモツ煮』など、酒の肴が豊富なところも嬉しい限り。日本酒も常時200種ほど揃っており、店主自らがお客様それぞれの好みを聞き、おすすめのお酒を提案してくれます。1杯350円~という価格設定も嬉しいポイントです。

魚介の旨味がたっぷりと詰まった『牡蠣入 魚介たっぷりブイヤベース鍋』

【楸】銀座

    『牡蠣入 魚介たっぷりブイヤベース鍋』パスタ付 1人前4,200円 ※注文は2人前より

    『牡蠣入 魚介たっぷりブイヤベース鍋』パスタ付 1人前4,200円 ※注文は2人前より

小さな看板だけが目印の隠れ家【楸】は、わずか13席の牡蠣料理専門店。店主の播磨靖博氏は、兵庫や福岡の漁港に足を運び、生産者の想いや環境を自らの目で確かめるほど、こだわりの強い料理人。国産の牡蠣のみを厳選しており、生牡蠣の美味しさはもちろん、素材の魅力を存分に引きだした創作料理にも定評があります。

    銀座駅から徒歩3分、ビルの2階にある13席のみの小さなお店

    銀座駅から徒歩3分、ビルの2階にある13席のみの小さなお店

特に、この時期に欠かせないのが季節限定メニュー『牡蠣入 魚介たっぷりブイヤベース鍋』。伊勢海老、キンキ、あさり、あん肝、鱈の白子、そして牡蠣と、高級食材を贅沢に使っています。魚介の旨味が幾重にも重なるスープの味は格別です。牡蠣は、熱を入れても身が縮みにくい兵庫県・室津産を使用。甘みが強いため、濃厚スープと合わせてもその存在感が失われず、牡蠣の旨味が口いっぱいに広がります。

この記事を作った人

ヒトサラ編集部

この記事に関連するエリア・タグ

人気のタグ

編集部ピックアップ

週間ランキング(2/19~2/25)

エリアから探す