ヒトサラマガジンとは RSS

寒い日はお鍋が食べたい。旬の味「牡蠣鍋」がおいしい東京のお店

寒さが増す今日この頃。そんな日は温かいお鍋が食べたくなりますよね。栄養価の高さから「海のミルク」と呼ばれる牡蠣。いままさに旬を迎えるぷりぷりの真牡蠣をお鍋で堪能してみてはいかがでしょうか。

アプリで見る

生で食べられる牡蠣にこだわり、養殖も手掛ける【銀座 かなわ】

甘みを含んだ、ぷりぷりの兵庫県産・牡蠣に
魚介の濃厚スープが絡まり、旨味が倍増

 慶応3年創業、老舗の牡蠣料理店【かなわ】は生食の牡蠣にこだわり、養殖まで行う牡蠣のプロフェッショナル集団です。瀬戸内海の大黒神島深浦で養殖された「大黒神」は、塩味と甘味のバランスが絶妙で味も濃厚。今回お伺いした東京店の【銀座 かなわ】には、広島から新鮮な牡蠣が毎日直送されます。

    この日の『オイスタープレート』は、「大黒神」の他、肉厚な「かき小町」、濃厚な「広島」や「宮島」、若くてクセのない「先端」の5種

 そんな「大黒神」がたっぷりと入った『カキの土手鍋』は、かなわの名物として長年愛され続けています。ベースとなる土手味噌は、赤、白、八丁味噌をブレンドしたオリジナルのもの。ほんのり甘みを感じるその味噌は、牡蠣本来の味を引き立たせるため、塩分を控えめにしているそうです。コースの終盤に出てきてもくどくなく、あっさりとしたスープは思わず飲み干してしまうほど。

    甘めの味噌であっさりとした味わいが魅力の『カキの土手鍋』(写真は二人前です)

    牡蠣との相性を一番に考え、「同じ広島の水で作られた日本酒と合わせてほしい」との想いから、広島産の日本酒をメインに提供

 牡蠣の磯の薫りと甘み、濃厚さを堪能できる『カキの土手鍋』は、寒い冬に身も心も温めてくれることでしょう。

 

料理長自らが足を運び、厳選。食通が唸る、牡蠣料理の専門店【楸】

甘みを含んだ、ぷりぷりの兵庫県産・牡蠣に
魚介の濃厚スープが絡まり、旨味が倍増

 小さな看板だけが目印の隠れ家【楸】は、わずか13席の牡蠣料理専門店です。店主の播磨靖博氏は、兵庫や福岡の漁港に足を運び、生産者の想いや環境を自らの目で確かめるほど、こだわりの強い料理人。国産の牡蠣のみを厳選しており、生牡蠣の美味しさはもちろん、素材の魅力を存分に引きだした創作料理にも定評があります。

    『殻付活真牡蠣 3種~厳選された日本各地より~』。産地の違いでこれほど味が違うのかと驚くはず

 特に、この時期に欠かせないのが季節限定メニュー『牡蠣入 魚介たっぷりブイヤベース鍋』。伊勢海老、キンキ、あさり、あん肝、鱈の白子、そして牡蠣と、高級食材を贅沢に使っています。魚介の旨味が幾重にも重なるスープの味は格別です。牡蠣は、熱を入れても身が縮みにくい兵庫県・室津産を使用。甘みが強いため、濃厚スープと合わせてもその存在感が失われず、牡蠣の旨味が口いっぱいに広がります。

    『牡蠣入 魚介たっぷりブイヤベース鍋』は、魚介の旨味を堪能できるよう、トマトの味はあえて控えめにしています。煮込まれたあん肝が、少し溶けだしたスープは、得も言えぬ美味しさ。シメはパスタを入れて食します

    継ぎ足しでつくる『ステーキのせカレー』は、各種メディアで取り上げられる話題のメニュー

 播磨氏いわく、今年の牡蠣は12月からが食べ頃だそう。ぷりぷりに太った真牡蠣を堪能できるこの季節に、ぜひ訪れてください。

 
旬のものを、大切な方と食べに行きたくなる「旬味への誘い」はこちら

この記事を作った人

撮影/佐藤顕子、岡本裕介 取材/梶野智子、シマアキコ(ヒトサラ編集部)

この記事に関連するエリア・タグ

人気のタグ

編集部ピックアップ

週間ランキング(11/14~11/20)

エリアから探す