ヒトサラマガジンとは RSS

2016.07.11食トレンド

円頓寺商店街の新名所【那古野ハモニカ荘】をはじめ「那古野グルメ」がますます充実しています

怒涛の再開発が進む名古屋駅からほど近い那古野が今、注目を集めています。昔ながらの商店街【円頓寺商店街】をはじめ、続々と新しいお店が登場する中、和食店【麒麟亭】の空き家を改修した、演劇も楽しめる商業施設【那古野ハモニカ荘】も誕生。那古野から目が離せません!

無農薬ソバと日本酒がウリ!夜は居酒屋使いもオススメ【路麺えんそば円頓寺商店街店】

    同店だけのセットメニュー『明太高菜丼セット』(670円)

 無農薬のそばを使い、店舗で毎朝製麺する自家製麺が自慢のそば屋の3号店。味に定評があるのはもちろん、お値打ちな価格帯も人気の秘密です。日本酒は常に15種類以上取り揃えています。円頓寺の新名所【那古野ハモニカ荘】の1階にあります。

日本産ワイン×味噌おでんをリーズナブルに堪能【日本のワインと味噌おでん 凡才】

    オススメは『串揚げおまかせ10本』(990円)や『味噌おでんおまかせ盛り』(600円)

 常時約70種類を取り揃える日本産ワインと、赤ワインが隠し味の長時間煮込んだ味噌おでんとのハーモニーが楽しめる大衆居酒屋。飲み会に、仕事帰りの一杯に、気軽に訪れてみては?こちらも【那古野ハモニカ荘】の1階にあります。

国産にこだわった厳選食材をフレンチベースの鉄板料理でいただく【TEPPAN FRENCH pivote】

    カウンター席では、目の前でシェフの腕裁きを

 5店舗の飲食店が集合する、古き街並みに溶け込む町屋の中にある鉄板フレンチ。幻の宮崎・尾崎牛や厳選した和牛、シェフ自らが仕入れる全国の珍しい野菜をフレンチ仕立てで味わえます。ワインや日本酒、焼酎も幅広く展開しています。

赤身と脂のバランスが絶妙!ワインと味わう大人の鴨料理【鴨料理 風月】

    鴨の旨みを余すことなく堪能できます

 大阪の「河内鴨」をはじめ、厳選した鴨のみを使用。本物の美味しさを知ってほしいと『月コース※6品』(5,980円)など鴨づくしのコース料理を提供しています。また、優しい味わいが魅力のワインとのマリアージュの提案も嬉しい。全席完全個室だから、特別な日にも最適です。

日本酒の熟成古酒を専門とした名古屋で初めてのBAR【熟成古酒Elevage】

    『自家製燻製梅干』と『燻製たくあんと味噌漬けたくあん』、『おでん5種盛り合わせ』

 【四間道レストランMATSUURA】がオープンしたバー。短くて3年、永くは半世紀もの時を経た、約30種類の古酒を味わえます。シェフ特製のおでんや燻製もオススメです。二日酔いやお肌に考慮した、和らぎ水を水素水にする粋な計らいも見逃せません。

老若男女に親しまれる街に馴染むコーヒースタンド【ROWS COFFEE】

    店名(ROW=街)は街に溶け込んだお店にしたいとの思いから

 誰でも気軽に立ち寄れる街のコーヒースタンドです。ドリップコーヒーおよびエスプレッソは【マルヨシコーヒー】焙煎のオリジナルブレンド。『ROWSブレンド(深煎り)』と『NAGONOブレンド(中煎り)』の2種類から選べます。ベイクやケーキは栄生の【プラリネ】、浄心の【シュミネ】から毎朝、仕入れています。

この記事を作った人

角屋昌也(流行発信)