ヒトサラマガジンとは RSS

更新日:2019.10.02食トレンド

秋が旬の、おいしい「伊勢海老」を味わい尽くす! 東京の名店3選

「伊勢海老」は10月から漁が始まり、秋から冬にかけて旬を迎える食材。そんな伊勢海老を、刺身、パスタ、オーブン焼きで楽しめる、東京のおすすめレストランを3軒ご紹介します。ランチやディナーで、ぜひ味わってみてください!

01_【マダムシュリンプ】/新橋

海老の旨味が“ぎゅっ”と詰まった『伊勢海老のテルミドール』

    コース料理のメインとして、9月から11月まで季節限定で味わえる『伊勢海老のテルミドール』

まずご紹介するのは、新橋駅から徒歩4分の海老専門レストラン【マダムシュリンプ】の『伊勢海老のテルミドール』。弾力のあるフランス産伊勢海老に、ポルチーニ茸のクリームソースとチーズを乗せてオーブンで焼かれています。ソースにも海老の出汁を加えてあるので、とても深い海老の味わいが楽しめます。

    15種類以上におよぶ世界中の海老の美味しさを楽しめるお店

ワインとの相性を前提に、その年に押し出すワインに合わせて毎年味付けを変えているそう。ひと口目は柔らかい海老と濃厚なソースを噛みしめ、ふた口目はワインとともに味わう、そんな幸せな時間が過ごせるお店です。

02_【海鮮酒家 海皇】/赤坂

伊勢海老の甘さを“生”で食す、中華風『イセエビのお刺身』

    鮮度抜群なおろしたての『イセエビのお刺身』

続いては赤坂駅から徒歩1分の【海鮮酒家 海皇】。火入れが基本の中華料理ですが、『イセエビのお刺身』は、伊勢海老の魅力を引き出すためにあえて“生”で提供しています。殻やヒゲ、さばいた身がピクピクと動くのは、活き伊勢海老ならではの愉しみ方です。紹興酒に漬けることで臭みが抜けたお刺身は、特製中華風醤油だれとともに。

    香り良く、目でも楽しめる季節の料理『イセエビの姿蒸し』

旬の秋冬に仕入れているのは和歌山県産、静岡県産の国産伊勢海老。プリプリの身肉を噛みしめるほどに、強い甘みが広がっていきます。おろしたてで伊勢海老を食す、これぞ秋冬の贅沢です。

 

03_【天空のイタリアン Casa Valeria】/神楽坂

リピーター続出『チェリートマトを使った伊勢海老のリングイネ』

    産地直送の伊勢海老が贅沢にのった『チェリートマトを使った伊勢海老のリングイネ』

最後は、神楽坂駅から徒歩4分の【Casa Valeria】で食べられる『チェリートマトを使った伊勢海老のリングイネ』。新鮮な伊勢海老は産地の伊勢から直送という贅沢さで、麺は「パスタの王様」と呼ばれるナポリのグラニャーノパスタを使用しています。

    イタリアワインを中心に世界の魅惑の味が集う、ペアリングコースも魅力

150種以上のワインも圧巻。ボトルに加え、グラスも日替わりで白・赤4種ずつが登場します。グラスワイン5杯とコース料理がセットになった、お得なペアリングコースもおすすめです。

 

この記事を作った人

ヒトサラ編集部

この記事に関連するエリア・タグ

人気のタグ

編集部ピックアップ

週間ランキング(10/7~10/13)

エリアから探す