ヒトサラマガジンとは RSS

更新日:2019.06.18食トレンド 連載

暑い日に食べたくなる、東京の「おいしい蕎麦屋」厳選3軒|ヒトサラ編集部がオススメするお店

夏バテ気味のときに食べたくなる「蕎麦」。本来、蕎麦の旬は秋ですが、夏の暑さで食欲がわかないときは、ついつい欲しちゃいますよね。そんな蕎麦をお酒ともに楽しめる蕎麦会席のお店から、ウニのせやラーメン風などの変わり種まで、ヒトサラ編集部オススメの「ウマいそば屋」をご紹介します!

ヒトサラ編集部がオススメする
東京の「ウマい蕎麦屋」厳選3軒

1.アラサー男子J太郎が推す
【おそばの甲賀】/西麻布

定番はもちろん、変わり種まで全部ウマい!

    写真の『まぐろ漬け丼セット』1,300円(税込)は、『せいろ』800円(税込)もしくは『かけそば』800円(税込)に漬け丼がついてくる、平日ランチ限定のお得なセット

暑いなー、ウマい蕎麦が食べたいなー、と思ったら、僕が真っ先に思いつくのが【おそばの甲賀】。挽きたての蕎麦粉で打つ蕎麦は香り高く、きれいなうぐいす色をしています。定番の『せいろ』ももちろんおいしいのですが、特に好きなのは【甲賀】名物の『ウニそば』や季節限定メニューの数々。

  • さっぱりとした蕎麦に、ウニのコクがプラスされた『ウニそば』3,600円(税込)。香りのいい蕎麦とウニが、互いを邪魔せず引き立てあう。贅沢にいきたいときに、どうぞ

  • 夏季限定の『トマトとホタテの冷やしそば』1,600円(税込)は、冷製パスタのような見た目。最初はすするべきか迷いますが、箸で食べる“蕎麦”なので、やはりズルズルといきましょう

冬は『中華そば』、夏にはなんと“冷製パスタ風”の人気メニュー『トマトとホタテの冷やしそば』が登場します。これがまたおいしく、しそが香る蕎麦つゆに、やわらかなホタテの旨味が効いて、トマトのギュッとした甘味と酸味が後味を引き締めます!

決して奇をてらったキワモノではなく、素材を活かしたおいしさがあるのが【甲賀】の素晴らしいところ。定番の蕎麦から変わり種まで、ウマい蕎麦が食べたければここです!

【おそばの甲賀】店舗情報

  • 電話:03-3797-6860
    住所:東京都港区西麻布2-14-5
    アクセス:東京メトロ「乃木坂」駅、「六本木」駅から徒歩12分
    営業時間:11:30~14:45(L.O.14:15)、17:00~21:00(最終入店20:15、L.O.20:30)
    定休日:日曜、月曜

2.オーバー30女性A子が推す
 【東京 土山人】/池尻大橋

暑い日に、飲んだ後に、食べたくなる“キレのよさ”

    5~10月の限定メニュー『冷やかけすだち蕎麦』1,500円(税込)。花びらのような美しい姿は、見ているだけで心が和みます

私がオススメするのは、目黒川沿いにある蕎麦懐石【東京 土山人】。駅から少し離れた閑静な住宅街にあり、そこはかとなく漂う“隠れ家感”に大人の私はぐっと心をつかまれてしまったのです。

イチオシは暑くなると食べたくなる『冷やかけすだち蕎麦』。冷やにぴったりの細引き蕎麦はするっとのど越しがよく、つゆの中に漂うすだちの風味はすっきり爽快。一品料理やお酒を一通り嗜んだあとでも食べられる、キレの良さが魅力です。

  • 写真は「粗挽き田舎」のせいろ1,100円(税込)。麺にコシがあり、蕎麦の実の風味もしっかり感じられます

  • 一品料理も秀逸。写真は『だし巻き玉子』950円(税込)。だしが効いた関西風と甘口の関東風が選べます。写真は関東風

土山人の蕎麦は食べ方によって打ち方が変えられており、冷やは蕎麦の実を細かく砕いた「生粉打せいろ」と殻付きの蕎麦の実を粗く挽いた「粗挽き田舎」から選べ、温かい蕎麦では「太切り」が供されます。しかも毎日打ちたて。

オススメの『冷やかけすだち蕎麦』はランチでも食べられますが、一品料理も秀逸な土山人の良さを知るなら、夜の蕎麦飲みをオススメします。

【東京 土山人】店舗情報

  • 電話:03-6427-7759
    住所:東京都目黒区青葉台3-19-8
    アクセス:東急田園都市線「池尻大橋」駅より徒歩約8分、東急東横線「中目黒」駅より徒歩約12分
    営業時間:昼 11:30~15:00(L.O.14:30)、夜 18:00~23:00(L.O.22:30)
    定休日:月曜、第1・3火曜、正月
    夜はアラカルトのほか、懐石(『夜御膳』9品 6,500円でも楽しめます

3.20代女子M香が推す
【蕎麦屋 山都】/代々木上原

個性派の名物そばが絶品! 週一で通いたい隠れ家そば屋

    店の名物『こってりせいろ(温)』900円(税抜)は、豚の背油入りのまるでラーメンのような蕎麦

もっと早く出会いたかった……と思うほど、お気に入りの『こってりせいろ』。豚の背油が入ったラーメンのようなスープと、さっぱりとした蕎麦の相性が抜群。こってりなスープは、ネギの甘みと黒胡椒が相まって、飽きの来ないちょうどいい濃厚さ。付いてくるレモンを絞れば、すっきりといただだけて一皿あっという間に完食してしまいます。

  • 『そば焼酎×そば湯(ドロドロ)』600円(税抜)は、後味さっぱり。『そばの実コロッケ』と一緒にいだだくのが個人的にオススメ

  • 夜限定メニューの蕎麦の麺をつかった『中華そば』もウマい! 甘じょっぱいあっさりとしたスープが印象的で、分厚いのに柔らかいチャーシューにメロメロです

焼酎を蕎麦湯で割ったお酒や、蕎麦の実が入ったコロッケなどもあり、色んな形で蕎麦が楽しめます。一見、高級そうに見える外観ですが、金額も雰囲気もカジュアルで、週一で通いたいほど使い勝手のいいお店です。

【蕎麦屋 山都】店舗情報

  • 電話:03-3466-3200
    住所:東京都渋谷区上原3-1-17 イデールームズ上原 1F
    アクセス:小田急線「代々木上原」駅から徒歩5分
    営業時間:[月~金]17:30~23:30(LO 22:30)
    ※土・日・祝日は12:00~14:30(LO 14:00) 、17:30~22:30(LO 21:30))
    定休日:火曜・第3水曜(正月、GW、お盆時に休業の場合あり)

この記事を作った人

ヒトサラ編集部

この記事に関連するエリア・タグ

人気のタグ

編集部ピックアップ

週間ランキング(9/17~9/23)

エリアから探す