ヒトサラマガジンとは RSS

更新日:2019.08.01食トレンド 旅グルメ

話題の「餡バタートースト」に注目! 京阪神で人気の、趣向を凝らした個性派トースト

食パン専門店のブームが広がる中で、人気を集めているのが「餡バタートースト」。香ばしいトーストに餡の甘味とバターのコクが溶け合うどこか懐かしい一品は、カフェの新たな定番メニューとして注目の存在に。中でも個性が光る、京都【喫茶ゾウ】、大阪【Makers+ cafe(メーカーズプラス カフェ)】、神戸【HANAZONO CAFE(ハナゾノカフェ)】をご紹介します。

ホットケーキやクリームソーダなど、近年、カフェで再び注目を集めている、喫茶店の人気メニュー。中でも、人気急上昇中の餡バタートーストは、シンプルながらやみつきになる組合せに、“映える”ルックスを備えた、個性派が続々登場。新たなトレンドを牽引する3軒です。

京都/【喫茶ゾウ】
名古屋発の純喫茶テイストが評判

    40年以上続いた老舗の純喫茶を継承してオープン

京都で注目の新星が、2019年4月にオープンした【喫茶ゾウ】。愛知の味噌専門店「今井醸造」が手がける人気食堂【ぞうめし屋】の関西初の姉妹店であり、昔ながらの喫茶店スタイルを受け継ぐメニューが早くも評判です。

    『あんバタートースト』486円 (税込)。9:00~10:30は100円引き

中でも人気の『あんバタートースト』は、愛知の本店でオリジナルの餡を自家製。小豆の食感を残した素朴な餡と、ふっくらとした食パンのバランスが絶妙です。先にバターを乗せてトーストし、塩味を染み込ませるひと工夫で、餡の甘味がいっそう際立ちます。

    『玉子サンド』842円(税込) 。ダシの風味が効いた分厚い玉子焼きと、コクのある肉味噌が好相性

また、ぽってりとした玉子焼きと自家製肉味噌を挟んだ、『玉子サンド』も、味噌専門店ならではの一品として好評。愛らしいゾウさんクッキーが乗った、名物の『クリームソーダ』と共にぜひ。

    3色から選べる、一番人気の『クリームソーダ(クッキー付き)』712円(税込)。レトロな食器にもこだわりが

 

大阪/【Makers+ cafe】
餡専門店「アズアン」が手がける、バラエティに富んだ餡

    香ばしい風味が後を引く『黒豆きなこ餡トースト』378円(税込)

デザイン事務所が手がけるアトリエ&ギャラリー併設のカフェとして、2019年5月に大阪に誕生した【Makers+ cafe(メーカーズプラス カフェ)】。餡専門店とコラボした自家製餡は、約10種とバラエティに富んだラインナップが自慢です。日替りで3種が登場し、定番の北海道あずきや黒豆きなこのほか、ばらやラムレーズン、レモンチーズといった独創的な餡が登場することも。

    多彩な餡378円~(税込)はすべて試食可能。季節限定の餡も要注目

多彩な餡が引き立つよう、食パンは砂糖を控え、塩味の効いたハード系に近い生地を独自に考案。餡とパンの相性までとことん追求したトーストは、餡専門店ならではです。

    暑い季節にぴったりの新作メニュー、『餡ソフト』594円(税込)

ほかにも、『餡MILK』や『餡ソフト』といったメニューに加え、オリジナルの餡を店内で購入可能。お気に入りの味を家庭で気軽に楽しめます。

    気候のいい時季は、ウッドデッキのテラス席が心地よい

 

神戸/【HANAZONO CAFE】
パンの厚みに思わず目を見張る

    『あんバターの厚切りトースト』550円(税込)。トッピングの塩昆布が絶妙のアクセント

神戸の【HANAZONO CAFE(ハナゾノカフェ)】では、2018年に登場したあんバターの厚切りトーストが人気です。何より目をひかれるのは、ほとんどキューブ型に近いパンの厚み。小ぶりながら5㎝を超える極厚の食パンは、1斤の半分を使用。インパクトのあるルックスに、思わず目を見張ります。

    中に温泉玉子を忍ばせた『4種のチーズトースト』550円(税込)。岩ノリ、七味、蜂蜜をお好みで

専門店に特注する北海道産小豆の餡は、バターの塩気に引き立つあっさりとした甘さが好評。分厚いパンのもちもち感との取り合わせが女性客を虜に。また、同じ食パンを使った4種のチーズトーストは、パンをくり抜いた中に、とろりとまろやかなチーズがたっぷりと。温泉玉子と溶け合うまろやかな味わいが後を引く、ボリューム満点のトーストはランチにもぴったりです。

    ゆったりとくつろげる、広々とした店内

 

この記事を作った人

取材・文/田中慶一(フリーライター)

この記事に関連するエリア・タグ

人気のタグ

編集部ピックアップ

週間ランキング(8/18~8/24)

エリアから探す