ヒトサラマガジンとは RSS

更新日:2019.12.04デート・会食

横浜で、大切な人とのディナーはここに限る! 上質な雰囲気がただようレストラン4選

関東有数のおしゃれスポットとして名高い横浜。そんな横浜は美食の街でもあり、食べることを目的にしたくなるお店がたくさんあります。今回は横浜駅近くのデートに使えるお店を4店舗ご紹介。味はもちろん、どのお店も二人の雰囲気を盛り上げてくれるはずです!

横浜で、大切な人とのディナーはここに限る! 上質な雰囲気がただようレストラン4選

1.【Ristorante Crocifisso】イタリアン

シチリアの名店が満を持して横浜にオープン

    テーブル席のほかに、横浜の夜景が眺められる半個室と扉付きの個室もご利用できます

    テーブル席のほかに、横浜の夜景が眺められる半個室と扉付きの個室もご利用できます

イタリア・シチリアの有名店【crociffiso(クローチフィッソ)】の姉妹店として2019年にオープンした【Ristorante Crocifisso】。ビルの最上階に位置しており、本場のシチリアの味を眼下に広がる夜景とともにいただける人気店です。白を基調とした内装は気品が感じられ、ゆったりとした雰囲気は特別なディナーを演出してくれることでしょう。半個室も用意されていて、2人だけの時間を過ごせます。

    『燻製した真蛸とケイパー風味のじゃが芋ピューレ 青野のソース』

    『燻製した真蛸とケイパー風味のじゃが芋ピューレ 青野のソース』

素敵な夜に花を添えるのは本格シチリア料理。シチリアの本店でセコンドシェフを務めた阿部氏による料理の数々はどれも趣向を凝らしています。お店オススメのメニューは『燻製した真蛸とケイパー風味のじゃが芋ピューレ 青野のソース』。燻製香とオリーブオイルの香りと濃厚なピューレの味わいは格別です。

 

2.【ARAIYA NEST】鉄板焼き

くつろぎの空間で老舗店の味を

    階段を上がってすぐの2Fはライブキッチン仕様。3Fは高い天井が解放感を演出する落ち着いた雰囲気でゆったりくつろげます

    階段を上がってすぐの2Fはライブキッチン仕様。3Fは高い天井が解放感を演出する落ち着いた雰囲気でゆったりくつろげます

横浜で120年以上続く牛鍋の老舗【荒井屋】が新たな顔を見せる鉄板焼き専門店【ARAIYA NEST】。シックな看板の向こうに広がるのは、おしゃれなインテリア空間。2階にある半個室は周りの音が気にならない設計で、静かな時をくつろぎいただけます。屋外にはテラス席もあり、特別な夜のデートにも利用できます。

    滑らかな肉質とジューシーな赤身の美味しさが存分に味わえる『もも肉のステーキ』 (150g)

    滑らかな肉質とジューシーな赤身の美味しさが存分に味わえる『もも肉のステーキ』 (150g)

カウンター席は、オープンキッチンスタイルのため、調理中の音や立ち振る舞いはデート中の会話やご飯の時間を楽しくしてくれるでしょう。素材にもこだわっており、『もも肉のステーキ』は仙台黒毛和牛のその日に美味しい部位だけを焼き上げます。サシの入り方や柔らかさも絶妙です。

 

3.【和互本店】割烹料理

割烹料理の粋を感じる大人のお店

    間仕切りによって食事や会話をプライベートに楽しめます

    間仕切りによって食事や会話をプライベートに楽しめます

横浜駅西口広場から少し奥まったところにある割烹料理の隠れ家【和互本店】。薄暗い照明で照らされた空間には、上質な和の雰囲気と静けさが感じられ、普段とは違うデートを演出してくれるでしょう。座席には間仕切りがしっかりと設けられていて、プライベートな時間を確保することができます。

    サクサクな軽い食感に仕上げられた『天ぷら盛り合わせ』

    サクサクな軽い食感に仕上げられた『天ぷら盛り合わせ』

本格割烹料理の素材は国産にこだわっていて、鳥取県の境港、岩手県の大船渡など全国各地から選りすぐりの素材を仕入れています。お店オススメのメニューは『天ぷら盛り合わせ』。その時期ならではの旬の野菜や魚をおいしくいただけます。

 

4.【木の花】日本料理

四季を感じるお部屋でいただく至高の料理

    カウンター席のほかにテーブル席のご用意もあります。夜になると店内から見える日本庭園は、美しくライトアップされ見る人々の心を和ませてくれます

    カウンター席のほかにテーブル席のご用意もあります。夜になると店内から見える日本庭園は、美しくライトアップされ見る人々の心を和ませてくれます

横浜駅すぐ近くのシェラトンホテル内にある日本料理店。ひとつひとつ厳選された食材や器からは、和の真髄が感じられます。店内の窓側からは素敵な日本庭園が望めることができ、移ろいゆく四季の光景はデートに最適です。ライトアップも行われ、特別なディナーを約束してくれます。

    雲丹と鮑、極上のだしが織りなす贅の極み『鮑の肝トロご飯』

    雲丹と鮑、極上のだしが織りなす贅の極み『鮑の肝トロご飯』

こだわりの土鍋ご飯の数々には、料理長自らが日々厳選した食材を使用。味だけではなく、見た目でも四季を満喫できます。こちらでぜひいただいてほしいのは、『鮑の肝トロご飯』。鮑を柔らかく炊いたスープが使用され、素材の味を丸ごと楽しめ、濃厚なうまみの肝と雲丹は食欲をそそります。

 

この記事を作った人

株式会社ブロック

この記事に関連するエリア・タグ

人気のタグ

編集部ピックアップ

週間ランキング(12/7~12/13)

エリアから探す