ヒトサラマガジンとは RSS

更新日:2020.01.13食トレンド

カツレツ【貴族と平民】の「濡れカツ」とは? クリスチアノ佐藤さんの新店舗|代々木公園

代々木八幡の人気店「クリスチアノ」や、エッグタルトの「ナタ・デ・クリスチアノ」、もんじゃ焼きの「もんじゃさとう」、カレーの店「食べる副大統領」など、多ジャンルのヒットメーカーである佐藤幸二さんが、【貴族と平民】というカツレツ屋をオープン! ここで食べられる「濡れカツ」とは一体……?!

カツレツ

多ジャンルグルメのヒットメーカー
佐藤さんの7店舗目は“カツレツ”のお店

代々木八幡駅前の通りを渋谷方面に数分歩くと、路上に置かれた黄色い看板が目に入ってくる。ここが2019年10月にオープンした【カツレツの店 貴族と平民】だ。

    店内のカウンター席

    ドアをくぐると黄色を配色した明るい雰囲気が目に入り、カツを揚げる甘く香ばしい匂いが食欲を刺激する

手がけたのは佐藤幸二さん。知る人ぞ知る彼は、ポルトガル料理店【クリスチアノ】を2010年に代々木八幡駅近くにオープンさせると、エッグタルトの店【ナタ・デ・クリスチアノ】、バカリャウ(干し魚)をメインにした【マル・デ・クリスチアノ】、惣菜ともんじゃの店【もんじゃさとう】なども次々と手掛け、界隈をグルメエリアに仕立てた先駆者。

    多ジャンルグルメのヒットメーカーである佐藤幸二さん

    佐藤幸二さん。代々木八幡のみならず、奥渋谷のポークビンダルー店【食べる副大統領】や、六本木のパエリア店【バレンシアナバル ブリーチョ】も手がける

そんな佐藤さんの7店舗目となるのが同店。とんかつではなく“カツレツ”とあるところに、彼ならではのこだわりとワクワクするような仕掛けが待っていそう……。

揚げたカツをスープにくぐらせる“濡れカツ”

    カツをスープにくぐらせている画像

    カラッと揚げたカツを、なんとスープにくぐらせるのが、ここ【貴族と平民】流だ

食事の前にまずは佐藤さんに話を伺うことに。

──店名は【貴族と平民】、メニューも『貴族』と『平民』から選べますね。これはどんな意味でつけたのですか?

佐藤さん

佐藤さん

黒豚(イベリコ豚)を使ったものは価格が少し高いので『貴族』、ドイツの白豚を使ったものがお手頃価格だから『平民』です(笑)

──なるほど。ネーミングにも一癖ありますね (笑) そもそもなぜカツレツのお店をやろうと思ったのですか?

佐藤さん

佐藤さん

豚肉の美味しさを堪能してもらうより、“衣”を美味しく食べてもらいたかったんです。衣はシュニッツェルを意識して叩いて伸ばした豚肉を包む薄揚げにしています。なのでカツレツの店なんですよ。

──その薄揚げにしたカツをスープにくぐらせて“濡れカツ”にするのには驚きました。

佐藤さん

佐藤さん

余分な油を取り除くために揚げたてのカツレツを熱いチキンスープにさっとくぐらせているんです。

    カツをスープから上げている画像

    チキンをベースにしたスープに揚げたてのカツをくぐらせる。余分な油を落とすことでくどさを抑え、食べ飽きないのだという

質問に対して明確に答えてくれる佐藤さんだが、次の言葉には、聞き手のこちらが少し戸惑ってしまった。

佐藤さん

佐藤さん

提供する味は8割くらいの出来かな。『味が薄い!』とか言う人もいるし……。

──え? 残りの2割はどうなっているんですか?

佐藤さん

佐藤さん

最後は皆さんに美味しさを完成させてもらいたいんです!

そう言って佐藤さんが指差したカウンターには、いくつものソースが並ぶ。

    備え付けの9種類のソースたち

    9種類のソースたち。手前からウスターソース、醤油、紅ショウガチリ、黒酢サンラー、ソルティヨーグルト、ニンニクマヨ、蜂蜜ミント、カレーのもと、デスソース

食べ手が味を完成させる、自分好みのカツレツ

    バターソースをたっぷりかけた貴族カツレツ定食

    オリジナルのバターソースをたっぷりかける。これだけでも、コクと風味が加わり十分に美味しい

佐藤さん

佐藤さん

カツレツにはバターソースが付きますが、それだけじゃつまらないでしょ。他の味わいでも楽しんでもらいたいし。なので、9つのソースを用意しました。

ソースを掛け合わせればカレー風味にも中華風にもなる。そういう自分だけの味が楽しめるように工夫されているのだ。やはり、ただのカツレツ店ではなかった!

では早速、イベリコ豚を使った『貴族カツレツ定食』を味わってみることに。

    『貴族カツレツ定食』1,210円(税込)。ライスが紫なのは「意味はありません。楽しそうかなって(笑)」。糖質を抑えたカリフラワーライスに変更も可だ

    『貴族カツレツ定食』1,210円(税込)。ライスが紫なのは「意味はありません。楽しそうかなって(笑)」。糖質を抑えたカリフラワーライスに変更も可だ

まずはそのままで。カリッとした衣はほんのり甘い。豚肉は薄いながらも旨みしっかり。これだけでも美味しいが、ちと薄味かも。

そこにバターソースをかけると、バターのコク、塩味、さらにタバスコの辛味と酸味などが、カツの香ばしさと豚肉の旨みを引き立てる。

オォ! じゃ今度はチリソースをとやっていると……

佐藤さん

佐藤さん

ちまちまやっていても楽しくないでしょ(笑)
カツレツをパレットに見立てて、ソースを絵の具のようにいくつもかけるんです。

    カツをパレットに見立て、さらに紅ショウガチリ、黒酢サンラー、ソルティヨーグルト、ニンニクマヨをかける

    カツをパレットに見立て、さらに紅ショウガチリ、黒酢サンラー、ソルティヨーグルト、ニンニクマヨをかける

端から食べれば味が変わっていき、ソースを混ぜれば新しい味になる。ソースの香り、豚の旨味が絡まりあって別の美味しさになっていく“味変”ぶり。想像していなかった味わいが口に広がり、すごく得した気分。

佐藤さん

佐藤さん

ね、楽しいでしょ。もっと言うと、ソースで遊んでもらってもいいんです。とにかく自由に、楽しんで食べてください。

そう言っておもむろにソースを手に取った佐藤さん。

  • 様々なソースを楽しそうにカツレツにかけていく。そんなにかけて大丈夫?

  • 何か絵を描いている…?
    果たしてその仕上がりは……

  • 貴族カツレツ定食にソースをかけている画像

    カツレツ定食に描かれた魚の絵

佐藤さん

佐藤さん

魚です。

──絵、うまいですね……(笑)

佐藤さん

佐藤さん

黒酢サンラーで輪郭、ソルティヨーグルトで全体の色、ニンニクマヨで鱗を描き、カツレツを魚に。バターソースの海で泳がせました。

──食べてみてもいいですか?

佐藤さん

佐藤さん

どうぞ(笑) 絶対、美味しいですよ!

ソースたっぷりの見た目とは裏腹に(?)まろやかな酸味と辛味の中にニンニクがふわりと香り、カツとの相性は抜群! ひとくちごとに「オォ」と声をあげる僕の様子を見て笑顔になる佐藤さん。

佐藤さん

佐藤さん

ちなみに、カレー、蜂蜜ミント、紅ショウガチリ、ソルティヨーグルトを混ぜたソースでカツを食べると、「カツカレー」テイストになるんですよ。

カツカレー好きな僕としては、どうして先に教えてくれないッ! という感じだが、次はぜひカレーにも挑戦してみたい。
あ、そうか。自分なりのベストを作り上げるには足繁く通う必要がある。そのベストを見つけてもらうための“8割の出来”なのだ。

    店の奥にあるキッズスペース

    家族連れでも気軽に足を運んで欲しいと、店の奥にはキッズスペースも用意

というわけで、【カツレツの店 貴族と平民】。料理を食べるだけでなく作るのも好きな人。絵心がある人。“自分だけの”というフレーズが好き人などなど。そしてもちろん、美味しいカツレツが食べたい人。そんな人たちはぜひ同店へ。
カスタムして完成させる、いつも以上の楽しい食事が待っています!

 

この記事を作った人

撮影/今井 裕治 取材・文/武内 しんじ(フリーライター)

この記事に関連するエリア・タグ

人気のタグ

編集部ピックアップ

週間ランキング(1/17~1/23)

エリアから探す