ヒトサラマガジンとは RSS

更新日:2020.05.01[PR]

変化する時代で変わらぬ喜び。人びとに寄り添い歩み続けるレストラン|【銀座エスコフィエ】

1950年創業。戦後よりフランス料理を発信し続ける【銀座エスコフィエ】。“現代フランス料理の父”と称された、オーギュスト・エスコフィエ氏の名を冠することを正式に認められた、銀座の老舗フレンチレストラン。氏の調理法を忠実に守り、永きに渡り人びと愛されて続けてきた名店です。

銀座エスコフィエのコース

非日常的なひとときを提案する洗練された店内

    銀座エスコフィエの内観

    アンティークな趣きがゲストを優しく包み込む空間

銀座駅前に佇む【銀座エスコフィエ】。その重厚な佇まいからも、永きにわたり人びとを楽しませてきたという“誇り”を実感させます。店内はアンティークな趣きを醸しつつも、洗練された雰囲気。非日常的な空間でゆったり伝統のフランス料理を堪能できます。

銀座の地で多くの人びとを喜ばせてきた味

    銀座エスコフィエのうにとグリーンアスパラガスのグラタン仕立て

    受け継がれる不変のおいしさ『うにとグリーンアスパラガスのグラタン仕立て』2,400円(税・サ―ビス料別)

海と大地の恵みがハーモニーを奏でる温前菜。うにの濃厚な甘みと深いコクが、贅沢な余韻をもたらします。伝統のレシピを忠実に守り続ける【銀座エスコフィエ】不動の人気メニュー。親から子へ、世代を超えて愛され続ける逸品です。

    銀座エスコフィエの鹿児島黒牛フィレ肉のステーキ

    選りすぐりの素材に匠の技が光る『鹿児島黒牛フィレ肉のステーキ』100g 10,500円~(税・サ―ビス料別)

メイン料理には、2017年「第11回全国和牛能力共進会宮城大会」で総合優勝を果たすなど、食通たちの間でも熱い視線を向けられる「鹿児島黒牛」のステーキを用意。希少なフィレ肉を絶妙な火加減で焼き上げた、匠の技が光るひと品です。

    銀座エスコフィエのフランス地方料理&ワイン紀行

    70周年特別企画『フランス地方料理&ワイン紀行 ブルゴーニュ編』15,000円(税・サ―ビス料別)

創業70周年記念企画『フランス地方料理&ワイン紀行』。フランスの各地方の料理とワインをテーマにしたコースを全6回で実施。第1回ブルゴーニュ編をはじめ、地方を代表する食材や郷土料理によって組み立てられる特別なコースを楽しめます。

料理人プロフィール:東正俊さん

    銀座エスコフィエのシェフ,東正俊

海の食材の宝庫、三重県で育ち、幼少期より「食」に関心を持つ。あべの辻調理師専門学校卒業後、霞ヶ関の洋食店にて7年修業を積む。その後はいくつかの店舗にて、自らの料理を追求すべく研鑽を重ね、伝統的なフランス料理を極める。1998年、伝統的なレシピを守りたいという志とともに【カーヴ エスコフィエ】料理長となる。2014年、本店【銀座エスコフィエ】総料理長に抜擢され、現在に至る。

常に新たな感動を人びとに発信していく

    銀座エスコフィエのソムリエ

    伝統を敬いつつも、新たな感動も提案。時代に今求められるサービスで応える

『フランス地方料理&ワイン紀行』では、ソムリエが料理1品ひと品に合わせてワインをセレクト。その地方ならではのペアリングを楽しめます。創業以来多くの人びとを魅了してきた【銀座エスコフィエ】。伝統を大切にしつつ新たな感動も提案。これからも人びとに寄り添い歩み続けてくれます。

※店舗情報は取材当時の情報です。最新の情報は店舗にご確認ください。

この記事を作った人

ヒトサラ制作チーム

この記事に関連するエリア・タグ

人気のタグ

編集部ピックアップ

週間ランキング(10/22~10/28)

エリアから探す