ヒトサラマガジンとは RSS

地中海ダイニングと鮨処がひとつになった【GENTLE Dining】表参道

「地中海ダイニング」と「鮨処」、そしてバーまで完備する【GENTLE Dining(ジェントルダイニング)】は、さまざまなシーンで利用できる大人仕様のレストラン。「uplift your mood」をコンセプトとし、訪れた方が「ちょっとアガる」瞬間をいつも提供してくれます。

【GENTLE Dining】の内観

表参道駅から徒歩圏内、森の中の隠れ家

    【GENTLE Dining(ジェントル ダイニング)】外観

    まるで緑に囲まれた館の【GENTLE Dining(ジェントル ダイニング)】

表参道から徒歩7分。青山通りから一本入った先に現れるのは、緑豊かなテラスが特徴的なレストラン【GENTLE Dining(ジェントル ダイニング)】。石畳のガーデンテラスから入ると、一階から地下まで広々とした空間が広がっています。表参道の喧騒からは離れ、静かな時間を過ごすことができます。

    【GENTLE Dining(ジェントル ダイニング)】内観

    緑豊かなテラス席は、ペットを連れての食事もOK

お店は1階と地下1階の2層構造で、1Fフロアに「地中海ダイニング」、B1フロアに「鮨処」という2つの業態を併設。1Fダイニングは73席(バーを除く)あるほか、個室も完備しており、開放感溢れるガーデンテラスにはテーブル席も。テラス席のみペット連れの食事が可能となっているため、愛犬家からも人気があります。

各分野のプロが集結し、大人時間を提供

    【GENTLE Dining(ジェントル ダイニング)】スイーツデザート

    スイーツは毎日10種類以上用意

1Fはイタリア・スペイン・ギリシャなどの地中海料理を愉しめるダイニングフロア。メインキッチンの他、スイーツは専属パティシエ、ワインはソムリエチームが選び、バーテンダーがカクテルをつくっています。つまり各分野のプロフェッショナルにより贅を尽くした一品を堪能できるのです。

ここからは、おすすめの料理をご紹介します。

    【GENTLE Dining(ジェントル ダイニング)】『燻製マグロのレアステーキ』

    “燻製にする”このひと手間が、味を昇華させる『燻製マグロのレアステーキ』3,080円

マグロは、脂のりの良い中トロを使用。ソースに使う醤油も燻製にすることで風味が増し、素材の旨みがさらに強くなります。肉のステーキと同様に、赤ワインに合わせても美味しいと評判です。

    【GENTLE Dining(ジェントル ダイニング)】『ギリシャチーズのソテー アガベシロップ 蜜柑 オレガノ』

    白ワインと合わせたい『ギリシャチーズのソテー アガベシロップ 蜜柑 オレガノ』1,980円

羊と山羊のミルクからできた「ケファログラヴィエラ」。この、クセのないハードチーズに自家製シロップをかけてソテーすることで、キャラメリゼされたように香ばしく甘い仕上がりに。こちらは白ワインによく合います。

    【GENTLE Dining(ジェントル ダイニング)】『豚肩肉のピロタ風リゾット』

    いわゆる「リゾット」としての概念を覆す『豚肩肉のピロタ風リゾット』1,980円

お米は具材のだしで炊き上げ、一粒一粒に具材の旨みを浸透。ですが、最後はお米一粒の食感が分かるように、水分を飛ばしパラリと仕上げてあります。「これがリゾット?」という驚きのある面白い一皿です。

バーカウンターもあり、利用シーンが豊富

    バーカウンターがある風景。お一人様でもデートでも

    バーカウンターがある風景。お一人様でもデートでも

出入口近くにはバーカウンターを設けているので、デートの際は待ち合わせに利用すればスマートです。もちろんバーのみの利用も可能です。また、レストランは庭を望むソファー席、天井高のメインフロア、個室等を完備しているので、女子会から記念日デートまで、用途に合わせた席を選べます。

料理人プロフィール:安達正道さん

    【GENTLE Dining】安達正道さん

飲食店を経営している家庭で育ち、幼少期より「食」は常に身近な存在だった。兄弟も飲食に携わる仕事に就き、自身も調理師学校へ進学。卒業後は、10年ホテルのフレンチ部門のスーシェフを勤め上げる。2020年9月より【GENTLE】ダイニング部門料理長就任。

この記事を作った人

取材・文/綿貫大介

人気のタグ

編集部ピックアップ

週間ランキング(4/8~4/14)

エリアから探す