ヒトサラマガジンとは RSS

ヒトサラ編集部オススメのお取り寄せグルメ「カレー編」厳選5軒

暑い日にはなぜだか食べたくなるカレー。なかなか外に食べに行けないけれど、やっぱりお店のおいしい味が食べたい! ということで、ヒトサラ編集部の5名がそれぞれオススメの「お取り寄せカレー」を厳選しました。老舗のカレーや、名店の裏メニューのカレー、実店舗は惜しまれつつも閉店してしまったが取り寄せのみで楽しめる幻のカレーまで、幅広くご紹介します!

HARE GINZAのお取り寄せカレー

ヒトサラ編集部がオススメする
お取り寄せグルメ「カレー編」

1.がっつり男メシ担当 関口が推す
 【吉田カレー】/『カレー中辛(キーマ入)』

頑固な店主がこだわり抜いて「お店の味を再現」したレトルト

    吉田カレーの『キーマカレー中辛』

    『吉田カレー中辛(キーマ入)』1,380円 ※ネギと卵は入っていません

僕が紹介するのは、荻窪にあるカレーの名店【吉田カレー】のレトルト。お店の入り口のシャッターが半分しか開いていなかったり、店内に注意書きがベタベタと貼ってあったりとかなり変わった店主のお店ですが、その分、味へのこだわりがとても強く、小麦粉不使用で無添加無化調のフルーティーな香りがするカレーは、ここでしか食べられない特別な味です。

  • 吉田カレーのレトルト

    箱はシンプルでかっこいい。店長・吉田さんの親友である、デザイナーの八木さんがデザインしたのだそう

  • 吉田カレーの『キーマカレー中辛』

    お店のトッピングにもある、「納豆」を入れてもおいしいのが【吉田カレー】

このレトルトのすごいところは、味の再現度。どんなお店でも、冷凍やレトルトだとお店の味とはどうしても少し違ったりしてしまうのですが、【吉田カレー】のレトルトは製造からパッキングまですべて自社で手作業で行っていて、お店の味とほぼ同じ、というか正直違いが分かりません!

レトルトは現在4種類。『吉田カレー中辛(キーマ入)』、『チキンクリームカレー』、『ポークビンダルー』の3種はそれぞれ1,380円、『ビーフキーマ』は980円。どれもAmazonで注文できるので、気になったらすぐにポチれます!

2.おしゃれなお店好き女子 宿坊が推す
 【HARE GINZA】/『超辛イエローカレーも入った5種セット』

カレーの味を最大限に引き出せる辛さに設定し、それぞれ追求されたおいしさを体現

    【HARE GINZA】料理

    『超辛イエローカレーも入った5種セット』は、2,700円+送料

私のカレー愛への扉を開けてくれた【HARE GINZA】。東京・銀座の地で約30年という長い間、多くのカレー好きたちを幸せにしてきましたが、2021年春に惜しまれつつも暖簾を下ろしました。そんな【HARE GINZA】が、江戸川区に新たにセントラルキッチンを設け「通販専門店」となりました。瞬間冷凍機を使用し、あのお店の味をそのまま自宅で味わうことができます。

プレーンの状態で送られてくるので、トッピングは自由自在。お店のサイトには「トッピングコンテスト」のページがあるので要チェック。私はチーズ、しめじ、いんげん、トマト、ゆで卵をトッピングしてみました。

  • 【HARE GINZA】料理

    左から『マサマンカレー』、『アースカレー』、『グリーンカレー』、『スペシャルカレー』、『イエローカレー』

  • 【HARE GINZA】料理

    不動の人気を誇る『スペシャルカレー』。辛さにじんわりと汗をにじませながらいただく幸せ

この5種類のセットは【HARE GINZA】で販売されているカレーを全種類楽しむことができます。ただ辛さが違うだけではなく、「カレー自体の味を最大限に引き出すための辛さ設定になっている」と言われたら、もちろんすべてを食べてみるしかありませんね……!

カレーの辛さに慣れている方は是非『スペシャルカレー』を。銀座時代から不動の人気を誇り、辛さと旨さを兼ね備えているので驚きます。体が熱を持つこの感覚はやはり夏に体感したい。
辛いものが苦手な方は、最もマイルドな『アースカレー』を食べてみましょう。ココナッツが香るこちらのカレーは肉感たっぷりで、とろっとしたテクスチャーです。辛味はほぼ無く、コクがあり野菜とお肉の甘みを堪能できます。

3.酒好き艶っぽ系女子 福島が推す
【神楽坂 石かわ・虎白・連三四七】/『厳選米と蓮のカレー』

シンプルな味わいに職人の技と努力を感じるカレー

    【神楽坂 石かわ・虎白・連三四七】/『厳選米と蓮のカレー』

    和食のトップシェフたちがつくりあげた至高のカレー

私がご紹介するのは、2009年から連続で3つ星を獲得する日本料理【神楽坂 石かわ】と門人が料理長として腕をふるう【虎白】、【蓮 三四七】がコラボレーションをしてつくったカレーです。【蓮 三四七】のコース料理の〆にカレーがでてくるのですが、店の看板メニューと思われるほどお客さんからの人気が高く、師匠石川さんが「料理で勝負しろ」と、数年間だすのを禁止したエピソードがあるほどのおいしさ。

それがお家で食べられるのは嬉しい! カレーはもちろんのこと、セットでついてくる新潟県魚沼産のお米とお水も気になりますよね。今回は丁寧に土鍋で炊いてみました!

    【神楽坂 石かわ・虎白・連三四七】/『厳選米と蓮のカレー』

    お米を浄水で3回ほど優しく洗い、さらに浄水で20~30分ほど浸水。炊くときに魚沼産のお水を使うのですが、おいしいお米には水も大切なポイントです。『厳選米と蓮のカレー(4食分)』7,560円

見た目はとってもシンプルですが、一口食べた瞬間ひとつとして雑味のない綺麗な味わいに感動します。まるで無水でつくったかのような野菜、フルーツの甘さ、自然の味が生きており、それでいてピリッと辛いスパイシーさを持つ完璧なカレー。

そこに合わさるのが、お店こだわりのお米。粒の立ち具合やお米の存在感、甘味、そしてもっちりとした食感に次の一口が止まらなくなるほど。ルーとお米がお互いの良さを引き立て合うバランスが、本当に素晴らしいです。2人前からありますので、ぜひ気になる方は注文してみてください! 誰しもがこの味の虜になるはずです。

4.編集部きっての大食漢 遠藤が推す
 【アジャンタ】/『欲張りカレーセット』

創業64年、老舗の人気三大カレーを味わえる『欲張りカレーセット』

    アジャンタの欲張りカレーセット

    アジャンタの人気カレー3種とナンのセットが自宅で楽しめる、『純印度料理アジャンタの欲張りカレーセット』1,728円

大漢食である私はたくさんカレーを食べたい。数種類のカレーが食べたい。歴史ある老舗のカレーが食べたい。そんなカレー三大欲を満たしてくれる『純印度料理アジャンタの欲張りカレーセット』を迷わず注文しました。

日本人の口に合わせるレシピではなく、本場の味を追求し続けるアジャンタのカレーは絶品です。

    アジャンタのキーマカレー

    【アジャンタ】といえばやっぱり、『キーマカレー』。日本で始めてインドのキーマ・カレーを紹介したのはこのお店です

  • アジャンタのマトンカレー

    ガツンと辛くて軽快な味の『マトンカレー』

  • アジャンタのチキンカレー

    身がやわらかい骨付きチキンが入った『チキンカレー』

『キーマカレー』は口にするとスパイスの香りが広がり心地いい。そのあと、挽肉の旨さがグ―っと押し寄せます。とても食べ応えのあるキーマカレーです。
『マトンカレー』はマトンの旨みを吸い込んだルーとナンの相性が抜群。マトン自体も一切臭みがなく一つの肉料理としても楽しめます。
『チキンカレー』はさらさらとしたルーの中にごろっとしたチキンが入っているのが特徴。味は本場さながらスパイスの効いた大人な味わいです。
上品なバターの香りが効いた『ナン』まで自宅で楽しめるのが嬉しい!

【ムールティ一家のカレーと純インド料理のお店 アジャンタ】

  • 電話:03-3264-6955
    住所:東京都千代田区二番町3-11
    アクセス:麹町駅

    店舗詳細はこちら >

5.海老好き 嶋が推す
 【奥芝商店】/『北海道の恵み!竜宮の賄い海鮮スープカレー』

海老2,000匹以上の旨みが詰まった、海老だしスープカレー

    『北海道の恵み!竜宮の賄い海鮮スープカレー』3,980円。送料は全国一律1,400円(沖縄、離島を除く)※1万円以上の注文で送料無料

    『北海道の恵み!竜宮の賄い海鮮スープカレー』3,980円。送料は全国一律1,400円(沖縄、離島を除く)※1万円以上の注文で送料無料

どんなお店に行っても、「海老」と書かれたメニューがあれば必ず頼んでしまう海老好きの私がオススメするのは、北海道から東京・八王子まで、全国に13店舗を展開するスープカレー店【奥芝商店】の海老だしスープカレーです。

こちらのカレーはとにかくスープがおいしい! 毎朝約2,000匹以上の海老からだしをとっているそうで、その海老だしの旨みや甘みの奥行きのある味わいに驚かされます。辛さは中辛の2番で、辛い物が苦手な私でも食べやすい適度なスパイシーさ。

  • 旨みがぎゅっと詰まってます!と言わんばかりのソースの層

    旨みがぎゅっと詰まってます!と言わんばかりのソースの層

  • 同封されている“エビステッカー”のかわいさにキュン♡

    同封されている“エビステッカー”のかわいさにキュン♡

中には、海老、イカ、ホタテ、あさり、それにキャベツが入っているのですが、魚介はもちろんのこと、唯一の野菜であるキャベツがまぁーウマい。キャベツには、スープの旨みがたっぷり染み込んでいて、甘さや柔らかな食感がクセになります。

今回は『北海道の恵み!竜宮の賄い海鮮スープカレー』を注文しましたが、ほかにも『宗谷黒牛100%おくしばーぐスープカレー』や『コラーゲン牛すじスープカレー』、『トロトロ豚角煮スープカレー』など、バラエティ豊か。ただし、人気なので商品によっては1か月以上かかることも。気になる方は早めにチェックしてみてください!

この記事を作った人

日々ウマいものを求め続ける「ヒトサラMAGAZINE」チーム

大人デートのお店ならおまかせ:嶋
がっつり男メシ担当:関口
酒好き艶っぽ系女子:福島
おしゃれなお店好き女子:宿坊
編集部きっての大食漢 遠藤

編集部ピックアップ

週間ランキング(10/21~10/27)

エリアから探す