ヒトサラマガジンとは RSS

更新日:2021.08.11食トレンド デート・会食

シェフの確かな技術で焼き上げられたA5ランクの「仙台牛」を堪能する|【鉄板焼 ガーデン】御茶ノ水

東京の中心地・御茶ノ水にある「山の上ホテル」内の【鉄板焼 ガーデン】。仙台牛やオマールエビなどの高級食材や、旬の京野菜などの厳選食材を使った鉄板焼きを堪能できます。伝統あるホテルならではのレトロな雰囲気のあるレストランで、贅沢な時間を過ごしてみませんか。

鉄板焼 ガーデンのオマール海老

温かみのあるレトロな雰囲気の店内でゆったりと過ごす

    ガーデンの店内

    地下にありながら自然光が差し込む店内

御茶ノ水駅から徒歩5分。山の上ホテルの地下1階にある【鉄板焼 ガーデン】。名店で経験を積んだシェフが絶妙な火入れで仕上げる、高級食材を使った鉄板焼きが食べられます。カウンター席では目の前でシェフのパフォーマンスを見ることができるので、一緒に食事をする相手との会話も弾みそうです。

    ガーデンの入口

    ゲストに寄り添ったサービスでリラックスして過ごせる

店の入口は歴史を感じさせる落ち着いた雰囲気があります。店内は温かみのある和やかなムードで、スタッフのゲストに寄り添ったサービスが魅力です。鉄板焼店ではめずらしいテーブル席もあるので、家族やグループでもゆったりとくつろげます。格式の高さを感じられる店で、身も心も癒されるような時間を過ごせるでしょう。

仙台牛などの高級食材を厳選して贅沢な鉄板焼きに

【鉄板焼 ガーデン】で使用する肉は、A5ランクの黒毛和牛「仙台牛」。魚介は活黒アワビ・活オマールエビといった高級食材です。野菜にもこだわり、旬の京野菜や加賀野菜を厳選。目の前で焼き上がる鉄板焼きを贅沢に味わえるでしょう。

その中でも、お店オススメのメニューを3つご紹介します!

『活黒鮑』

    ガーデンの活黒鮑

    『活黒鮑』鮮やかな大葉が添えられている

黒アワビは、アワビの中でも最高級の逸品。鉄板の上で半生まで蒸したところで肝を取り、身をバターで香りをつけながら仕上げます。活アワビを使用しているので、鉄板の上で動く姿を見られるのも鉄板焼きならではの楽しさでしょう。柔らかい身を濃厚なソースに絡めて召し上がれ。

『A5ランク仙台牛』

    ガーデンの仙台牛

    『A5ランク仙台牛』肉の状態に合わせて一番おいしい状態に焼き上げてくれる

仙台牛は肉質がきめ細かく、肉汁も多いのが特徴です。赤身とサシのバランスがよく、焼き上げた後の食感は口の中でとろけるような柔らかさ。鉄板の上にのせたときの音や香りを五感で楽しめるでしょう。シェフが厳選し、確かな技術で焼き上げる仙台牛をお試しあれ。

『ステーキコース<珠椿~TAMATSUBAKI~>』

    ガーデンのコース料理

    『ステーキコース<珠椿~TAMATSUBAKI~>』17,600円(税込)高級食材の数々を贅沢に堪能できる

【鉄板焼 ガーデン】自慢の高級食材、活オマールエビと仙台牛を贅沢に食べられる『ステーキコース<珠椿~TAMATSUBAKI~>』。他にもフォアグラなどの豪華食材を楽しめる定番コースです。オマールエビに添えられるアメリケーヌソースには、オマールエビの頭や殻からとっただしを使っています。

シェフが華麗なパフォーマンスで鉄板焼きを振る舞う

    ガーデンのオマール海老

    目が離せなくなるような手さばきで厳選食材が焼き上げられる

【鉄板焼 ガーデン】では、ホテルやレストランの鉄板焼店で経験を積んだシェフによる華麗なパフォーマンスを楽しめます。カウンター席の目の前にある鉄板で、五感で楽しめるような特別な体験ができるでしょう。素早い手さばきと絶妙な火入れで焼き上げられる鉄板焼きの数々を堪能してください。

ゆっくりと過ごせる空間で鉄板焼きを楽しめる【鉄板焼 ガーデン】。シェフの確かな技術から繰り広げられるパフォーマンスから目が離せません。ホテルのレストランならではのサービスと温かい雰囲気も魅力。食材の旨みを引き出した鉄板焼きを存分に楽しめるでしょう。

料理人プロフィール:佐々木 耐さん

    佐々木 耐さん

    1964年、秋田県生まれ。山の上ホテル【フレンチレストランラヴィ】で修業後、無国籍料理店で修業。【鉄板焼 すみだ】など、ホテルやレストランの鉄板焼店に勤務。2018年、山の上ホテルに再び入社。【鉄板焼 ガーデン】の料理長を務める。

この記事を作った人

ヒトサラ編集部

この記事に関連するエリア・タグ

編集部ピックアップ

週間ランキング(10/18~10/24)

エリアから探す