ヒトサラマガジンとは RSS

更新日:2021.09.11食トレンド デート・会食

「季節と記憶の食卓」がコンセプト、心に残る創作料理を堪能 |【Fujiya1935】大阪・谷町四丁目

1935年創業の食堂の名を継承し、料理人一家の4代目が2003年にオープンした【Fujiya1935】。スペイン・バルセロナの名店で修行を積んだシェフが生み出す料理は、ここでしか出会えないコンセプチュアルでイノベーティブな一品ばかり。独自の世界観を存分に味わってみてください。

Fujiya1935の客席

料理への期待が膨らむ、ナチュラルテイストな空間

    Fujiya1985のウェイティングルーム

    店内に足を踏み入れると、一気に【Fujiya1935】の世界へと誘われます

Osaka Metro堺筋本町駅から徒歩7分のところにある【Fujiya1935】。樹齢100年の欅のテーブルが置かれたウェイティングルームをはじめ、木や土壁などの自然素材の風合いを活かした店内は、独自の世界観に満たされながらも、どこか心落ち着く優しさに満ちています。

    Fujiya1985のテーブル席

    独自の世界観が広がる落ち着いた店内

ウェイティングルームでお茶をいただき、オープンキッチンを通って2階のテーブル席へ。料理を味わうまでのアプローチにもこだわった、【Fujiya1935】ならではの空間づくりが随所に見られます。プライベートな時間を心置きなく楽しめる、個室も完備されています。

「季節と記憶の食卓」をコンセプトとした料理を提供

スペイン・カタルーニャの名店【レスグアルド】で修行を積んだ藤原哲也氏が生み出すのは、洋と和の良さが融合したイノベーティブな料理。脳神経外科医でもあるシェフの元で学んだ技術と料理への哲学が活かされた料理は、見ただけで心躍るものばかりです。

その中でも、お店オススメのメニュー3つをご紹介します!

『ホタルイカとグリーンアスパラガスのソース リングイネ』

    Fujiya1985のホタルイカとグリーンアスパラガスのソース リングイネ

    『ホタルイカとグリーンアスパラガスのソース リングイネ』

富山産のホタルイカをたっぷりと使った、自慢のリングイネ。アサリとホタテの貝柱で取っただしに、イカスミ、トマトペーストを加えてじっくり乳化させたソースは、まさに旬を凝縮したような風味に満ちています。上にはスチームしたホタルイカ、下にはホタルイカのペーストが忍んでいるのも、うれしい驚きです。

『金柑とその皮を使ったクリーム バニラのパルフェ』

    Fujiya1985の金柑とその皮を使ったクリーム バニラのパルフェ

    『金柑とその皮を使ったクリーム バニラのパルフェ』

サクサクした食感のブリゼ生地に、カダイフや金柑クリームを添えて。ホワイトチョコとクリームチーズを混ぜた生クリーム、自家製キャラメルなどをあしらい、見た目も華やかな仕上がりに。金柑の甘味や酸味をはじめ、さまざまな味や香り、食感が見事なハーモニーを奏でる、重層的な味わいが魅力です。

『本ミル貝 三島独活』

    Fujiya1985の本ミル貝 三島独活

    『本ミル貝 三島独活』

手間のかかる製法から、現在では一軒の農家でしか栽培されていない大阪の伝統野菜・三島独活(みしまうど)。春先のおよそ1ヶ月しか出回らない貴重な食材を使った、ほかでは味わえない料理です。香り高く優しい味わいの独活と、ミル貝の食感が不思議とマッチ。緑鮮やかな、フキノトウのソースでいただきます。

ワインや食器類などにもこだわりが光る

    Fujiya1985のワイン

    自然派や国産も含め、約150種のワインをセレクト

およそ150種のワインは、おもにソムリエがセレクト。ブルゴーニュとシャンパーニュを中心に、スペインやイタリアワインも豊富に用意されています。オーナーシェフ藤原氏の意向で、自然派ワインと国産ワインも取り揃えられており、食材や気分によっていろいろなマリアージュが楽しめます。

    Fujiya1985の食器

    料理を引き立てる、食器やカトラリーもシェフ自らが厳選

一見シンプルではありながらも、個性的で実用的なお皿や器たち。シェフ自身が、自分の目で見て、触れて、カッコいいと思えたものだけを取り揃えているそうで、日本各地で活躍している作家の作品がほとんどです。お皿や器からインスピレーションを受け、新しい料理が生まれることもあるとのこと。

スペインでの修行時代、脳神経外科医でもあるシェフから学んだ「舌で感じた味を脳で集約し、そこに食べ手の経験や知識が結びついて人は始めて美味しいと感じる」との教えを活かした料理の数々。「季節と記憶の食卓」がコンセプトというのも、納得できる味わいが堪能できます。大切な人と、大切な時間を過ごしたくなるお店です。

料理人プロフィール:藤原哲也さん

    1974年、大阪府生まれ。ホテル勤務を経て、24歳で渡伊。その後、スペインで先進的な料理に魅せられ、バルセロナ近郊にある【レスグアルド】にて修業を積む。2003年に帰国し、実家である【洋食 ふじ家】の名を継承した【Fujiya1935】をオープン。先代からのファンも含め、多くの人の心をつかんでいる。

    1974年、大阪府生まれ。ホテル勤務を経て、24歳で渡伊。その後、スペインで先進的な料理に魅せられ、バルセロナ近郊にある【レスグアルド】にて修業を積む。2003年に帰国し、実家である【洋食 ふじ家】の名を継承した【Fujiya1935】をオープン。先代からのファンも含め、多くの人の心をつかんでいる。

※店舗情報は取材当時の情報です。最新の情報や営業時間は店舗にご確認ください。

この記事を作った人

ヒトサラ編集部

この記事に関連するエリア・タグ

編集部ピックアップ

週間ランキング(9/16~9/22)

エリアから探す