ヒトサラマガジンとは RSS

更新日:2021.08.14グルメラボ

スーパーの食材でつくる! プロの料理人が教える簡単レシピ『オニオングラタンスープ』|【フロリレージュ】川手寛康シェフ④

プロの料理人に教わる、自宅でつくれる簡単レシピ。おうち時間をおいしく過ごすため、スーパーで買える食材でつくれる手軽なメニューをシェフに聞いてみました! レシピを教えてくれるのは、神宮前にあるレストラン【フロリレージュ】の川手 寛康シェフ。4回目となる今回は、じっくり煮込んで玉ねぎの甘みが凝縮された絶品『オニオングラタンスープ』です。

オニオングラタンスープのレシピ

教えてくれたのは 川手 寛康シェフ

  • 川手寛康シェフ

  • 東京・外苑前にあるフレンチレストラン【フロリレージュ】のオーナーシェフ。ミシュラン二ッ星を獲得し、「アジアのベストレストラン50」にも選出。

【フロリレージュ】川手シェフが教える 
『オニオングラタンスープ』のつくり方

川手シェフ

川手シェフ

カットするのは玉ねぎとバケットのみ。簡単につくれるオニオングラタンスープなので、おもてなしにもぜひ。

材料(4人分)/調理時間40分

    オニオングラタンスープの材料

つくり方

①玉ねぎの繊維を断ち切るように、垂直に薄切りにします。

②バケットを5mm幅にスライスします。

③鍋にバター(もしくはオリーブオイル、サラダ油)を熱し、そこに玉ねぎと塩をひとつまみ加えます。

④焦げ茶色になるまで15~20分程度炒めます。

⑤鍋に一番だしと黒胡椒を加え、中火で10分程度煮込みます。

⑥バケットにチーズを乗せ、トースターで焦げ目がつくまで焼き上げます。

⑦器にスープ、焼き上げたバケットを盛り付けて完成です。

『オニオングラタンスープ』3つのポイント

Point① 玉ねぎは繊維を断ち切るように切る

  • 玉ねぎは切り方で味わいが変わります。今回のオニオンスープのように甘みを出したい場合は繊維を断ち切るように垂直にスライスします。

川手シェフ

川手シェフ

今回は昨年採れた「ひね玉」を使用しました。新玉ねぎだと水分が多いので、少し古くなってシワが寄っているような玉ねぎがオススメです。

Point② 玉ねぎを炒める時は強火で

  • 玉ねぎは強火で、焦げても気にせず混ぜながらしっかりと火入れをしていきます。

川手シェフ

川手シェフ

炒める前に塩をひとつまみ入れることで、水分が出て炒めやすくなりますよ。

Point③ 黒胡椒は多めに入れる

  • 仕上げの黒胡椒を多めに入れることで、甘みの強いオニオンスープの味わいをしめることができます。

川手シェフ

川手シェフ

オニオンスープに黒胡椒は欠かせないアイテムです。すっきりとした味わいになるので、お好みで加えてください。

予約カレンダー
  • 今日
  • 10/26
    (火)
  • 10/27
    (水)
  • 10/28
    (木)
  • 10/29
    (金)
  • 10/30
    (土)
  • 10/31
    (日)
カレンダーで他の日を見る

この記事を作った人

ヒトサラ編集部

この記事に関連するエリア・タグ

編集部ピックアップ

週間ランキング(10/18~10/24)

エリアから探す