ヒトサラマガジンとは RSS

更新日:2021.10.12食トレンド

ミシュラン店の回転鮨屋|「銀座おのでら」が表参道に廻転鮨・立喰鮨店をオープン|【廻転鮨 銀座おのでら本店】【立喰鮨 銀座おのでら本店】

2021年10月8日(金)、ミシュラン星付き店【銀座おのでら】が、新業態となる【廻転鮨 銀座おのでら本店】と【立喰鮨 銀座おのでら本店】を東京・表参道にオープンしました。表参道ディナーの新スポットとして、買い物帰りに立ち寄りたい、廻転鮨&立喰鮨店です。

廻転鮨 銀座おのでら本店のまぐろ

ミシュラン星付き店が挑む、本気の廻転鮨屋がオープン!

    東京メトロ各線「表参道」駅A1出口より徒歩4分の好立地

    東京メトロ各線「表参道」駅A1出口より徒歩4分の好立地

鮨や天ぷらを中心に、食を通じて洗練された日本文化を世界に広げていくことを目指す【銀座おのでら】。そんな「おのでら」が今回、従来のDNAを受け継ぎつつ、「我々の味やサービスをより多くの方に、手の届く価格帯で楽しんでほしい」との思いから、こちらの2店舗を開業しました。

    【廻転鮨 銀座おのでら本店】店内には、カウンター31席、4人掛けテーブルが4卓

    【廻転鮨 銀座おのでら本店】店内には、カウンター31席、4人掛けテーブルが4卓

    6人用個室は2か所。※個室は2名~12名まで対応可能

    6人用個室は2か所。※個室は2名~12名まで対応可能

店内は夕陽をイメージした橙の壁に、きらきらと輝く波をイメージした「波板仕上げ」の天井や、夜の漁船が吊るす漁火をイメージした照明が店内を照らし、温かみの中にも活気を感じさせる雰囲気が漂います。また、職人の立ち居振る舞いや食材への仕事、内装や食器に至るまで、江戸前の粋を表現しているそう。

    やま幸の本マグロは、こちらの王道にして鉄板メニュー

    やま幸の本マグロは、こちらの王道にして鉄板メニュー

【廻転鮨 銀座おのでら本店】では、親しみやすい回転鮨のスタイルで、熟練の職人がひと手間もふた手間もかけた江戸前鮨を提供。中でも、「やま幸の本マグロの握り(大トロ・中トロ・赤身)」や、「天然の有頭ぼたん海老の握り」は、お店を訪れたら必ず食べたい逸品です。

    左から『やま幸 本まぐろ大トロ』一貫 720円、『やま幸 本まぐろ中トロ』一貫 510円、『やま幸 本まぐろ赤身』一貫 320円

    左から『やま幸 本まぐろ大トロ』一貫 720円、『やま幸 本まぐろ中トロ』一貫 510円、『やま幸 本まぐろ赤身』一貫 320円

    『有頭ぼたん海老』一貫 930円

    『有頭ぼたん海老』一貫 930円

また、正面入り口右に位置する、カウンター7席からなる【立喰鮨 銀座おのでら本店】では、江戸前の伝統である立喰鮨のスタイルで、毎朝豊洲から直送される旬の厳選食材を使った鮨を、一人でも気軽に楽しめます。

    【立喰鮨 銀座おのでら本店】はカウンター7席

    【立喰鮨 銀座おのでら本店】はカウンター7席

こちらのオススメは、開いた穴子の中骨から出汁を取った自家製のツメで、甘くやさしくふっくらと仕上げた「自家製の煮穴子」や、【鮨 銀座おのでら総本店】でも好評の「厳選うに」など、外せない一品です。

    北海道産『本日の厳選ウニ』一貫 920円

    北海道産『本日の厳選ウニ』一貫 920円

    『自家製煮穴子』一貫 620円

    『自家製煮穴子』一貫 620円

そんな【銀座おのでら】が本気で挑む、廻転鮨と立喰鮨。食通ならずとも訪れたい一軒です。

オープン記念キャンペーン

【廻転鮨 銀座おのでら本店】
◆第一弾
「やま幸」のマグロ(赤身・中トロ・大トロ)が大特価
開催日時:2021年10月8日(金)~10日(日)

◆第二弾
極上ネタ3種(厳選ウニ・有頭ぼたん海老・こぼれいくら)が大特価
開催日時:2021年10月15日(金)~17日(日)

◆第三弾
A5ランクの国産黒毛和牛あぶり握り2貫が大特価
開催日時:2021年10月22日(金)~24日(日)


【立喰鮨 銀座おのでら本店】
◆第一弾
「やま幸」マグロ 大特価
開催日時:2021年10月8日(金)~10日(日)

◆第二弾
「自家製煮穴子」を大特価
開催日時:2021年10月15日(金)~17日(日)

◆第三弾
「厳選ウニ」を大特価
開催日時:2021年10月22日(金)~24日(日)

※【廻転鮨 銀座おのでら本店】【立喰鮨 銀座おのでら本店】ともに住所、営業時間、お問合せ先等は同じ

この記事を作った人

ヒトサラ編集部

この記事に関連するエリア・タグ

編集部ピックアップ

週間ランキング(10/18~10/24)

エリアから探す