ヒトサラマガジンとは RSS

更新日:2022.10.13デート・会食

<閉店>「究極の頂き」を目指して進化し続けるイノベーティブレストラン【NINE by La Cime】|東京・丸の内

トップクラスのレストランが集う東京・丸の内。そんな街にふさわしい、モダンなイノベーティブレストラン【NINE by La Cime】が、2022年7月に誕生しました。今回はこだわりの料理が早くも評判を呼んでいる一軒をご紹介します。

NINE by La Cimeの料理

東京・丸の内に誕生したフレンチレストラン

東京・丸の内テラス9階に、2022年7月7日にグランドオープンした【NINE by La Cime】。カルチュラル・エンジニアリング・カンパニーとして、食、ファッション、アート、建築、デザイン、音楽、イベントをコンテンツに"遊び場"を創造する「トランジットジェネラルオフィス」が展開するフラッグシップレストランのコンセプトは、都会の喧騒を忘れられるような「静寂な空間」です。

    【NINE by La Cime】の内観

    「静寂」をテーマにした落ち着いたフロア

店名の【NINE by La Cime】には、1桁数字で最大のものであり究極を極めて完成する<「9」と、フランス語で頂上を意味する「La Cime」を合わせたもの。「この時」「この場所」でしか体験することのできない、進化し続ける料理と体験で「究極の頂きへ導く」という想いが込められています。

    【NINE by La Cime】のシェフ

    徳島亨シェフ(左)とパートナーシェフの高田裕介シェフ(右)

メニューを手がけるのは、2022年アジアベストレストラン50で6位を獲得した、大阪屈指の実力派フレンチ【La Cime】の高田裕介シェフ。そこに、同じくフレンチをベースに自身の故郷福島の魅力を料理に落とし込む【NINE by La Cime】の徳島亨シェフの感性と技術が共鳴し合い、シーズナルメニューを提供しています。

「香り」をテーマに、国産食材を洗練されたコースに

料理には、徳島シェフが足を運んで関係を築いた信頼ある生産者の食材を使用しています。日本の名産からフランス料理にはあまり用いられないような珍しい食材まで、柔軟な姿勢で華麗なひと皿に仕上げます。また生産者を提供時にしっかりとご案内することで、生産者とお客様をつなぐ〈架け橋〉としての役割も果たすといいます。

【NINE by La Cime】 Dinner Course

「香り」をテーマにした12皿前後のシーズナルテイスティングメニュー。国内のさまざまな地域から集めた食材を使用し、東京らしく洗練されたプレゼンテーションにも心奪われます。

    【NINE by La Cime】の料理一例

    国産の食材を使用した洗練されたラインアップ

接待や会食、プライベートな食事シーンに使える大人のダイニング

レストランで使われる器は、日本各地の作家もの。料理だけではなく、日本のさまざまな文化を発信する役割も果たしていきます。

    【NINE by La Cime】の料理

    日本各地の器が料理をより引き立てます

スタイリッシュなインテリアで個室もそなえる【NINE by La Cime】。大切な方のおもてなしにも申し分なし。接待や会食、プライベートな食事の機会にも活躍してくれることうけあいです。

料理人プロフィール:徳島 亨(とおる)さん

辻調理師専門学校卒業後、ホテル日航東京(現ヒルトン東京お台場)のモダン・フレンチレストラン「テラス オン・ザ・ベイ」、 都内のビストロを経て「トランジットジェネラルオフィス」に入社。 数店舗の立ち上げに携わり、トランジットジェネラルオフィス コーポレートシェフを務めた後、2020年11月「THE UPPER」のシェフに就任。

※店舗情報は取材当時の情報です。最新の情報や営業時間は店舗にご確認ください。

この記事を作った人

ヒトサラ編集部

この記事に関連するエリア・タグ

編集部ピックアップ

週間ランキング(5/14~5/20)

エリアから探す